in 未分類

ジャーナリズム精神/カナダで物件が出た

-0 COMMENT
【原発避難区域は犬や牛の群れが闊歩する無法地帯に】あるジャーナリストが原発至近距離まで近づいてのレポートだ。現地の様子が良くわかる。 

危険を顧みないジャーナリズム精神だ。このような状況では大手メディアの情報はあまり役に立たない。彼らのようなジャーナリストには頭が下がる。

私のアパートメントのロビーにあるのは読売新聞のみだが、現地の情報などはほとんどなく、原発の機械の説明やら避難地の記事がほとんどだ。

大手マスゴミは50キロ圏内には絶対いかない。原発に近い現地の情報が統制されていて報道されないのではなく、だれも行かないからまったくもって情報がないから報道しないと言えよう。まあ日本の大手メディアにはジャーナリストはいないということは前から分っていたから驚いてはいない。

もはやそんなんでは、大手新聞、TVニュースの報道を鵜呑みにするのは危険だ。

もはやネットを駆使する世代には新聞を買う意味はなくなっている。新聞を買う金を、ジャーナリズムの精神を持つフリーのジャーナリストの記事やメルマガを購入したりに充てる方が日本の幸せになるだろう。

東日本圏内では新聞やニュースを信用する人がいなくなり、人々は自分自身でサバイバルを考えるようになるだろう。復興後の日本の夜明けは東日本から始まるだろう。

日本の官僚支配もマスゴミとの共同歩調により、巧妙に行われてきた。マスゴミのご主人は官僚だ。東電の監督官僚である経産省の役人は一切表に出ないし、マスゴミも当然報道も指摘もしない。天下りの保安院も批判されない。東電を悪者にしてまったく責任を取らずに逃げる算段だろう。



【屋内退避圏 住民の8割自宅に】


内退避の対象地域となっている福島第一原子力発電所の半径20キロから30キロの範囲には、現在も2万人以上が生活しているとみられていますが、NHKがこの地域で暮らしている南相馬市の住民およそ100人にアンケートを行ったところ、80%の人が、いったんは避難したものの、避難生活の疲れなどを理由に再び自宅に戻っていたことが分かりました。

原発事故の影響で最も心配なことについて尋ねたところ、▽仕事や収入が40%と最も高く、次いで▽健康被害が34%でした。さらに、政府による屋内退避の指示や自主避難の呼びかけが適切かどうか尋ねたところ、▽22%が「適切だ」、▽72%が「不適切だ」と回答しました。「不適切だ」と考える理由について尋ねたところ、「ほかの地域よりも放射線量が低い」という意見が目立つ一方、「仕事や介護などのため避難が難しい人も多いのに、自主避難の判断を住民に委ねる対応は政府の責任逃れだ」という指摘も多くありました。

(引用終わり)

しょうもない内閣と官僚についてコメントするまでもないだろうが、やはり実際に避難したみなさんは仕事と収入の不安が強い。何度もいうが、収入に心配のない人は「不謹慎、自粛」を気分で唱えていても影響はないだろう。

風評被害による経済の落ち込みは、被災していない人の生活も直撃する。被災者の皆さんの就職や商売どころではなく、それらの人数を多く超える失業者の発生となるだろう。


マイタン日記
では、風評被害から香港の日本料理店を救うプロジェクトが進行している。

凄まじい勢いで日本料理店が苦境に陥っている。香港のことだからね、、、、と達観するわけにはいかない、香港の日本料理店の苦境のありさまは、いづれ風評被害と経済の縮小をもって同じような光景が日本全体でみられるだろう。

私もタイにて日本料理屋へ突入するつもりだ。。。だがタイの人は呑気なんだろうか、あるいは親日度が強いのだろうか、、、、香港ほどの風評被害はないようです。

とにかく、しばらくは日本は大変な局面となるだろう。だが絶対に復興し、より強くなるのは間違いない。

とはいっても、今までの20年間を見る通り、お上に足を引っ張られる状態が続き、沈没する可能性もある。国がどうなろうと生きていかなければならない。せめて自分の資産の一部は海外にて運用するなどのリスクヘッジは必要だろう。

という訳で是非おすすめなのが、ランドバンキングだ。

私はアメリカに関しては、いろいろな面で安心ができない面もあったので、ぜひカナダで物件が出ないかなぁと思っていた。

今回はカナダのランドバンキングだ。そうとうなる応募があると予想される。

まずはランドバンキング・セミナーにて情報を仕入れ、自分の頭で考えて行動しよう。

4月16日(土) 13:00~15:30 にて赤坂にて開催される。

もちろん無料にて、特典あり!人数は50名。早めの応募をしないとすぐに満タンになってしまうだろう。

ランドバンキングは、かのタンク将軍が日本の不動産投資以上にお勧めしていた。。。

震災のお蔭で、それらの言葉はまったくもって真実であったと証明されてしまったのだが。。。。

タンク将軍は多くの被害を受けたが、【人の行く 裏に道あり 華の山】戦略にて、復興のために逆張り投資をしている。

まず間違いなく成功するだろう。

応援しております!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment