スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラハムプライベートバンク社 MAファンドが大問題!!

2013.10.11.Fri.13:57
タンク将軍のブログにアブラハムプライベートバンク社 MAファンドが大問題!!との記事が掲載された。

「いつかはゆかし」並、いやそれ以上の有利誤認、いや全くの出鱈目大嘘満載であったのが裁判の証人喚問で明らかになった。(コチラの拙ブログ記事も参照いただきたい。)

さてMAファンドの元本が85%近く棄損した原因となったタイの詐欺ファンドであるが、

2008年2月20日に「ABI会員様へ非公開案件をご紹介:タイ国損害保険会社買収」と題したメールが、アブラハム・インベストメント(アブラハムプライベートバンクの前身)の会員に送られていた。

投資助言契約を結べば無料でお教えしますとの種まき営業も加わっている(こういった勧誘には違法性もありそうだ)。

私募債のMAファンドにこの案件は既に投資されていた。

MAファンドから2008年2月に添付ファイルで送られた第3期の運用報告書でこれを知り愕然とした覚えがある。

タイ詐欺ファンド


東証マザーズに上場予定の、某 未公開 成長企業への投資のはずが、タイの保険会社に大半を投資するのか!!!???)

(非公開私募債たるMAファンドは、一般投資家に知らされない美味しい案件を発掘し投資するから儲かる!と言ってたではないか!??)

MAファンドにはアブラハムの関係者も私財の大半を投入しているゆえに、上記アブラハム・インベストメントのメールに関してはMAファンドにマイナスになる結果にはならないだろうと無理やり楽観するしかなかった。

MAファンドに関しては、アブラハムのサイトのどこを探しても一言も触れられていなかったのは毎度の不安であったがアブラハムの関係者も私財の大半を投入しているを心の拠りどころにしていた。

そこから約2年が経過し、MAファンドは5年の運用期間を経て償還を迎えたはずだった。。。

MAファンドの最終年度、第5期の運用報告書は以下の通り。

syoukannendo

タイ詐欺の詐欺ファンドが資産の約6割を占めている。ファンドの基準価額指数値ともいうべき数値は約70ポイントである。

むう、、、償還したなら現金100%のはずだがなぜだ???疑問を持ちつつも報告書を閲覧した。

ファンドは約3割の損。7割は残っている。

昨今の投資環境からいうとまあまあ健闘したと言えるかもしれない。

同期間同条件(5年間)のファンド延長を受諾した投資家は多かったと思われる。

(受諾したというより、『運用延長を申し出ない限り、同期間同条件で否応なく延長される』とのMAファンドサイドからの申し出であったわけだが。。。)

※MAファンドとのやり取りは原則メールのみであり、年1回の運用報告書が添付ファイルで送られる。その運用報告書には日本再生アセットマネジメント社の住所とメアドがあるばかりで、電話番号は記載されていない。

その後約1年半経過後に突如、「私募債のMAファンドを償還した。ついては現金で償還金渡すから認印を持って京王プラザのラウンジへ来い」との電話連絡が入ったのであった。

なんで会社でなくラウンジなんだ??と思いつつも京王プラザに出向き、説明を受けた。

運用最終年度は70%近く残っていた元本が、その1年半後にたったの15%になっていた。


そのくだりはコチラでご覧いただきたい。

私はその後香港へ戻った訳であるが、その際にマイタンファミリーに悪徳ファンドを相談した!後に、香港のネ申さまがアブラハム糾弾に立ち上がってくれたのである。

火中の栗を拾わせてしまったというか、怪しからん!とばかりに率先して拾ってくれた訳であるが、ご存じその後もアブラハムから有形無形の誹謗中傷、デマ、業務妨害、名誉棄損(ネ申さま側からアブラを訴えた)等々多くのご迷惑をおかけし、申し訳なく、感謝の思いである

このタイの詐欺ファンドの正式名称は「「アジア・パートナーシップ・ファンド」(APF)」といい、キーワード検索すると様々なサイトがヒットする。

http://thailand2001.blog18.fc2.com/blog-entry-613.html

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013050300059&g=soc

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2013/06/post-fb20.html

詐欺ファンドに引っかかり、投資金は全損、一銭も回収できなかった、私たちも被害者だ、不慮の結果だとばかり、MAファンド召喚時の面会時間の8割以上が、MAファンド運用担当者たる池田氏に随伴したアブラハム社員による弁解に費やされた。

本能的にかなりの胡散臭さを感じた記憶が残っているが、この時点では『アブラハムの関係者も私財の大半を投入している』と思っていたため、「アブラハムの関係者も大損だろうな。」「なんと間抜けな会社だ」と半ば呆れてしまい攻撃の矛先が鈍った面もある。。。

実際そう思って諦めた投資家も多かったと推測される。

だが『アブラハム関係者は一切投資していなかった』真実を知った今となっては、

この案件をMAファンドの六割の資金で買い付け、アフラハムの会員になれば無料で教えたり、パーティー開催などであれだけプッシュしていたにも関わらず、

その後はまったくなかったことにしていた点、異様に外部に知られないようにしていた点、

途中なんの説明もなく突然の償還などを鑑み、かなりきな臭い案件ではないかと思わざるを得ない。

この辺りの闇も名誉棄損裁判であぶり出されるかもしれない。

アブラハム・インベストメント(アブラハムプライベートバンクの前身)から送られてきたタイ詐欺案件の案内を全文掲載しよう。

大口投資家はサッカーの某N氏も参加する船上パーティーだかにご招待とも喧伝されていたので、ますます怪しい度が増している。

その後もこのMAファンドに関することは極力表に出さないよう、ブロガーや投資家に、訴訟チラつかせやら被害届検討やらの様々な圧力が加えられたことも明らかになりつつある。(上記引用の2記事には二度にわたる削除依頼がFC2に出されていた。)

アブラハムからのお誘いメールを見て、このタイの詐欺案件にフル投資した投資家は投資金額が全損したであろう。投資家たちも裁判の証拠にこれらのメールを採用しているだろうと思い、なかなか表に出せなかった。

アブラハムのいい加減さ、でたらめさに、金融庁から処分が下された今となっては、どんどん明らかにしてもかまわないと思っている。

(引用はじめ)

--- アブラハム・インベストメント金融調査部 wrote:

From: アブラハム・インベストメント金融調査部
Subject: 「ABI会員様へ非公開案件をご紹介:タイ国損害保険会社買収」
Date: Wed, 20 Feb 2008 21:32:46 +0900


「ABI会員様向け:タイ国損害保険会社買収、非公開案件」
新興国の金融機関買収の案件について、ABIのお客様の中から限られた方に
のみご案内致します。本件の転送等はお控え下さいませ。

----------------------------------------------------------------------
概略     タイ国損害保険会社の100%買収:未公開株投資ファンド
期待利回り  1:IPO成功時のキャピタルゲイン
        2:年間一回の配当金

下記URLより、投資助言契約[基本]をご締結頂ければ
無料で当該非公開案件をご覧頂けます。
http://f.msgs.jp/r/c.do?2i7_4E3_2Nv_bpp

[無料投資情報までの流れ]

URLクリック後
   ↓
投資助言契約[基本]を締結(無料)
※会員様に投資情報をお渡しする為には、金融商品取引法や関連法令から投資
助言契約をご締結頂く必要がございます。
   ↓
非公開案件の投資情報が手に入ります(無料)

----------------------------------------------------------------------

平素益々お世話になっております。アブラハム・インベストメント株式会社
金融調査部でございます。

現在、世界の株式相場は非常に不安定な状況が続いております。今回の下落は
先進各国だけでなく、依然景況感の好調な新興国株式にも波及しております。

株式は言うに及ばず、これまで一本調子で値上がりしていた新興国の投資信託
も大きく値下がりしております。ABI会員様の中には、現在の相場環境に辟易
されている方も多くおいででいらっしゃると考えております。

改めまして、本件の非公開案件は、依然高成長を続ける新興国の未公開金融機
関を買収するという案件でございます。相場環境や需給に左右されず、しかし
新興国の好調な経済成長を恩恵に受けるスキームでございます。

世界的に信用収縮が起こり、企業を買収するという観点では、今ほどうってつ
けの時期はないと考えております。また、資産の投資バランスという観点から
も、非常に有効な投資機会かと存じ上げます。

投資助言契約をご締結頂けた会員様には、今後このような非公開投資案件があ
りました場合、継続して投資情報がご紹介可能でございます。まずは、是非投
資資料にお目をお通し頂ければ幸いでございます。

下記URLより、投資助言契約[基本]をご締結頂ければ
無料で当該非公開案件をご覧頂けます。
http://f.msgs.jp/r/c.do?2i8_4E3_2Nv_bpp

何かご質問がございましたらご連絡お待ち致しております。

advisory@abraham-investment.com

----------------------------------------------------------------------
Abraham Investment Inc.
アブラハム・インベストメント株式会社
MA投資の投資戦略レポート http://f.msgs.jp/r/c.do?2ia_4E3_2Nv_bpp
TRADING ROOM AM 5:00  http://f.msgs.jp/r/c.do?2i9_4E3_2Nv_bpp

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
関東財務局長(金商)第532号 投資助言業
----------------------------------------------------------------------

(引用終わり)

アブラハムが名誉棄損だ、守秘義務違反等々で文句あるいは訴訟を仕掛けてきたら、飛んで火に居る夏の虫だ!

私募債の闇を裁判で暴いてやろうと思っている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。