スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のFX投資のご紹介/マカオずっぽしFX大作戦

2010.08.14.Sat.00:26
私の現在の主たるFX利用法を紹介します。

来月マカオ行くけど、今すごく円高になっちゃったぞ!香港ドルを手当てしておきたいなあ。

そんなときにはFXでマカオで使う分に見合うUSドルを買います。
(香港ドルでも良いのですが、USドルとほぼリンクしてますので、流動性とスプレッドでUSドルを選びます。)

マカオ滞在1ヶ月分のホテル、サウナ、その他もろもろの費用を最低単位とします。

名づけて『マカオずっぽしFX投資法』

ずっぽし料金概算2000HKDを円に均して、過去のずっぽし料金円換算価格と日本の風俗の価格と比べ、その時の直感でポジションを取るか取らないかを決めます。

例えば、2000HKD=30000円のレートが高いと思うのならポジションは持ちませんし、20000円が安いと思うのならポジションを取ります。USドル買い(円売り)のみのポジションです。

高いか安いかの感情の強弱でポジションのロットを決めます。

この投資法は以下の『サウナ購買力平価判断リスト』によりロット数を決めます。

<判断リスト1~3>
1.こりゃあ無茶苦茶お得ぜよ!⇒ 訪澳5回分(5ヶ月分)の資金をFXで手当てします。

2.結構お得だね⇒ 2回分の資金。

3.とりあえず両替しておきたい気分だね⇒ 1回分の資金。

ポジションの評価益が2000HKD分に達したらリカクします。1回分のずっぽしがタダになったからラッキーと考えます。

さらにもっと儲けよう!という漠然としたイメージよりも、一回分のずっぽしが無料だぞ!のイメージの方が強いので、「不確実な」欲望に振り回されずに「ずっぽし1回確定」の確実な欲望により難なくリカクできます。

また500HKDでチキンリカクすることもありません。なぜなら少なくとも「ずっぽし」に至らないリカクなど全然興味が湧かないからです。

評価損が出た場合はそのまま放置しておき、実際のマカオへの出発時に損切りします。あるいは微々たる利益だろうがポジションを閉じます。出発後は現地で現金を両替すればいいのですから、FXでポジション持つ意味がないためです。

実際のこのやり方では損したことがほとんどないんです!私にぴったりの方法です。

ちなみにマカオ訪問が近いときや具体的に日時が確定している時にしかずっぽしモチベーションが湧きませんので、この方法では投資しません。

ずっぽしイメージ、モチベーションがないと、単なる投機になりますので、またぞろ恐怖と欲望に振り回されて負けるからです。

この方法だと欲望も恐怖も振り回されるほどは湧きませんので、ルールどおりに淡々とやれます。唯一の欲望はずっぽし1回分です。1万通貨だと無理ですので、千通貨単位で出来る業者を選んでください。

もし香港ドル/円を扱っている業者でスプレッドが悪くなければ、イメージを作りやすくするため実際と同じ香港ドルで行ったほうが良いと思います。

さて、12日には為替は円高が進みとうとう1ドル84円台に突入しました。
香港ドルだと一万円で900HKD以上が手に入る勘定です。

これは過去の実感としてかなり安いと思いました。リストでは1に当たります。85円割れで5ヶ月分を手当てしました。

ラッキーなことにずっぽし一回分の実現益は既に利益確定しました。

以前の私ですと、既に87円くらいで安い!ラッキ~!とか言って【ハイレバ】のドル買いポジションをたんまり持っていたに違いありません。84円台突入で強制ロスカットされていたでしょう。

ロスカット時には恐怖と欲望がぐちゃぐぐちゃに混じってしまっています。
「このままでは円は80円割るに違いない」
と考え、すぐさま84円割れでドテンドル売りを行います。
さっきの損を取り戻そうとばかりに、より高いハイレバポジションを取っていたに違いありません。

そして翌日に円安に戻ったのを見て、86円近辺で「90円に戻ったらどうしよう」的な恐怖から来る損切りをして、更に損失を膨らませていたに違いありません。

ご紹介した私の方法、マカオずっぽしFX投資法は、実際は投入する証拠金に見合ったレバレッジがかかりますが、「心理的には」投資金額にレバレッジをかけていません。

ポジション総額は実際に手当てしても良いと思える金額の範囲内なので「恐怖」は発生しません。

このレートならいいかな?と思えるときにだけ、このくらいの額ならいずれ使うだろうし、いう外貨の範囲内で行うのがミソです。

マカオへ向けての出発時に、円高が進みFXで評価損が発生していたとしても、手持ちの円現金に対しては実際の為替レートがFXポジションを持ったときよりも、お得になっておりますので、心理的プレッシャーがかかることなく損切りできるのです。

そのときにはFXで架空のポジションを持っていても意味がなくなってますので、ポジションを持ち続けようという執着もあまりでてきません。
「出発時にはポジション閉じる」というルールで決めたとおりにロスカットできます。

「2000HKD=ずっぽし1回分無料」と考えることで、余計に儲けようと思わず、一回タダじゃん!お得じゃん!でリカクできます。メシ1回分をリカクしてもしかたがないので、意味のない小額のチキンリカクも避けられます。

20000HKD=ずっぽし10回分儲けてやろう!とは思いません。

ずっぽし10回分をイメージしてしまうと頭の中に10人もの小姐がうようよしますので、ただでさえタンク充電がしずらい私に関しては、かえって欲望が消えてしまいます。

※この方法はS王子に関しては強烈に欲望を刺激するので禁止です。すっぽし100人分とかイメージしてしまうと欲望に振り回されてハイレバでやりまくってしまうでしょう。

いままでFXや株式投資で儲かってない人、損ばかりしている人は、私の二つの法則

①女性セブンの法則(先回ご紹介)
②マカオずっぽしFX大作戦(投資適格者の条件;マカオでずっぽしが好きな人、1日1回のタンク放出が限度の人)

を是非行ってみてください。これらはいずれイン○ォカーとにて5万円程度の情報教材として販売しようと思います。

細々とした手続きやあおり宣伝文作成などをすべてやってくれる人には歩合で50%差し上げますので、申し出てくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。