スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網膜裂孔光凝固(レーザー)手術を受けた。

2012.03.05.Mon.00:05
先回の続きである。

このまま普通に暮らす分には問題ないレベル。レーシックならオペの必要がない軽度の網膜裂孔だが、フェイキックIOLを受けるなら光凝固手術をする必要があるとのこと。

(強度の場合は放置していたら網膜剥離の可能性もある)

レーザーで裂孔の周囲を焼いて補強する。数分で終わり、痛みもない手術らしい。私の場合は左目オンリーだ。

ちょいと気が早いが適合検査の②日後にオペを受けることにした。

これは座ったままで行う。目の検査をするときと同じような、台座に顎を載せて行う。

点眼麻酔をして15分。瞳孔を開く薬も点眼しているので光が眩しいし見えずらい。

例のごとく目が閉じられない器具をはめられ、時折ジュっとレーザーが当てられる。痛みはないが強烈な光で盲目状態になる。

5,6分で終了した。

しばらくは赤いフィルターを通したように、すべてが赤みがかって見える。これは1時間ほどで収まる。

点眼薬の作用で左目だけピントが合いづらい。非常に乱視っぽい見え方がする。

驚いたことに左目だけ飛蚊症が全く出ない。

私は年々飛蚊症がひどくなってきて、晴天に空を見るのが苦痛だった。これがまったくないのは驚きだ!!!

飛蚊症の症状がひどかったのも左目だったので、納得だ。

飛蚊症がひどくなると網膜裂孔の可能性がある。ぜひ眼底検査を受けに行くと良いだろう。

オペの費用は12万円だった。私は自費診療の10割負担だが、健康保険適用手術なのでみなさんは4,5万で済むはずだ。

飛蚊症自体は健康だった右目よりも、左目の方が改善している。だが術後のような100%完璧状態から戻ってしまった。同時に見え方も元に戻ってきたのだが。。。

さて1週間後に術後の再診とフェイキックIOLの最終検査を受ける。その時にレンズ代40万円を納入する(オペの費用が約60万かかるのだ)。

レンズは1ヶ月~3ヶ月かかるらしい。3,4ヶ月ごとにキレーションと高濃度ビタミンC点滴を受けるため、東京へ戻る予定なのでちょうど良いだろう。

しかしバンコク、あるいは香港でキレーションと高濃度ビタミンC点滴が受けれれば便利なのだが。早く導入されないものかなぁ。。。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。