in 未分類

本日マカオ入り

-0 COMMENT
上環で東方サウナのずっぽしクーポンを入手し、深夜1時のフェリーにてマカオ入り。

金曜なのでサウナの睡眠区が空いてない可能性がある。東方サウナ泊は諦めてホテルを予約していた。

今回はカサレアルホテルだ。

金曜夜の深夜のため、もはや普通の部屋は満室なのだろう。スイートルームがあてがわれた。

ちょいとラッキーな気分である。

ホテルで荷解きをし、鼎泰豊で腹ごしらえだ。

本日はサウナへ行かずに寝る予定だ。



悪徳ファンドの件を書いてから、驚くほどアクセスが増えた。

もちろんマイタン日記で紹介された影響も大きいのだろう、ありがとうございます!

ということは、油っぽい名前の業者の目にも留まったと考えられる。

ブログに書くなら償還金払わんぞ!とか訴訟するぞ!とか言われたら一興である。

既に運用が終わり酷い目にあった私自身が申し込んだファンドの成績を公開してもなんら問題はないと思っている。

それどころか何十億集めたファンドの燦燦たる惨状を、相場によるものでなく詐欺により発生した事実を無かったことにする方がコンプライアンス上問題である。

お手盛り弁護士やら同業者保護の協会やらでなく、私自身が直接、関●財●局理●部証●監●第●課に内容をぼかしていろいろ聞いてみて問題ないと判断したことである。

先方は非常に興味津々であったが、どこの業者かという情報は伏せておいた。苦情ではなく単に当局の見解を聞きたいということで終わらせた。

監督官庁が動いて摘発されたとしても、また別の会社を立ち上げて、簡単に認可が取れるのが日本の投資[助言]業者である。専門の行政書士に頼めば簡単に書類をつくってくれ、不備がなければ自動的に『登録される』しくみだ。

貸金業者が都道府県に登録するようなものだ。

投資[一任]業者は『認可制』であるので、非常に大変な審査がある。まずは一任業者か助言業者かを調べてみると良いだろう。

いくら悪徳業者を叩いても、我々自身が投資における騙されないための原則を身に着けない限りは悪徳業者に騙される人は出てくるだろう。そしてそのような人達が悪徳業者のビジネスを継続させることになる。

まずは海外投資3原則をきちんと身に着けよう!

imfmages_20110510191850s_20110911024901.jpg


皆さんの応援コメントに勇気百倍です。ファンド顛末記はいろいろ振り返りつつ連載するつもりです。
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment