おすすめホテル紹介/サンズマカオ(Sands Macao)

2012.12.14.Fri.05:17
初めてサンズマカオに宿泊した。

カジノVIP専用のホテルとばかり思っていたのだが、現在は一般でも泊まれる(知らなかった)。

旅行サイトではこのホテルはほどんど出てこない。

直接サンズのサイトから予約するとよい。

通常で1698HKD。コスパ的には悪くない価格だ。マカオ滞在中連泊することにした。

Early Booking Offer 30 Daysで1,180HKD、かなりお得である。

私が良く泊まっていたcasa real hotel(premier delux room)と価格は変わらない。

casa real に関してはコチラ

ならば絶対的にサンズマカオに宿泊するべきである。

部屋の様子はウェブサイトのvirtual tourを見ると良いだろう。


気に入った点が多くある。

おそらくカジノVIPのために空室を確保しているのであろう、客が少なく非常に静謐だ。

ちゃんころの団体や、ファミリー客が少ないのも良い。

21階の部屋に泊まったが、絶景である。

眼下のフィッシャーマンズワーフがおもちゃのように見える。

IMAG0798.jpg

ずっぽしスポットとしては、東方サウナ、十八サウナが近い。

食事もカジノもサンズですべて事足りてしまうので外出する必要はない。

マックやケンタッキー、スタバもサンズ内にあり便利だ。

コタイエリアのでかいホテルもいろいろ店があるが広すぎる上に店が点在しているので結構歩くことになる。ショッピングモールも私には無用の産物である。

まあ気晴らしにコタイ側に行きたければヴェネチアンへのシャトルバスが沢山出ているので便利だ。

女史と泊まるにはおすすめ出来ないホテルではある。必要最小限のファシリティのみ、人によっては非常に殺風景なホテルと感じるだろう。

サンズのカジノエリアにあるカウンターバーは、私のお気に入りスポットである。カウンター目の前はショーステージになっている。

毛唐ダンサーズのショーはなかなか良い。カウンターのすぐ前にも踊るスペースがあり、パツキン毛唐が時折移動して踊る。

目の前で踊るTバックの尻を見ていると、ついつい十八サウナに突撃したくなる。

040409as-2.jpg

困ったモノだ。。。


サンズのバカラテーブルのミニマムベットは300HKDである。

高級ホテルのカジノでは、500HKDミニマムばかりになってしまった現在、サンズはありがたい存在だ。

500HKDミニマムでは時間つぶしでしみじみと、あるいは勝敗度外視で楽しくギャンブルするにはハードルが高い。

テーブルのミニマムベットが上昇する一方で、近年はマシンが充実してきた。

サンズにはライブのゲームマシンが導入されている。コンピューター相手のマシンだとちょいと不透明感を感じる。

ライブ方式が攻勢な理由であろう。


4つのバカラゲームが同時進行しており、タッチ操作で取捨選択できて便利だ。

ミニマム100HKDと500HKDのゲームが半々。


500!!!マシンのくせに生意気だ。。。


100HKDだといろいろ検証できる。気分次第でやってみる。

やはり損をする。

次はセオリー通り、自分を律してベットした。負けにくいが、なかなか勝てない。

やはりカジノで常勝するのは至難の業である。

気分次第で適当にやるゲームは非常に楽しいが絶対に負ける。

当たり前のことだが、たまにじっくりと検証し、再認識しないといけない。


疲れたので1Fのスタバでコーヒーを買い、そのまま部屋に戻り休憩。

サンズホテルの部屋は見晴が最高で、壁も調度品も木目調が多く、非常に落ち着く。

落ち着いた過ごしやすい部屋で、ホテルがカジノと同じ建物、あるいは隣接していること。

これは非常に重要な要素だ。

遠出してしまうと、撤退すべきところで撤退できない。集中力が落ちてもずっと続けてしまう。


最終的に勝つには大きく負けないこと。これはMEGAのジョセフ氏がいつも言っていることだ。

カジノも投資も同じだ!

月5万円で1億円になる!などと喧伝したり、何十本、いや何百本も推薦したうちの2,3本のファンドを取り上げ、設定来○十%のリターンです!などと喧伝するような業者とは偉い違いである。

その2、3本のみを推薦したかのように錯覚させる物言いである。

「毎月5万円で1億円」てなセールストーク以外にも、

自ら募集・運用した私募債について「5年後に最低十倍以上」などとうたっていた業者の例もある。

結果しょうもない運用で大損したのだが、自ら募集・運用した案件にも関わらず、投資家に訴訟されるまで全力で存在を隠していたのだから、呆れるというか、悪徳だと思わざるを得ない。

日本の投資顧問、助言業者の中には、海外投資でハンサードを推薦する業者がいるらしい。

パフォーマンスは運用してみないとわからない。

だが、手数料が無茶苦茶高い=その分損をする という点は自明である。

20年30年と長期投資するなら無駄な手数料は絶対に避けねばいけない。

毎年自動で取られる顧問報酬だの助言報酬の類にも注意だ。業者は販売のキックバック報酬を得ている。にも拘わらず別途で毎年チャリンチャリンと金を徴収する。

1%未満で安いですよと安易なことを言う業者には要注意。20年、30年と積み重なったら何%になりますか?その間ファンドのパフォーマンスがチャラでも、報酬分は減っていく。

ファンドからは運用機関に運用報酬が支払われていることも忘れてはならない。

つもり積もると大変な金額のロスになるからだ。

1%×30年分の報酬を業者は、客が損しようとも報酬を手にすることができるのだ。

ゆえに過剰な喧伝、ステマなどを駆使して、とにかく客を増やそうとするだろう。ファンドが儲かって資産額が増えたとしても、報酬が時価ベースになっているので、報酬も増える。

どんな手を使ってでも客を多く集めるのが儲けににつながる構図だ。

よくよく考えてみればわかるが、マスマーケティングでものすごい数の客(会員)を増やそうしている業者がある。その業者の従業員は何人ですか? はたしてすべての客に業者がうたっているようなサービスを提供できますか???


詳しくは切ブログの過去記事およびこちらのブログ記事を見ると良いだろう。

主水

マカオサンズの紹介のはずが、悪徳業者糾弾になってしまった。。。

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

どうか日本がかつてのように自由で楽しくて面白い国になりますように!
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する