スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目には目を、歯には歯を、油っこい輩には開示請求を!

2013.10.15.Tue.05:19
正義の味方、タンク将軍が吠えた!

詳しくは将軍さまのブログを見てほしい ⇒コチラ

タンク将軍が進めているのは、匿名で誹謗中傷した輩には(開示請求をして)表に出てもらおうという至極当たり前の行動である。

誹謗中傷する側が匿名で、攻撃される側が実名で、こんなのはおかしい。

暇とカネがあれば裁判は勝てる!らしい。

カネはともかく、誹謗中傷されるくらいならタンク将軍にならおうと思う(一応アブラ糾弾の記事を書いていたので過去にそれらしきものがなかったとは言えない)。


しかしアマゾン事件にはトサカにきた。

発売前の書籍を読む前から誹謗中傷する。なんたることか。

しかも事実を捻じ曲げて更なる誹謗中傷の書き込みをする卑怯な振る舞いである。


以下に将軍さまのブログから一部転載しておこう。

(転載はじめ)

最後に アマゾンレビューで

本の発売前から 書き込んだ あなた方々も 

震えながら お待ちくださいな。



実は アマゾン事件とは

私が書いた拙著に対するレビューのことです。



これは 酷いことに

まだ 発売前から 

レビューに罵詈雑言が書き込みされました。



これに対して 私がアマゾンにクレームを入れ

一部の馬鹿どものコメントは削除されましたが



悪質な奴に対して

私は 住所、氏名の開示請求を行いました。



しかしながら アマゾン側からの回答は

残念ながら 非開示でした。



実は

私からの開示通知をアマゾンを経由して相手に届き

開示請求をするかしないかの判断を求めたのです。



ところが 

匿名だったら 強いのに

いざ 実名でとなると

とたんに 気が弱くなり

開示に応じない旨の返事が来たそうです。



ところが その野郎の 書き込みではどうでしょう

アマゾンの判断で 非開示になりましたと

自慢げに 書き込みされ 

おまけに私の主張が正しいからだと書いてありました。



冗談じゃい

いま 裁判で アマゾン側と 開示請求を起こしていること

ご存じであろうか



ともともさん 山崎たろうさん、KING KONGさん 

お元気ですか?

それと 乙 さんもね



では 法廷でお会いしましょう

(転載終わり)


香港のネ申さまの案件では既に油っこい輩が公表されている ⇒コチラ

なんと自宅の写真まで。。。

訴訟として受理された以上プライバシーだのなんだのは関係ないのである。恐ろしすぎる。。。

まあこの人は自分は匿名にて、他者を実名で誹謗中傷した訳である。

表に出されるのも仕方ないであろう。

(※ コイツは自分が匿名にて、実名で他者を誹謗中傷していたくせに、自分の実名が出てくると翌日に削除依頼を出してきた。卑怯者だ。↓以下修正済2013.10.16)

平成25年(ワ)第8934号損害賠償請求事件

被告 ◎斐◎志

住所 
〒536-0006 大阪府大阪市~~~~~-4-3尚志ハウス102

訴訟物の価額 金1000万円

油っこい誹謗中傷ブログの開示がなされたら、下手したら書き込んだ社員の住所氏名が公表されるかもしれない。

果たして油っこい会社、油っこい社長が守ってくれるかどうか。

トカゲのしっぽ切りにならないことを願っている。


最後に。

誹謗中傷とはデマや事実無根に対するものである。

某油っこい助言業者が、誹謗中傷、デマ、事実無根と言っていたことが今ではすべて真実だとバレてしまった。 ⇒コチラ

真実を書いたブログやブロガー、自分の顧客等々を脅迫にも似た手段で脅したとしたら、それは許されることではない。

そのような弁護士は道義的責任を負うべきであろう。

まあ私も「訴訟チラつかせテイスト」の入った削除以来を受けたことがある訳だが、なかには山本一郎さんのように、刑事告訴までチラつかされた御仁もいる。

詳しくは「アブラハムが当カスブログに記事削除依頼!全文公開と経緯~他にも削除依頼来てる人募集!」というサイトを見るといいだろう。

削除依頼を出した弁護士事務所も明らかにされている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。