スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラハムPB社「いつかはゆかし」事業に対する公開質問状!

2013.03.08.Fri.20:06
月5万円で1億円などという誇大広告を展開する投資助言業者の「いつかはゆかし」という商品に対し、著名なブロガーであり金融、投資のプロフェッショナルであるやまもといちろう氏は注意喚起のブログを書いていた。

様々な経緯を経て、氏は「アブラハムPB社「いつかはゆかし」事業に対する公開質問状!」出すに至った。まずはブログ記事を熟読願いたい(時事が削除依頼される可能性があるので魚拓をお勧めする。)

文中にある当該削除依頼記事とはコチラ

この記事を削除するため、アブラハムプライベートバンクは内容証明はおくるわ、弁護士を使ってまで削除依頼を出すわ、氏を対象にした事実無根としか思えない名誉を著しく棄損するプレスリリースまで出したらしい(あくまで個人的推論)。

おまけに工作員を派遣して、アブラハムプライベートバンクに批判的なブログのコメント欄にて、氏を侮辱するようなこれこそ事実無根の悪質なデマを放っている疑いも持たれている(けがらわしいのでここでは挙げません)。

吊られた男氏もブログでアブラハムプライベートバンクを検証している。非常に有意義な検証結果が見れるのでぜひ一読をお勧めしたい(これらもいつ削除依頼されるか不明。興味ある記事はぜひ魚拓をとりましょう)。

アブラハムプライベートバンクは世界の一流ヘッジファンドに投資する窓口があるという触れ込みらしいですが、それらも非常に怪しいものです。

興味ある方は実際の金融のプロが書いたこちらのブログ記事「いつかはゆかし」は商品性を明らかにして欲しいを読もう(これも魚拓おすすめ)。

こういった知識を仕入れることで海外投資の悪徳業者に騙されることはなくなるだろう。

一応、アブラハム側の言い分も載せておくので一読しよう。社長の記事である。

論証し論拠もあげており、是非にと反論を求めているブロガーには、削除依頼や恫喝を送りつける前に、堂々と反論するのがまともな業者の代表者たるべき姿であろう。

なんせ公開質問状には、嘘の宣伝で顧客を集め、海外金融会社の積立プログラムに勧誘して投資助言業では受け取ってはならない販売キックバックを海外保険会社から受け取っている具体的な方法や論拠まで書かれている。

これが本当なら消費庁、証取委はたまた金融庁からお縄にされる事案である。

頭ごなしに悪質なデマと吠えまくる前に、一刻も早くしかるべき反論するべきだ。これらが広まるにつれ、会員のみならず、「いつかはゆかし」を申し込みたいと考えていた方々から、

監督当局への相談が数多く寄せらるだろうし、

証券監督第2課 048-600-1293 金融商品取引業者(第2種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業)等の監督

金融庁 金融サービス利用者相談室(平日 10:00~16:00)
電話(ナビダイヤル)0570-016811 (IP電話・PHSからは03-5251-6811)


きちんとした対応をせずにクレームを寄せた会員を恫喝したりすれば、

消費者トラブルメール箱に書き込まれたり、

ひいては消費者団体訴訟制度ダイヤルへの相談が寄せられることもあるだろう。


アブラハムプライベートバンクを応援、擁護するブログも紹介したい(そう書いてあったので)。ドウデモイイコトらしいが非常に面白いので一読をお勧めする。

最後にもひとつ、騙されやすい方にはこの本もためになるだろう。



初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト



ジモモ バンコク


海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

どうか日本がかつてのように自由で楽しくて面白い国になりますように!
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。