スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生保の自家運用ポートフォリオ/IFAマネジメントフィー1%節約術

2012.02.08.Wed.15:22
昨日の続きである。

海外ファンドラップを移管する場合は以下の2通りがある。

・実際にお金を預かりファンドの運営管理をしている保険会社を移管する
・主に運用面(ファンドのリバランスやスイッチング)を担当するIFAを移管する

これに加えるとすれば販売代理店(投資助言・代理業者等々)を移管することだろう。

販売代理店は販売時の契約報酬を主たる収入減としており、それらはファンドから支払われるので、一般投資家は販売代理店に一切個別でお金を支払う必要はない。

よって販売代理店の移管はあまり現実的ではないだろう。

だがもし助言料やら顧問料やら会費やら本来は必要ないフィーをチャリンチャリンと毎年支払っているなら、とっととお金のかからない販売代理店に移管した方が良いだろう。

日本語対応可能なIFAを選べば、日本語のレポートは毎回送られてくるので問題ないし、下手に業者を通してやりとりするよりも、直接日本語でIFAとやり取りする方が情報が操作されずにきちんと伝わる点は非常に大切だろう。

まあいろんな契約をさせられているだろうが、業者側の都合による意味のない契約も多い。守秘義務やら名誉棄損やら業務妨害やらいろいろあるがほとんどの意味はない。悩むよりも他者に相談した方が正解を得られるだろう。

詳しくはこちらの記事をみていただくか、わんちゃいくんに相談すると良いだろう。

まあ私の感想とすれば、資金の管理運営は保険会社、運用面はIFAが行う。よってその他にお金を支払い続ける必要はないと思うのだが。

細々とした契約面の手続き等は通常は無料で販売代理店が行ってくれるはずだ。まあそれでも良いと思う人はチャリンチャリンと毎年資産の1%、20年で資産の20%のお金を支払うと良いだろう。

さて、このようなことは拙ブログの読者には自明のことであろう。更に手数料を節約する方法がある。

それは運用を担当するIFAと契約をしないことだ。

そうすると約1%のマネージメントフィーが節約できるのだ。

じゃあ誰に運用を頼めば良いのだ!!と心配になるだろう。

実は保険会社は自家運用のファンドポートフォリオを持っている。リスクリターンに応じて5コース程度の品ぞろえをもっている。

これらに移管すれば運用面では無料にて保険会社の運用部門がファンドポートフォリオの運用を行ってくれるのだ。IFAに運用を任せて付加価値が出るかどうかは未定である。付加価値があるかもしれないし、ないかもしれない。

だがリスクが少ないがリターンも少ないコースに投資するなら、これは余計なフィーは削減するに越したことはないだろう。

上述した、まったく意味のない助言・代理業者に支払うお金とIFAへ支払うフィーを合わせると毎年2%近くになるだろう。よっぽど有能なIFAにて積極的に運用する場合を除いては、これらは長期的に大きく影響するだろう。

保険会社のスタンダードライフやアジアスの場合、保険会社の5つのポートフォーリオから選択することになる。もちろんIFAを雇った場合にかかるマネージメントフィー1%は必要ない。

長期にて少額の積立投資を行う方々にはこちらへの移管を推奨する。

20年タームかつそれ程多額でない資金であれば、IFAの運用による付加価値は、無償の保険会社のポートフォリオとそれほど差がつくものではないだろう。仮に差がついたとしてもマネージメントフィーをカバーして余りあるとは確約できない。

フィーを削減することは、確約できるリターンである。IFAに関しては各自ご自分で考えてみると良いだろう。少なくとも、それ以外の訳わからん先に助言料だの顧問料だの会費だのを別口の財布で支払うことは推奨できない。

これらに興味があれば同じくわんちゃいくんに聞いてみると良い。

きっと良心的でお金のかからない保険代理店を紹介してくれるだろう。

(保険代理店は単なる移管ではほぼタダ働きになってしまう。毎年の助言料だの顧問料だのを徴収しないからだ。移管に際しては、資金追加なり増額なりを行って、多少の販売手数料を落としてあげないと倒産してしまうだろう。よってその辺はご配慮願いたい。)


まあスタンダードライフやアジアスの自家運用ファンドがあるという情報は、もちろんIFAからはもたらされないし、あまり良心的でない国内業者からは絶対に知ることはできないだろう。みなさんには是非是非賢い選択をしてほしい。

さて投資のアンテナが勃起した元本保証型のオフショア養老保険であるが、急きょセミナー内容が追加されたようだ。

【新商品】 元本確保型オフショア養老保険セミナー

〓〓〓〓〓 2月11日(土)&18日(土) 13:00より、開催決定! 〓〓〓〓〓

当初の予定から急遽内容を変更し、養老保険についてセミナーを開催します。

もちろん参加費は無料です。
    ^^^^^^^^^^^^
特典としまして、HSBC香港活用術書籍、ラクラク口座開設キット、HSBC香港各種
手続きフォームをご参加頂いた方全員にプレゼント致します。
        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
先着順70名様限定の大型セミナー開催です。
^^^^^^^^^^^^^^^^
申込はコチラにて!早い者勝ちだ!

な、なんと参加者特典として、新刊のHSBC香港投資術がプレゼントされる。1500円の得だ!!


HSBC香港でしっかり儲ける投資術HSBC香港でしっかり儲ける投資術
(2012/01/28)
鈴木 正浩

商品詳細を見る



スパン王子はアーリー<スパン専任>リタイアを目指して、積極型の海外投資を行っている。だが手堅い元本保証商品にも興味があるようだ。

6c26fbe1.jpg

将軍さまも負けてはいない。海外愛人用にオフショア養老保険を申込した。

blog_import_4d39bda5ed7365_20120208153401.jpg

「手切れ金渡すよりずっと安いしな!」とのことでアル。。。。



初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

感謝感激の一位奪回!ちょいと大差をつけたいので応援ポチっとおねげーしますだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

バンコク生活情報

ずっぽしなし
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。