スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党代表戦

2010.09.04.Sat.00:06
もはや大手新聞、TVの報道は作為によった偏向報道ばかりとなってしまった。間接媒体を通して判断をすると間違えるので、せめて代表戦に関してはノーカットで見てみることにした。

民主党Website【ビデオ配信】民主党代表候補公開討論会

コメントは控えるが、マスコミが間違えた報道をする点は投資に有利に働かせることができる。間違いを信用した奴らの逆をやれば儲かる。しかし経済ニュースはともかく政治に関してはまともに報道してほしいものだ。そうでないとマスコミは単なるプロパガンダ機関に成り下がってしまう。

大手新聞はほとんど読まないが、大見出しの間違い記事を見て、どれだけの人がそれを信用するか、その結果どういった行動をするかの予想をするために閲覧することはある。スポーツ新聞はほとんど毎日読む。スポーツ新聞には大手新聞が無視するような記事が事実のまま報道されるので面白いからだ。

代表戦に関していうと、器としても人間性としても缶はダメだろう。雇用雇用というが、経済が回復しないと雇用は増えない。円高になっても株安になっても知らん振り、小沢が代表戦に出ると聞いて慌てふためいてとりあえずの円高、株安に関心あると言い出した。

缶の雇用連呼にはどのマスコミも突っ込まないのが笑える。小沢の政治資金問題には突っ込みまくるが、記者自体が政治資金報告書を読んでないのがバレバレだったりする。

メディアが強烈に缶を後押ししているので、新聞やTVを見た(信じている)党員、サポーター層が缶を指示するかも知れない。まあそれでもいいだろう、日本株売りのポジションを取るだけだ。

どうせ落ちるならガーーーっと落ちてパニックになってほしい。なぜならセリンククライマックスでのリバウンドが美味しいからだ。しかし10000万円割れたらヤバイぞ!⇒9000円に水準訂正、9000円台なら安心だ⇒9000円割れたらヤバイぞ!⇒8000円台なら安心だ⇒・・・・・でずっと続くのだろうか。

こんな儲からない市場からはどんどん参加者が逃げていくだろう。東証も倒産か?赤字が続くので東証自体が東証上場基準を満たせないという笑い話だ。

とりあえず公開討論会をノーカットで見てから、youtubeなどでTVニュースで流した公開討論会映像を見比べて欲しい。結構面白い。そして大衆はどういった方向へ誘導されているのか、その結果どのような間違いをして損をするのかを考えてみる。私たちはその逆をやって儲ければいい。

とりあえずNYダウは少しずつショートポジションをつくろうと思っています。結構益を取れる局面がくる予感がします。どちらにせよ、動きがあるのでポジションを持ち、利益を上げるチャンスが多い、動きがある市場に投資しないと一般投資家は絶対に勝てませんので。


若林先生のセミナーが10月にあるようだ。

実は私ふにっこは先生の著書を読んだ事がある。

「10年大局観」で読む 2019年までの黄金の投資戦略/若林 栄四

¥1,575
Amazon.co.jp

宇宙の真理黄金分割を重視した論証と予想だ。これに感銘してセミナーDVDを購入したこともある。

セミナーの特徴をズバリ言おう。非常に具体的にズバリと相場を予想するのだ。それに対する具体的な投資方法なども提示してくれる。つまらん評論家のセミナーとは一味違う。自分のカネで投資をしていない奴の相場見通しを聞いても仕方が無い。実際に自分でも投資を行っている人のいうことは実践的、具体的であり、その結果いかんによらず、投資家の血肉になるだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。