スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪徳業者破綻/121FUND

2010.10.20.Wed.23:20
マイタンブログで衝撃のニュースだ。悪徳業者が破綻した。マイタンブログで以前警告されていた先だ。

悪徳業者が破綻して一番被害を被るのは契約者である投資家だ。かならずしも悪徳業者が損する訳ではないのが世の常だ。

当サイトは閉鎖しました、ご意見はご自由に、でおしまいだ。監督官庁は被害が出てからでないと動かない。そして官庁が動いても投資家に失ったマネーは戻らない。

日本ではこのような悪徳運用会社を紹介した紹介業者の責任は問われないのだ。

このような紹介業者は日本では投資助言業の登録をして、投資助言業務を行っていることが多い。


・投資助言・代理業には、次の2つの種類があります。
①投資助言業務 :
お客様との間で締結した投資顧問(助言)契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断について、お客様に助言を行います。投資判断はお客様自身が行います。
②代理・媒介業務 :
お客様と投資運用業者との投資一任契約または投資助言業者との投資顧問(助言)契約の締結の代理・媒介を行います。

投資運用業者と投資助言・代理業者は、金融商品取引法の規定により、内閣総理大臣の登録を受けることになっています(業者には○○財務局長(金商)第××××号という登録番号が与えられます。)。

以上は社団法人日本証券投資顧問業界のサイトから抜粋した。

○○財務局長(金商)第××××号 などという番号は屁の突っ張りにもならない。こんなのを強調するような業者ははなから信用しない方が良い。

同サイトのFAQから抜粋したのが以下の文言だ。

(質問)
(投資助言業者の助言と自己責任)
契約をした投資助言業者の助言に基づいて株を買いましたが、その後株価が大きく下がって、このままでは大損してしまいます。間違った助言をしたのだから投資助言業者になんとかしてもらいたいと思っていますが、責任をとってもらえますか?

(回答)
■投資助言業者の助言と投資の自己責任

 投資助言業者の売買の助言は、指示に近いものであってもあくまでも助言です。お客様はこの助言を吟味し、投資をするかどうかの最終判断をお客様ご自身が行い、証券会社に発注されているわけです。投資の主体はお客様ですからお客様の自己責任ということになります。もうかっても損をしても投資の成果はお客様に帰属することになります。投資助言業者が、お客様の投資に対して、特別の利益を提供したり損失の補てんをすることは法律で禁じられています。
 なお、契約に際して投資助言業者の断定的な判断や虚偽によってお客様が誤認した場合などでは、契約そのものを取り消すことにより投資助言料の返還請求が可能です。


投資家はせめて助言業者から助言料を取り戻すしかないのだ。しかし投資助言業者の『断定的な判断や虚偽』を立証するのも非常に困難だと思わざるを得ない。

悪徳紹介業者はこう考えるだろう。最悪で助言料を返還するだけで済む。そんならいろんな悪徳投資業者をどんどん紹介しておこう、キックバックをくれる業者なら別に悪徳でも全然構わん、どうせ俺たちでなく投資家が損するだけだしな!

投資助言業者の断定的な判断や虚偽に関しては、投資資金の損害も民事請求できれば、悪徳紹介業者も阿漕なことができなくなる。少なくともリスクを負ってしか阿漕なことができない。

今はノーリスクで悪徳行為が可能なのだ。

私たち投資家は、海外アセットがどうだとか、パフォーマンスがどうだとかに目が奪われがちだ。しかし投資はゲームではない。命よりも大切なマネーを預ける行為なのだ。

直接コンタクトする紹介業者の選択で間違いをしてしまったら海外投資どころではない。

実は121を詐欺の疑いありと書いていたサイトがある。そこから抜粋しよう。

1.他人のお金を預かって運用するための公的な免許なり資格なり登録、という情報が全くない。

2.利益は表示されるが、121側の手数料が表示されていない。

3.ネット上の情報によると121FUND LUCKは本国である香港のインターネットサイトでは全く情報が出てこないようです。
イコール日本人をターゲットにした詐欺である、という可能性が出てきます。

4.ネット検索で出てくる情報のほとんど全てが121FUND LUCKは安心確実スバラシイ、という記事しかなく、運用事業者として顧客の信頼を得るための努力をしているように見えない。

5.これが致命的ですが、運用事業者の公式WEBサイトが無い。

6.アフィリエイターではなく別の法人が勝手かどうかわかりませんが、申込金20万円とかを取って紹介しているケースもある。

7.121FUND LUCKのPDF資料を送ってもらって見ましたが、誰が、どこで運用しているのか分かりませんし、必死に信用があるように見せるため、でしょうか。121グループの写真とかを出しています。しかし運用主体となる事業者のことには触れられていません。

もしこの事例が事実であり、にもかかわらず121を紹介していたとしたら、その紹介業者は明らかに詐欺目的としか思えない。おそらく121からかなりのキックバックを得ていただろう。助言料を返還しても全然痛くないだろうと思う。

上記4が一番危険だ。そのようなサイトに出会ってしまい、そのサイトを読み込めば読み込むほど詐欺にはまってしまいます。勉強熱心な人ほどはまってしまうパラドックスだ。

海外投資では英語という障壁がある。そうなるとどうしても任せたくなってしまうのだ。運良くマイタンファミリーのブログやサイトに出会えた人はラッキーだと思う。

不幸な人を出さないためにもマイタンファミリーは日夜ブログやサイト、ツイッターで努力を続けております。

再度マイタンブログから抜粋する。

【悪徳紹介代理店の見分け方】

1、入会金・年会費・スタートアップ費用・相談料などの名目で費用を請求する

2、セミナーが有料

3、海外投資ツアーが15万円以上

4、HSBC香港の口座開設&アフターサービスが有料

5、海外ファンドのスィッチング(ファンドの乗り換え)が有料

  ファンドの増額・減額・停止・解約などが有料

  住所変更など各種変更手続きが有料


上記にひとつでも該当する代理店はまず悪徳業者だ。気をつけよう!


いちいち探したり見分けたりは面倒だという人は、

$funiccoのブログ
わんちゃいくん


に聞いてみよう。懇切丁寧に良心的な紹介業者を教えてくれるだろう。香港マイタン日記はネ申様がリッチマンなので必然的にA級グルメが多くなる。

しかしわんちゃいくんは穴場のB級グルメを紹介してくれる。ボンビー小太郎もわんちゃいくんのブログは現実的でいいねと言っていた(パスポートも保ってないくせになんのこっちゃ!)。

タンク将軍は悪徳不動産業者からのスナイプの危険を負いながら、一般の人々が不動産で損をしないよう無料の啓蒙活動に勤しんでいる。海外投資に関してはわんちゃいくんに聞く方が早い返信を得られるであろう。

タンク将軍から千葉でラブマシーンのあるラブホを教えろと言われたのだが千葉には詳しくない。読者の方で千葉のラブホでラブマシーンのあるホテル情報があれば、ぜひタンク将軍に教えてあげてください。

最近、悪徳業者もマイタンファミリーの情報や無料セミナーにより皆さんが理論武装そているので、最近は兵糧攻めにあって苦しいらしい。

そのせいか香港のネ申様にこそこそと嫌がらせをしているらしい。ひとこと忠告しておこう。

触らぬネ申に祟りなし

ぜひまともな職を見つけることをオススメする。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。