in 未分類

同胞台湾の皆さんありがとう/尖閣王子のブログより

-0 COMMENT
地震が日本を襲った時、台湾の大統領マー・インチウは2,500万円を日本に寄付すると公表したが、その額は十分ではないとしてすぐに国内から激しい批判を浴びた。その後、寄付金の額は上がり3億円(まだ十分ではない額)となったが、台湾の人々の批判は決して止まなかった。
これは大統領マー・インチウと彼の率いる中国国民党は中国寄り、反対に台湾の人々は日本に友好的であるためだ。それに加え、我々は台湾で起きた921地震の時に、日本が温かな素晴らしい手助けをしてくれたことを決して忘れない。台湾ではこのTVチャリティーイベントが開催されるのが待ちきれず、イベントのずっと前からも自分たちなりのやり方で日本をサポートしている。
私はだた「台湾政府は信じないで。でもどうか台湾の人々は信じてください。日本は我々の親友です。」と伝えたい。

空腹を感じる時の私の体は津波の被害者とともにある。
私の悲しむ心も被害者の彼らと一緒。
食事の前、就寝の前には祈りを。
私は日本がこの災害から必ず復興すると確認している。なぜなら日本人は立派な尊敬出来る人たちだから。
だから私はここから日本人の皆へ幸せを祈ります。
頑張れ!


(引用終わり)

以上は尖閣王子のブログに寄せられたコメントの引用です。

日本でなく台湾にこそ、日本精神(リップンチェンシン)があった。

同胞台湾の人々を尊敬します。

同じように併合、インフラ整備、教育などを施し、同化政策(植民地支配ではない)をとった半島の人々が、世界一の反日国家になっていることを鑑みると、

台湾の人々の存在は、反日教育の大陸・半島、自虐史観の日本人、それらの誤った歴史史観を覆す生き証人とすら思えます。

台湾の場合そもそも親日ではなく、日本統治後の漢人の支配よりましだったというだけという木で鼻をくくるような説もありますが、そうであったら今回の台湾同胞の方々の支援金などはありえないでしょう。

大陸におもねる政界財界の意向を組んで、台湾同胞の支援はマスゴミにあまり出てこないと思うので、積極的に紹介していこうと考えています。



震災以来、うっかり貼り付け忘れておりましたが、みなさまのおかげでランキングが上がってきました。本当にありがとうございます。m(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment