スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才!長瀬先生の治療を受けた!

2012.02.27.Mon.05:46
東京へは体のケアのために戻ってきた。

タイも香港もキレーションや高濃度ビタミンC点滴療法がないためだ。

腰の具合、そして何より左手の痺れが進む可能性があるならPLDD(椎間板ヘルニア・レーザー手術)を受けようと思っていた。

以前から先天的な椎間板の変形があり、疲労すると神経が変形部分に触り手先がしびれることがあった。近年では左手指先のみたまに痺れを感じる程度だったが、最近では左手の手刀部分まで痺れが散見するようになったのだ。

香港にてネ申さまが言うには天才長瀬先生は今まで多くの要手術患者を治してきている』とのことだ。

「だけどもはや忙しすぎて新規客は受けていないようですが、、、」

『そこはそれでファミリー特権として無理やりねじ込みます!』

とのことで、香港から無理やり予約をねじ込んでいただいたのだ!ありがたいことである。


さて往診室にて先生とご対面だ。

7d5b73a4.jpg

カイロの台に寝て往診を受ける。

私は腰のヘルニアが原因だとばかり思っていたが、実は頚椎の5番が悪さをしていたらしい。

『5番をさ、元の位置にねじ込むからさ、もう手術はいらねえよ!』

先生は無理やりボキボキ云わせたり、体に痛い治療はしないとのこと。

実際にもまったく痛みのない治療だった。但しポイントではかなりの気合いを入れていた、気を注入しているのではと思われる。

治療時間は30分に満たないものだったが、アンバランスだった足の長さが元通りになり、首の可動域も大きく広がった。もちろん痺れも気にならないくらいに戻った。

『これでいくらでもずっぽし可能だ!』

「久々に日本人女をずっぽしだ!」

などと若い女性が往診を待っているにも関わらず、二人えかなりの数のずっぽしを連呼してしまった。

日本を出る前にもう一回往診に来てくれや!とのことでその場で予約を入れておいた。もはや手術する気もないし、医者も痺れが気にならないなら問題ないと言ってたので、手術なしで済ませることができそうだ。

長瀬先生ありがとうございました!

長瀬治療院
042-921-2606
埼玉県所沢市緑町4丁目6-6
火~土 9:00~18:00 


現在は新規客を受け付けていないようだ。もし可能であっても2、3か月先になるのは覚悟した方が良いだろう。

3b971556_20120206054543.jpg

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、よろしければ応援ポチ願います!
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

バンコク生活情報

ずっぽしなし
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。