スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外投資の悪徳業者/入会金、年会費に気を付けよう!

2012.11.02.Fri.02:36
相場が悪い時だったら、海外投資の悪徳業者は少しは大人しくなるだろう、、、と思っていた。

だがこいつらはゴキブリと同じようなものである。

いつでもどこでも悪のネタには不自由しないらしい。。。

詳しくはマイタンブログを参照願いたいが、

海外ファンドの被害者を救済するという名目での、悪徳商法が出現した。救済してもらうためには入会金2万円、年会費1万円が必要とか。。。

アホか、普通は弁護士を使って訴訟するだろうが!

救済するのに年会費ってなんだ!? 

何もしなくとも毎年チャリンチャリン無駄金を取られるってことか???

年会費だの手数料だの報酬だの、毎年チャリンチャリン無駄金を取るような先には気をつけるべきだ。

本来まっとうな海外ファンドには、ファンドへ投資した金額意外に、別枠で出費を要することはありえない。

まあそれなりの名目をつけているだろうが、何もしなくとも毎年チャリンチャリン取られていては、10年、20年の長期投資ではたまったものではない。

0.9%だの1%だの安いみたい喧伝するが、1%としても20年で20%である。儲けのかなりの部分が持っていかれるだろう。

年間でたった0.9%だの安いですよ、的なことをセールストークにする先は、さも大儲けするようなトークで顧客の欲望を誘うことが多い。

月5万円の投資で1億円などと僥倖心を誘うような先には近づかないのが賢明だろう。

そういえば、私の投資したタイで詐欺にあって85%の元本を毀損した私募債も、5年で10倍、20倍などと喧伝していたっけ。。。

このような業者は論理のすり替え、誘導、欲と恐怖をくすぐり、顧客を洗脳するようなノウハウを持っている気をつけるべきであろう。

詳しくはわんちゃいくんの記事を参考にしよう。

国内で契約できない海外商品、国内当局の認可していない投資商品を売るのに、

国内投資顧問の免許だのをさも水戸黄門の印籠の如く、正当性、信頼性の指標にするような業者は相当腹黒いと思って良いだろう。

日本の金融商品に登録していない商品を違法に国内で販売しているような、投資顧問業者には要注意だ!

そのような商品に投資して被害にあっても国内当局は関知しないだろう。

香港で売りだされ香港IFAが運用する商品は、香港で契約すれば香港当局の監視下にあり、投資家保護の進んだ香港の法律のもとで保護される。

だが、そのような商品を違法に国内で販売する先から購入したらどうなるか。

なにかあっても、国内当局からも香港当局も関知しないだろう。。。

まったくもって悪徳共には都合のよい事態となるだろう。

このような業者を見分けるキーワードは、ハンサードである。

詳しくはこちらの記事を読むと良いだろう。

しかしアブラっぽいハムには困ったものだ。。。

本当のことかどうか定かでないプレスリリースを出しているが、ここでも多くの誘導、すり替えが行われている。

タイの詐欺案件で大損した私募債で訴訟されたわけだが、

たった1名にしか訴訟されてない→他の人々は納得している、という誘導を行なっている。

訴訟しない人の中にも「自己責任だつべこべ言うな」「文句ありませんとの書面にサインしないと償還金は返還しない」「名誉毀損、業務妨害で訴訟をちらつかせ脅される」そのような人も多くいるかもしれないではないか。。。

皆さんには、欲と恐怖に踊らされず、冷静になって投資を考えていただきたい。

ものすごく成績の良い海外ファンドを挙げ、私達が選びました、などどいう投資顧問にも注意が必要だ。ここでも詭弁が用いられている。

100本推薦したうちの1本化もしれないし、推薦した時期によっても成績は違うはず、長期的に良い成績のファンドでも高値で購入し安値で売却したら、損していることもあるだろう。

にもかかわらず、そのファンドの設定来のパフォーマンスを明記して喧伝するような先はまったくもって信用出来ないと言えよう。

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!

主水



キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。