スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX情報商材/潜在意識/ギャンブルと寄付

2010.09.25.Sat.02:34
今は金曜日深夜です。正確には土曜日ですが。

いよいよタンク将軍のリサイタルですね。私は夜の部を観に行きます。

数日はリキ入れてブログがかけません。というか尖閣諸島問題でムカつきすぎ、かついろいろ考えてしまって、ブログも北京語エクスペディアも手に付きません。

尖閣諸島問題は、民主党代表選、普天間、検察の暴走なんかより、ずっとずっとずっと重要な問題です

日本の未来を決めてしまうような出来事です。

よりによって、もっとも最悪な対応をしつつあるのです。

断腸の思いです。

平成に入ってからの日本の政治家や官僚などの国を動かす連中は

外交がドヘタでセンスもなく、国益損なうことばかり。国民の足を引っ張ることばかり。

世界で最も外交下手な連中です。

しかし世界で最も上手なのが江戸時代からのノウハウを蓄積した国民統制なのですから悲劇です。

内政や外交の失敗を国民統制で抑えつける方向になってきていると思います。



話は変わりますが、今日も例の税理士先生と飯を食いました。

また潜在意識とFXの話をしましたが、潜在意識を動かすには人間の器を大きくしなくちゃね、とあっさり言われてしまいましたが、それってかなり難しいことですよね。

もうひとつ、その先生はいわゆる情報商材は買わないそうです。イン○ォカートなどで売ってるやつですね。

どんなノウハウが詰められているかわかりませんが、大量コピー生産可能な電子商材を5万、10万で売ること自体が、人間の器として問題ありとのこと。そんなものは神様の祝福を受けたモノではなくなってます。逆に悪魔が憑いているかもしれません。

そうはいっても30万くらいは使っちゃいましたが。以下の・書きは私の経験から導き出した結論です。

・使えるノウハウを大量コピー可能な電子商材で売ること自体がおかしい。
(出回りすぎるとノウハウではなくなります。というかもはやエッジがなくなったノウハウや、実行するのが困難な方法でエッジをつくりだしているノウハウだったりすることが多い。使えないってことです。)

・トレーダーから商売人になった時点で、仲間たちを食い物にしてノーリスクで儲ける商売人に転向した可能性が高い。
(そんなことはない!と主張するなら価格を1/10にしなさい。5万円とかの価格をつけておいて、過大な広告で何ページも費やすくらいなら、中身をもっと書いてください。同志をカモと見立てた商売人になった人は、人相が非常に悪くなっています。)

楽をしようとして情報商材を購入しても、潜在意識どころかメンタル強化も行われてませんので、商材の通りには絶対にできません。ですからカネの無駄です。

無料でノウハウを提供しているサイトやブログが必ずあります。高額な商材の購入するくらいなら貯金を、余裕がある人なら寄付をしましょう。

トレーニングをしなくてもメンタルや潜在意識をコントロールできるコツは寄付です。もちろん無償かつ見返りなしの純粋な寄付でないと意味がありません。

私はカジノ収益の1割を寄付すると決めて、それを守ってから、あまり負けなくなりました。一定割合を寄付すると決めたことで、メンタルのコントロールがしやすくなったからです。

何度も言いますが、ギャンブルで儲けの半分を寄付することができれば負けることはありません。かなりの確率で勝つと思います。

半分寄付する時点で、欲からはかなり解放されます。半分寄付しなくちゃいけないからガンガン勝たなきゃ儲からないぜ!とは思いませんね。逆に負けてもともと的な感覚になると思います。そういったときには勝てます。

なぜならギャンブルは負けてあたりまえ、勝ってラッキーだからです。ゲームのルールと勝率と配当と控除率がそのように設定されていますので。

(私のギャンブルの師匠、森巣博先生の著書にしょちゅう出てくる言葉ですね。もちろん会ったことはないですので、勝手に師匠と読んでいます。でも師匠の著書はほとんど読んでいます。)

バカラで申し上げますと、ずっとやり続けると8割以上の破産確率となります。ほどほどでやめて勝率5割でいいところです。

負けてもともとのメンタルで、欲をコントロールしてこの程度です。ここからさらに勝つには恐怖をコントロールしないといけなくて、これは欲のコンロトールよりも難しい。

つまり、時々の大勝がないとギャンブルでトータルで勝つことは無理ということです。少なくとも私の経験と考察からですが。

それを、勝手儲けてやる、絶対に負けたくない、などと間違ったメンタル、かつ欲と恐怖に振り回されるのに最適なメンタルで出撃するので、99%の人がカジノで負けてしまうのです。

バカラのような勝率ざっくり5割のゲームでほとんどの人が負けるのですから、それは間違ったメンタルと方法でカジノに立ち向かっているということです。控除率が存在しているのに「絶対勝つぞ」と思ったら「絶対に負ける」のです。

分散を考慮したり、標準偏差のグラフを平たんかつ偏った形にするような掛け方をしないといけないのですが、この辺はまだ私なりの結論が出てませんので、詳しく書きません。

話を戻して、

じゃあ勝った儲けの半分なんかを寄付したら、トータルで絶対に負けるじゃん!と思うのが当然ですよね。

シミュレーションしたらそうなりますね。こんなバカなことはない。ですがロボットが掛けるのでなく、感情を持った人間が掛けるのですから、やはりメンタルと潜在意識がもっとも重要な要素になります。

トレーニングすることなく、かつトレーニングするよりも効率的に、メンタルと潜在意識をコントロールするコツが寄付なのです。半分寄付したら最強です。

検証したことはありませんが、漠然とですが、心の声が「それができれば勝てる!」と言ってるのは確かなのです。

しかし、私にはまだ無理です。今の状態では実行不可能だと思います。とりあえずは1割寄付を続けます。

先々週くらいに税理士の先生に半分寄付したらギャンブルで常勝する気がすると話したのですが、それを彼がずっと考えていたらしく、

「やっぱり半分寄付したら潜在意識が勝たせてくれますよ!」

と言われました。根拠はないのですが、先生もそんな気がするそうです。

私も自分の一生の生活に心配がないくらいの資産ができたら、半分寄付を実行できそうな気がしますが、まだまだ無理です。

FXや株は常に負ける人が参加者として多数おりますので、トータルで勝てる勝負だと思います。ギャンブラー生活と並行してこちらも真面目に取り組んでいこうと最近は思っています。

副収入があるほどギャンブルにおいてメンタルのコントロールが楽になりますので。とはいっても投資に関しては自分の頭で考えた時間がギャンブルの1/30程度ですから、これから注力していこうと思います。

ギャンブルに関してはほぼ勝てる方法論がわかってきたので、あとは潜在意識に対するトレーニング、または潜在意識を自在に操る方法を考案するのみです。

それが完成したら、先日から申し上げている10万香港ドルを一晩で650万香港ドルにして投資移民ビザを取ろうと思います。

10月、11月でそれを行うための舞台づくりを始めていこうと思います。その辺は日本を脱出して10月下旬以降で香港・マカオに拠点を移してからおいおいリアルタイムで書いていきます。

くれぐれも情報教材に大枚を叩かないでくださいね。昔と違って高価だから効果があるとは限らない世の中です。逆に高いものほど詐欺やまやかしが多いのです。

役に立つものは無料だったり、高くても1万円少々の金額だったりするのですよ。継続的にサービスを提供するならともかく、電子商材で数万円などというのは絶対に購入するのはやめましょうね!

ちなみにタンク将軍のリサイタルは無料です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。