in 未分類

大型客船の活用/へきのROOMより

-0 COMMENT
へきさんのブログ『へきのROOM』より一部抜粋します。

------------------------------------------------------
クルーズ船は、一艘で全ての活動が出来る。船を被災地に持ってくる事で、電気・水道・トイレ・食事・風呂・医療・個室 全て問題が解決出来るのだ。
世界には10万トンクラスのクルーズ船も多数ある。仮設住宅が出来るまで、避難所からバスで集団(集落ごと・町ごと)で横浜等に移動、港に接岸されたクルーズ船をホテルシップとして使う。
埼玉スーパーアリーナより、よっぽど快適だと思う。日本国中のフェリーを減便して、東北地方にまわせないのか。

(以下続く)

続きと詳細はへきのROOMを参照してください。
-----------------------------------------------------
体育館での滞在が長く続くと、心労から病を併発する可能性が高い。

移動と滞在が同時に可能であるクルーズ船を直ちに利用するべきだ。

乗船は子供、若い女性(もしもの場合に性犯罪に巻き込まれやすい)、病人、老人の順で優先するべきであろう。

家族で一緒にいる方が良いと主張するのであれば、それはそれで構わないだろう。だが、男手が含まれない家族を優先して乗船させるべきであろう。

へきさんも言うように行政の不手際や対応の遅さ、前例と責任逃れを元にした硬直的な法律運用にて、人災面での被害が広がるのだけは避けねばならない。

震災以来、うっかり貼り付け忘れておりました。おかげでランキングがだだ下がりです。。。ポチよろしく_(._.)_どす↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment