in 未分類

10/9渋谷ハチ公前尖閣抗議集会

-0 COMMENT
10月9日(土)はあいにくの雨模様。しかしハチ公前には多くの人が集まっておりました。

この日はどうしても外せない用事があったのですが、下手な言い訳をするよりも直球勝負が効を奏すのが世の中の常である!よって先方に、

『実は渋谷で尖閣集会があって1時間ほど時間をください・・・』と話すと

『それは大切なことです、1時間程度なら大丈夫ですよ』

予想外の快諾を得、新宿からタクシーを飛ばして渋谷へ向かいました。

これらのデモや集会には参加できない一般の多くの方々でもその必要性と理解を持っているのです。

デモや集会は届け出をすれば出来る権利です。届け出は安全や治安のため必要です。暴動や近隣への迷惑必須な案件は受理されません。

しかし我が国では細かい様々な規定や手続きにより、集会やデモを出来なくさせる仕組みがあると調べていて思いました。受理できなくする理由が見つからない場合には延々と検討中にすればよいだけです。

しかし尖閣のデモと集会はすんなり開催できております。公安、警察関係者にも国土蹂躙の恐れを抱いている方々が多くいるのではと推測します。まだまだこの国は捨てたモンではないぞ。

しかし捨てたモンの代表格はマスゴミです。相変わらずの無視を決め込む報道姿勢。前回のデモに関してはネット上でもマスゴミ関係者と思われる擁護発言が多くありました。

・3000人程度のデモでいちいち報道していたら放送はデモだらけになる(こんなデモここ数年ないよね)
・デモの取材は前もってマスコミ側に申し入れをしてから、マスコミがカメラと記者を派遣するものだ(自主的なジャーナリズムの放棄、お上御用達マスゴミ宣言??)

詳しくは愛国者満タン大家さんのブログを是非ご覧ください。

私は集会の演説を聴きながらも通り過ぎる人の様子をずっと観察しておりました。くだらない選挙演説には目もくれず通り過ぎる人ばかりですが、この演説には皆さん顔を向ける、あるいは立ち止まる。

この問題に対する意識と必要性は、マスゴミが報道しないにも関わらず、かなり多くの人が感じているのではと思いました。

マスゴミはこれで最後の信頼を失ったと思います。若年層もしくはネットから情報を得られる層は、もはや新聞やニュースへの信頼性を失ったと思います。世界で最も情報統制度の低い(と私は推測する)英国では全国民の20%しかマスコミ報道を信用していないという結果があります。

若年層が新聞を読まず、TVを見ない率がどんどん増えるでしょう。マスゴミは自分で自分の将来を潰していることに気づいているのか・・・・・。おそらく気づいてはいるが、機密費で飼い慣らされた上層部が自分のいるうちに美味しい汁を吸っておこう、定年まで保てばいいやなんて思っているのでしょうね。でも潰れたら企業年金なくなるのでは???

マスコミは総務省に生殺与奪を握られています。その見返りとして放送に他社が安易に参入できない仕組みや、大手新聞社を頂点とする全国支配体型により、既得権益を守られて居ります。

地デジ権益も既存キー局に割り当てられた。ここで完全なる踏み絵を踏まされました。今後お上に逆らうようなら地デジ電波のオークションをするぞ!逆らわないならお前等に割り当ててやるってことでしょう。

外国では当然のことながら税金で整備された地デジの参入には国がオークションを行い、膨大な収入が国庫に納められました。それに比べて我が国のマスゴミの癒着ぶりはしょうもない。

(都心一等地に本社のある大手新聞社の本社所在地はは国の格安払い下げ用地です。日本の大手マスコミは生い立ちからしてこんなモンです。)

尖閣のデモや集会は継続的に続けられるでしょう。東京以外でも行われるようになり、それもまた報道されないとしたら、ネットを操らない高齢者にもマスゴミの姿勢が知れ渡ってしまうでしょう。

ちなみに中国でもデモや集会の権利はありますが、申請しただけで公安に拘束されるとのこと。あれだけの情報統制国家が、外国の記者のデモの取材や映像の許可を出すのですから、大陸で行われたデモや集会で、海外に配送されるものはずべてチャバンであると判断できます。

実際に起きている農村や少数民族の自然発生的暴動などの映像は一切海外へは漏れてきません。海外のチャバン映像を大々的に報道し、自国のは無視するのが日本のマスゴミです。

私は昔から知人に「日本の真実は他国メディアで得るのが基本」と言い続けておりましたが、「そんなわけないじゃん。日本の新聞が嘘書くわけ無い」と聞く耳持たなかった彼らもその認識を改めていることと思います。

日本が再生するにはマスゴミ洗脳から解放されるのが前提条件ですから、マスゴミにはどんどん自作自滅自演を続けて欲しいと思います。

今週の週間ポストは秀逸な記事が多いです。ぜひお読みください。


またドイツのTV局が、プライドを無くしたジャーナリストは人間のクズとまで言っております。


大陸でyoutubeが一切みれなくなった(日本でも携帯申込時に無料フィルターやら有害サイト制限機能などつけちゃうとみれません)理由として、イギリスのTV局が中国の田舎の小学生に将来どんな職業につきたいかと質問した結果、子供達の多くが

「官僚や政治家になって賄賂をたくさんもらって両親に立派な家を建ててあげたい」

と言った映像がyoutubeにのったからという説もあります。本当かどうかは知りませんが。

※タンク将軍のうちわをもっている人(=おそらく満タン大家さん)がいたら声を掛けようと思っておりましたが、あいにくの雨による傘で見つかりませんでした。ファミリーのブログ閲覧している人達はデモと集会にタンク将軍うちわをもって参加しよう!うちわの要望はタンク将軍までメールにて。

将軍様は香港の風光明媚な海上のクルーザーにて愛人を侍らせ我々党員の活躍に満足してくれているでしょう。クルーザーパーティの様子はコチラで更新されます。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment