スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港にて愛国心を考える

2010.11.08.Mon.16:23
日本では愛国心に目覚めるひとが増えている。

日本にいると愛国心などはどうでもよくなってしまうような情報操作が長年行われていたのだろう。特に軍関係者が身近にいなかった人は戦後教育で洗脳されてしまったに違いない。

しかし領土簒奪の危機を身近に感じ、洗脳から多くの人が目覚めてしまったようだ。

私も日本国内にいるころは、愛国心などはライトウイングの飯のタネとしか思っていなかった。

もちろん皇室崇拝の心はあった。この方たちは最後に残された世界の良心に違いないという認識だった。皇室不要論を唱える人もいるが、そうなってしまったら日本語、ひいては日本民族は消滅するだろう。

流暢に英語をしゃべる黄色人種どもが、経済力があるうちは白人どもに名誉白人などという蔑称をつけられ他有色人種に優越感を抱きつつ、白人に劣等感を持ちながら暮らしているような反吐が出るような国になっていただろう。

まだ20代の半ばのころだが、外資系に勤務する日本人連中のホームパーティによく遊びに行っていた。

大体二種類に人種が別れていたように思う。

外人がトップで居続ける会社で働くのは癪だが、割り切ってカネを稼ごう。しかしあいつらと俺たちは違うと思っていた層と、完全に名誉白人的扱いが嬉しくて、次生まれたときは白人になりたい、白人と結婚したいというような奴らだ。

根源的な愛国心が本能的に理解できた事件があった。まさに反吐が出そうになった憶えがあるので未だに覚えている。

そのホームパーティには日本人しかいなかったが、英語が得意な留学経験のある二人がいきなり英語お互いしゃべりだした。

日本人しかいない集まりのなかで日本人同士でのことである。

誰も気にしていないようなふりをしていたが、私自身ものすごい違和感と同じ日本人として嘔吐したくなるような気分になって、本当に気分が悪くなったのだ。

大陸が日本を侵略した場合には、この手の連中が手先となって日本侵略を推し進め、日本人をひどい目に合わせるのだろうなと思う。しかし哀れなことに、この手の連中はいくら外国人の手先になっても、当の外国人からは利用されるだけで、実は当の外国人から最も軽蔑されているということに気が付かないのだろう。

そんな連中が国の中枢にいて権力を握っており、マスゴミも加担している。マスゴミは世界のレベルではまったく競争力のない業種だから、国内で生きるしかない。よってお上にしがみつくしかないのはわかる。

しかし残しておいても害がない業種ならいいが、残しておくと物凄い害悪をまき散らすので、かなり厄介だ。

いっそのこと、アニメとお笑いとバラエティと連続ドラマ部門以外は解体してしまった方がいい。それらは世界のトップレベルにあると思うが、それ以外はケーブルTVなどで秀逸な世界の番組が見れるからだ。経済、政治部門は解体した方がいい。

戦前戦中の反省をせず、戦後は手のひら返して生き延びてきた奴らだから仕方がない。国家払い下げの一等地に本社所在地があるような新聞社は信用してはいけないということだろう。

尖閣問題は広く日本人にマスゴミの姿と情報統制の事実がいきわたったキッカケとしては、ある意味ラッキーだったかもしれない。でなければ、もっと巧妙に尖閣が実効支配されてしまい、気づいた時にはどうしようもない状態になっていたかもしれない。

武力で取り戻したくとも、国際社会が日本の領土だと認めない空気になってしまっていたら、もはや無理だ。

そんな状況に竹島はなりつつあるが、尖閣も北方領土もまだ大丈夫だ。注視していかないといけない。しかしマスゴミからは情報が遮断されるので、ネットをよく見ておかないといけないだろう。

もはや自国の真の姿を外国メディアからしか得られない国になってしまったのが残念だ。前に乗せたかもしれないがドイツのメディアからは犬畜生の振る舞いと日本のメディアは叩かれていた。

民度が高まれば高まるほど国民のアベレージとしてメディアを信用する割合は減っていくものだが、我が国もやっと民度の高い先進ヨーロッパの水準に近づいて行くのかもしれない。

なに!ヨーロッパだと!民度を図る物差しをお前はもっているのかと言われそうだが、少なくとも動物愛護、ペットに対する扱いはある部分正確に民度を測れると思います。

そうなるともっとも民度が低いのは、半島と大陸の人たちということになる。ペットどころか食ってしまうくらいだ。

既に洗脳の域にいるので、矛盾を指摘されると逆切れするしかない。しかしそんなことを繰り返しているとかなり精神に悪そうだ。

真実とは違う明らかな矛盾に対して、それを示す資料類、特に画像や映像に対して、深層にある良心は『私の信じていることは完全なる誤りである』と理解しているのに、表層意識で無理やり『これはねつ造である、嘘っぱちである』と信じ込むのはかなり苦しいだろう。

北京五輪前の聖火リレーの際に日本国内で 中国人がデモの名のもとに暴力や脅迫の限りを繰り返した際に、デモに参加していた日本語のわかる国内留学生っぽい中国人に、ある日本人が声を枯らせながら「お願いだからネットで天安門を検索してくれ」と叫んでいた。そのyoutube画像が心に残っている。

これらの留学生は日本のネットで天安門事件の映像を見てどう思うのだろうか。ぜひ知りたい。

でもまあいい、今後は長野で中国人デモ隊が行ったようなことを、日本では、少なくとも東京で行うのは不可能だろうと思う。

そんなのを許していた日本人が異常だったのだ。中国人がロシアで反ロデモやアメリカで反米デモなどやったら大変なことになるだろう。国民から袋叩きにあうどころか命の保証はない。

やはり内部から我慢しきれない愛国者が出てきた。海保の英雄たちだ。こういった流れが国内警察官や官僚や検察官からも出てくるかもしれない。

ほんの少しの光明が見えてきた。

さてマスゴミは海保から逮捕者が出た場合にどのような情報操作をしてくるのであろう。しかし今回ばかりは騙されないぞ。

どんなにニセ記事を書きまくっても英雄を石以って追うような愚かなことはもはや起きないだろう。気をつけないといけないのは、正論かつ王道を歩むものを貶めるときには、必ずでっち上げのハレンチ罪をくっつけることだ。

そうなると国民の目は、正論や王道などでなく、ハレンチに向いてしまうのだ。ゆめゆめ踊らされてはといけない。

たとえば、海保の英雄が逮捕されて家宅捜索されたとする。その際にロリコンDVDが多数発見!などとねつ造されたらどうだろうか。多くの人は彼の行動よりも、ハレンチ面での人格に目が向いてしまい、真実はうやむやになってしまうだろう。

とりあえず香港はいい国だ。大陸に同調するアホはいることはいるが、まともな多くの国民は英語がわかるし、情報面でも海外ソースからいろんなニュースを得ることができる。洗脳されにくいのだ。TVもケーブル放送で海外ニュースなどのいろんな番組が見れる。

国内民放とNHKのみを国民のほぼ100%が見ているような国とは違う。

外からの情報を得ている国民には、本能的に国民をいじめる国家なのか国民のために存在する国家なのかを理解する能力がある。

シンガポールもそうだ。ただし実質独裁国家だが官僚と政治家が国民のことを心底考えており、非常に優秀なので安心だ。

「海外に行ったとしても理不尽なことはたくさんありますよ」「まだまだ日本の方がまともですよ」という人たちもいる。

確かにそうかもしれない。しかし私の愛国心は日本国から理不尽な目にあうのは耐えられないが、海外であれば耐えられるような気がする。

それだけでも日本を離脱したことは正解だと思っている。離脱したことで日本を嫌いにならないで済むかもしれないからだ。

愛国者タンク将軍尖閣王子たちなど、真の愛国者は日本で毎日がさぞフラストレーションまみれであろう。

彼のようになれればストレスなくいられるだろう。
$funiccoのブログ

しかし彼とて日本が侵略されてメシやゴチがなくなったら立ち上がるはずだ。

まずは、同じ日本人が日本人を騙すようなことはやめにしないといけない。

タンク将軍はそのために日夜がんばっている。

別名スナイプセミナーこと『不動産屋から不動産を買うな!!』

$funiccoのブログ

は年内で打ち止めだ。当面はないだろう。

愛人たちが悪徳不動産屋からのスナイプを案じてストップをかけたらしい。

タンク将軍セミナーは以下の通り。

11/20(土) 昼の部 締め切りました
11/20(土) 夜の部 締め切りました
12/16(木) 夜の部 18:30~21:00
12/17(金) 昼の部 13:30~16:00

朗報が来た!なんと追加席が可能になった。

20日 13:30からは  1名
    17:00からは  4名

リンクをたどると時価3000円以上の特典がある。セミナーは無料にもかかわらずだ!

ぜひお急ぎでご応募ください!

(あとがき)

ニューハーフ小林くんの記事ではずいぶんと笑わせてもらったという反響があった。笑いは人を幸せにする。したがって小林くんは皆を幸せにしている(反面会社の方々のお財布を不幸にしているのだが)。

こんな小林くんの肉声を披露すべきだと思い、彼にブログ開設を勧めてみた。その結果、、、

$funiccoのブログ

うーん、、、困ったものだ。。。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
1 ■ありがとうございます
いつもすばらしい記事ありがとうございます。売国政権に怒りを感じない日はありませんが、それでも国民が政権なのですよね。それだけにとっても歯がゆいです。シンガオールや香港がうらやましい。しかし日本人の行動特性から考えると何かのきっかけで目覚めれば大きなうねりとなって国を変える原動力になるのではないかという気もしています。香港にいらっしゃっても国を思うお気持ちは伝わってきます。これからも香港から憂国のコメント宜しくお願い致します。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。