スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外会社つくろうセミナー追加公演!

2010.09.21.Tue.23:44
いやあ参りました。Twitterで変な挙動が発生しましたね。

ウイルスかと思って焦りました。

Twipple(http://twipple.jp/)からログインできると聞いて試してみました。

みなが殺到していたせいか非常に重いどす、しかし画面はとても見やすいですね。

今後はこっちを使います。


明日は『海外で会社をつくろう』セミナーに行ってきます。

実はこのセミナーは地味なようでいて、あっという間に満員御礼になってしまったんです。

ずっと定員に達したため申込を締め切りましただったので、追加公演はしないのかなと思っていましたが、ファミリーともあろうものがうっかりしてました!

10月20日(水) 13:30~15:00
10月20日(水) 19:00~20:30


追加公演の枠が出てました!!

詳しくは香港のネ申様のサイトをご覧ください。

海外法人としてのBVI法人は設立も設立後の運営も非常に楽ちんです。HSBCの法人口座も開設できる。

香港でも法人をつくるのは簡単だが、BVI法人と比べると煩雑さも設立コスト、運営コストも大きくかかる。(日本なんかよりは全然全然楽ちんです。さすが香港です。)

海外で資産運用するときに面倒なのは相続だ。相続税うんぬんのようなお金持ちでなくとも、いざ自分が急死したときを想定すると、海外の資産をちゃんと相続人に相続できるかどうかが心配になる。

相続人が世俗に疎くて、英語もPCもダメダメだとちゃんと相続できるかがとても心配だ。相続した資産を日本に戻したら戻したで代官所にいちゃもんつけられないかどうかも心配だ。

(竹島やら尖閣諸島やら自国領土も守れない国に税金払う価値あるのか)

で、あるからして相続人を役員にして会社を設立しておけばいいかもと思ったのです。法人口座のキャッシュカードさえ渡しておけば、なんとかなるかもという考えなのですが。

ま、そのへんはセミナーで聞いてきます。後日内容をネタバレにならない範囲でブログでお知らせいたします!

ネットを介した国境なきビジネスをBVI法人として行うのもイイネ!日本で法人作ったらくそ高い税理士費用だとか面倒な経理処理だとか、付加価値を生まない費用や行動がやたら多い上に、やっと儲けた利益も年貢でがっぽり取られてしまう。さらに何をやるにも規制ばかりでお上の許可を得ないとできない。

海外法人について知っておくのは今後を生き残るために必要になるだろうと思うこの頃です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。