スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澳門酒店論

2011.08.11.Thu.00:10
ここ最近はGRAND LAPAに滞在することが多い。

内容の割には価格が安く、人が少ない(特にチャン○ロが)のが良い。

すぐ隣がサンズ・カジノである。ちょうど正面がWALDOホテルだ。東方サウナが鎮座している。

非常に便利である。

価格的にはリスボアよりはちょいと高い。リスボアはネット無料、冷蔵庫内のドリンク無料である。リスボアよりは割高感がある。

特にネットは1日175MOである。だがネット代は連泊すると安くなるのであまり気にならない。今回はとりあえず11連泊だ。1週間のネット代が660MOであるからあまり問題はない。

リスボアより安いホテルとなると北京街近辺のホテルだろう。この辺のホテルは非常に景観が悪い。海側が開発されてしまったからだ。またすぐ隣にホテルやビルがあったりで、普通程度の部屋ではカーテンも空ける気になれず、室内も薄暗い。

まあその分安いのだから文句は言えない。ずっぽしサウナがあるホテルが多いのだが、リラックスできない部屋なので、ついつい用もなくサウナへ行ってしまうのだ。

毎日となると結構な出費となる。リオ、帝豪、金龍などには良く滞在した。これらに連泊していると用もないのにサウナへGOしてしまう。毎日ずっぽしするわけではないが、サウナの休憩代金が軒並み値上げされてからは結構な負担である。

それ以来ホテルを選ぶ趣向を変えた。

GRAND LAPA や CASA REALが多くなった。両者とも昔からのホテルだが立地的な景観では、カーテンを開けたままでも満足出来る部屋が多い。

CASA REALは上記ずっぽしサウナホテル達と同じ価格帯であるが、ちょいとグレードの高い部屋がお勧めである。結構広くてキレイであり、割安感が高い。だが、ネットは無料だがLAN接続である。非常に遅いのが玉に傷である。動画はパラパラマンガのようになってしまう。。。

正面に十八サウナが鎮座しており、サンズへは十分徒歩圏である。

MGMやウィン、MANDARIN ORIENTALなどは価格的に一人で泊まるには割に合わない。ずっぽしへ回した方が良い。1,2泊なら良いが、1週間、2週間ではアホみたいな金額だ。よって私にとっては対象外である。タイパ方面も対象外だ。ずっぽしに不便なのだ。

カジノに燃えていたころは英皇娯楽酒店が多かった。ここのカジノは結構使い勝手が良い。ずっぽしサウナも夜総会もある。至れり尽くせりのホテルであるが、やはり人気があるのだろう、価格的に割高感が強い。

カジノメインから離れてからはあまり使わなくなった。

GRAND LAPAは連泊数が多かったゆえだろうか、いつものフルーツもグレードアップだ。ドラゴンフルーツが加わった。ワインもプレゼントである。
IMAGE_739.jpg


これも初のサービスだ。三時のおやつにサンドイッチやらパンを持ってきてくれる。サウナやカジノから帰ると小腹が空くので、毎日深夜に食っている。
IMAGE_741.jpg

マカオのホテル選びはもっぱらmacau.comを利用している。

HSBC香港のクレジットカードを利用するのでダイレクトに支払ができる。日本のクレジットカードを使う時は香港ドルから円への変換手数料が取られているはずだ。

ウェブで日本円表示もできるが、やはり実際のレートよりも割が悪くなっている。手数料分だろう。

意外と使えるのが、楽天トラベルとエクスペディアだ。たまに掘り出し価格が載っていたりする。

1,2泊なら香港のフェリー乗り場のずっぽし代理店で探してもらうのも良いだろう。なかなかお得であるが、クレジットカードを使うと確か6%とか上乗せされるので注意だ。

このブログを見ているなかで、HSBC香港の口座をつくった皆様は結構多いだろう。

HSBCのネットバンキング画面はちょいちょいリニューアルされている。

1,2年経つと結構な部分が変わっていたりする。

そこで朗報だ!リニューアル版のHSBC香港活用マニュアルが出た!
6d9d1d07.gif

なんとリピーターは通常9000円のところ、5000円で可能だ!

業者に大枚をはたいて口座はつくったものの、一切のアフターフォローがなく放置されていたり、ちょっとしたことに数千円、いや数万円もの手数料を取られての有料フォローだったりしてないだろうか。

たいていのことは、上記のマニュアルで解決する。サルでもできるように丁寧に操作を解説してある。

マニュアルにないイレギュラーな事態は、HSBCお助け支店長に問い合わせてみよう。たいていは解決する。
お助け

私も以前質問したが迅速に応えてくれた。

国内銀行に資産を残しても、死後は遺族に見つかってしまうだろう。かと言って愛人の銀行に振り込んでも贈与税で物凄い金額を上納せねばいけないだろう。

では、愛人に自分の銀行口座を使わせれば良いが、それは違法である。

そこでお勧めはジョイント口座である。先にカネを渡すとバイバイされそうな愛人にはジョイント口座が一番だ!

残念ながら日本には存在しない。是非HSBC香港で愛人とのジョイント口座をつくろう。愛人にもクレジットカードが発行されるだろうから、それを渡しておけばよい。

カネをなにに使ったかは明白であるので安心だ!

※ジョイント口座で二名分のクレジットカードが発行されるかはお助け支店支店長に聞いてみると良いだろう。


スパン王子にマカオのホテルについてコメントを求めた。

blog_import_4d39bde0c521e_2.jpg

プライベートスパンには宿代節約のメリットがあった!!日本でくすぶる若者よ、マカオへ来てプライベートスパンで宿代を浮かそう!

さて、窓から見えるサンズのネオンにムズムズしてきた。カジノのショーを見ながら寝酒に一杯あけてきます!マカオ万歳!マカオに感謝だ!

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!



キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

どうか日本がかつてのように自由で楽しくて面白い国になりますように!
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。