in 未分類

ちょいと滞在にお勧めのホテル

-0 COMMENT
夜までマカオですごし、香港へは最低限の一泊で構わないという場合がある。

ほとんど寝るだけなので高価なホテルは避けたい。

私のお勧めは下記のホテルだ。

イビスノースポイントホテル

6000円台で泊まれてまともなホテルがもはや香港には少ない。

このホテルは景観も良く、WIFI接続無料でサクサク早い、新しくてキレイ、駅からすぐ というすべてのポイントを備えている。

立地は香港島のノースポイントである。

デメリットはかなり狭いことである。二人では厳しいし、部屋でずっと過ごすのも厳しいだろう。

寝に帰るだけならうってつけである。

マカオフェリー 香港上環駅から乗り換えなしで北角(ノースポイント)、駅の案内版にイビスホテルとある出口で降りて右側にすぐ立っている。


夕方6時である。ちょいと銅鑼湾(Causway Bay)のタイムズスクエアを散策。

さすがにバブルである。懐かしい。。。

若い人で日本のバブルを知らない人も多くいる。

もし体験したいなら香港へ行くとよいだろう。

特に若い人はぜひ行ってほしい。そして冷静に観察してほしい。

同じ若者たちがどれほど元気か見ておくとよいだろう。


さて東京へトンボ返りし、身の回りの最終的な処置をしなければならない。

いよいよ、non-immigrant visa を取得し、バンコクへ向かう。


クリスマスも年末も正月もタイで過ごすことになるだろう。


マカオもご無沙汰になりそうなので、とりあえずマカオ経由でバンコクへ向かうつもりである。

まあ東京へ帰る必要もそれほどなかったのだが、6年ほど前の海外投資ファンドが償還を迎えるのも帰国の理由である。

まあとんでもないありさまになっているようだ。

ちょいと悪徳チックな業者なので覚悟はしていたのだが(6年前は私も知識も経験もなく初心でした、、、)。

私自身が投資の原則を無視していたので、こういう目にあうだろうと覚悟はしていたのだ。海外投資三原則はこちら。

結構な金額をロスしている人達が多くいるはずだが、まったく状況が表に出てこないのが不気味である。

まあ良い教訓になると思うので、事実をブログ読者にはお話しようと思っている。

ちょいとキ印の業者なのであれこれ言ってくるかもしれないが、基本的に運用が終了し、私自身が投資したファンドに関する、私自身の事実を公開するのだから、何ら問題はないだろう。

まあこんなことをしても得はないし、損するばかりであろう。

私自身のよくばり心が生んだ自業自得な面もある。

こういうことはさっさと忘れるのが良いのだが、今後も同じ目にあう人が多くでるような予感がしている。


義を見てせざるは勇なきなり!


一部の読者の方々もこの業者から被害を受けておられるようである。せめてブログ読者の方々には知っていてもらいたいので、ここは損を承知でひと肌脱ぐしかあるまい。

ひと肌どころか百肌脱いでいるネ申さまやタンク将軍のような人々もいる。私も頑張らないといけない。


悪徳業者を相手に一戦交える可能性もある。マイタンファミリーの方々にも意見を聞いてのことになるだろう。


関東財務局、金融庁などの対応を知るのも一興であろうし、週刊ポ◎ト、S◎A!にも個人的つてで話をもっていくことも考えている。

かりに業者が倒産したとしても、従業員の皆さんがお気の毒だが、悪徳業者で一生懸命働いても未来はないだろう。

imfmages_20110510191850s_20110911024901.jpg


タイにいってもマカオブログでがんばります!
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment