スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間のベイサンズへ行ってみた

2011.04.21.Thu.20:04
ショッピングモールはイマイチ人が少ない。
IMAGE_634.jpg

運河があるが一直線である。まあ、なんちゃって運河だ。
IMAGE_635.jpg

スケートリンクだ。
IMAGE_636.jpg

結局、人がいっぱいなのはフードコートだけだった。コリアン料理を食う。旨い。11SGD。

カジノを除いてみる。台は半分くらいがクローズだ。まあ昼だから仕方ない。

とは言ってもマカオは昼からカジノが盛況だ。カジノの盛況はひとえに大陸チャン○ロ次第ということだろう。

バカラテーブルを立ったまま見ていると、いきなり横から『Excuse Me』と言われたのでビビった。

マカオだったら、チャン○ロどもは自分の進路に人がいても、勝手にぶつかってきて、強引に通りすぎるだけだ。もちろん無言である。

ここはシンガポールなんだなあと実感した。シンガポール人はチャン○ロ軍団が大勢押し寄せたら耐えることはできないだろう。その辺は行政もわかっているので、大陸中国人の流入を抑えているのだろうと推測する。

その後、高島屋の紀伊國屋書店へ行った。
IMAGE_642.jpg

二冊購入し42SGDだ。海外の日本語書籍は約1.5倍から2倍の価格だ。運賃以上に、返品できないので店の買い取りとなる。その分のリスクプレミアムが価格に上乗せされているのだろう。

とは言っても、売れ残りは損失になるので、店側も限られたスペースに非常に吟味して本を置いている。私はしょちゅう海外の日本語書店へ行くが、とにかくどれを選んでもハズレが少ないのだ。

リスクと責任を負って仕事することは大切なんだと思う。日本の公務員のパフォーマンスが悪く、利益どころか全体的に無駄飯食いで赤字の要因となっているのは、リスクと責任の所在に尽きると思う。

まあ、愚痴はそれくらいにしておこう。

夜はおなじみのコースである。OTのイパネマからBRIXへ。ゲイランの置屋の2倍から3倍の料金を吹っかけられるので、吟味は慎重となる。当たりは少ないので撤退。まあ一人で飲むにはいい暇つぶしスポットである。合わせて36SGDだ。

一位から陥落、、、ポチっとお願いしやすm(._.)m
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。