スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーペチュアル・トラベラー(Perpetual Traveler)/続き

2011.12.16.Fri.00:41
先回の続きである。

タイの銀行で要求される2つのIDのうちひとつはパスポートにする必要がある(外国人の場合)が、もうひとつをタイ国内のIDにすればいい。(パスポートのみで可能な銀行もあった。住所はホテルにすれば良かった。今でも可能かはわからない。)

てっとり早いのはタイで運転免許証をゲットすることだ。日本の免許証取得済の場合は簡単にタイの運転免許証が手に入る。日本のからタイへの切り替えという形になるが、日本の免許証はそのまま保持できる。

それが不能な場合の裏技は2点。

1.タイの警察官に賄賂を渡して免許証をゲットする。ただし国際免許証は作れないし、更新もできない。
2.カオサンで偽造書類業者に免許証をつくってもらう。

1はあくまで噂であって、真偽は定かではない。だがタイなら十分ありえるだろう。。。

2は実際にそのような業者はあるが、見本を見せてもらったがとてもじゃないが使える代物ではない。冗談で作るのみだ。だが使用したり、所持しているだけでもオフィシャルな筋に発見されたら厄介なことになるだろう。シャレではすまないとお伝えしておこう。

では実際に運転免許証をゲットすればいい。

タイランドハイパーリンクスの記事が参考になるだろう。

ネット情報では「本当に実際に体験したの???」てな情報もある。そのようなものを鵜呑みにしていてはみすみすチャンスを逃すことも多い。ネットの進化によっていくらでも情報が取れるようになったが、玉石混合の中から玉を選びだすという作業が必須となった。

一時代前のように「基本的に情報はない。だが苦労して探した情報は玉の可能性がかなり高い」。そのような時代の方が実は効率が良い。石の情報で騙されたり、操られたりという被害がないからだ。

我々には道理という武器がある。恐怖と欲望に引きずられずに道理で考えれば自ずと偽物と本物の区別はつくだろう。

一例をあげよう。

我々は日本の投資顧問業の免許を持っています。正当で安心です。海外の優れたファンドを紹介できます。

以下を道理で論破する。

投資顧問業の免許とあるが、許可制ではなく単なる登録制である。提出書面その他の条件を満たせば個人でもなれる。1000社以上の登録数がある。登録した業者でも悪徳による処分は数多い。

海外投資と日本の投資顧問業の登録済みか否かはまったく関係ない。海外に行って海外の正当業者(香港なら正式な香港IFA)と直接契約すれば、日本の法律とは関係なく、外ー外契約として正当であり、合法である。

悪徳な真似をしない業者も多いだろう。それらと顧客に良いパフォーマンスをもたらすこととはまったく別物である。安心で正当で騙されたりしませんでした、だけど正当の名のもとに本来は必要ない手数料をたくさん取られました、ファンドも大損しました、、、では投資の意味が無い。

具体的な内容がなくイメージを大げさに喧伝したり、パフォーマンスを上げる術と関係ない部分をリンクさせて、誘導するような先は信頼性がない。あまり近づくべきではないだろう。

安易に情報らしきものを数多く手に入れられる状況では情報の選択もそうだが、誘導されることにも注意せねばなるまい。情報を鵜呑みにして結論に飛ぶのではなく、自分で実証するプロセスが必須となるだろう。

馬鹿正直に「バンコク銀行はワーキングパーミットがないと口座開設できない」といったネット情報を鵜呑みにしたらどうだろうか。そんなのなくても作れるのは私が身をもって実証した。

「中国ではずっぽしは違法です。公安に捕まると大変なことになります。」これは間違いない情報だが、中国人は誰一人として風俗へ行かないんだ、中国には風俗はないんだ、と考えるのは情報を間違って受け取ったことになるだろう。

HSBC香港の口座開設に関して、悪徳ボッタクリ業者のサイトを馬鹿正直に読んだ方、撒き散らされたデマを信じた方は、「自力で開設は無理そうだ。この業者に頼めば問題なく可能らしい」という結論に誘導され、本来は無料で可能なのに、ボッタクリ料金を取られることになるだろう。

fe4e212f-s.jpg

何ごとも道理で考えていくことだ。そうすれば明らかに客を食い物にする方針の業者の姿が浮かび上がってくる。

海外での投資では、海外投資三原則を守っていくことが必要であろう。

投資対象に曰くありげに美麗字句を喧伝し、実態の内容を曖昧に誘導する業者などは信用してはならない。お金を投資する金融商品に関してはそのものをはっきりと知らせないといけないはずだ。場合によっては各種金融商品の関連法に違反する可能性もあるだろう。

ちょいと話しがずれた。まあ拙ブログの読者であれば口を酸っぱくして言わずとも問題はないだろう。

コチラでも少し触れたが、年貢当局の海外資産への注目が尋常ではない。。。

更には「国外資産5千万円以上、調書提出を義務づけへ」てなことが決定した。

少なくとも毎年決算が行われる海外ファンドには毎年配当金に税金がかかると思ったほうが良い。能力のない日本の投資顧問業者に顧問料やら何やらを支払った上に、ファンドでも大損したら最悪だ。。。

ファンド内の配当再投資可能な保険型ラップファンド、あるいはランドバンキングなどが日本居住者の海外投資にとって有望な投資先となるだろう。

そのあたりは、香港在住のわんちゃいくんに聞けば懇切丁寧に教えてくれるだろう。

国税への申告義務のない海外法人の設立が増えるかもしれない。非居住者にならないのであれば、海外法人の設立を検討することもありだろう。海外投資も法人として行えば良いのだ。

海外法人設立はこちらのセミナー(オンラインセミナーもあり)で勉強すると良いだろう。

海外資産への締め付けをすればするほど富裕層は外へ逃げる。そしてその子孫もおそらくは日本に戻ってこない。

以前と違って香港の日本人移住者は子息を日本の大学に行かせず、海外の大学へ活かせる例が多い。卒業したら海外にて就労する。ますます日本は出がらしのお茶っぱのようになってしまうだろう。。。

伊勢丹の紀伊国屋書店にて以下の書籍を購入した。日本在住の方々には必読であろう。

日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
(2011/10/18)
森巣 博

商品詳細を見る


とりあえずは、タイの運転免許証を使って、新しくタイで銀行口座を開く予定である。証券口座やFX口座なども新しく持とうと思っている。

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

マイタン大賞はコチラ!

逃げるのを追いかけて上納金を取るには人件費を始めとした膨大なコストが必要だ。奪取したカネの大部分がコストに食われるんではないか???香港のようにカネも人も自然に集まるようにすればいいと思う方、ポチ願います。
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

万次郎の追い上げが凄い。マイタン大賞から目が離せなくなってきた。
バンコク生活情報

ずっぽしなし
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。