スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融鎖国が本格化か!海外FX口座開設不可能に(FXCM)。。。

2011.01.20.Thu.20:11
マイタンブログによると海外FXで私が一押ししているFXCM UKの日本居住者受け入れが本日で終了するとのこと!

AVAFXも日本人海外居住者のみとなってしまった。。。

レバレッジ規制などがない自由な海外FXで口座開設して何が悪いのだろう。。。税金の申告をすれば構わないだろうと思うが。

まあお上側のくだらない理由はわんさか考えられるが、我々がやるべきことは一刻も早く口座開設可能な海外FXで口座開設するしかない。

下手すると海外FXへの口座開設が一切禁止。。。金玉庁が圧力をかけてすべての海外FX会社に無理やり自主規制を押しつけることになるだろう(実質的には自主規制とは言えまい・・)。

これまで金玉庁が海外の銀行へ行った圧力がそのまま適用されるとすると、全面禁止になる前に、

・日本語ウェブサイトを閉鎖させる
・日本人担当者を置かせない
・現地へ行かないと開設できない

このような事態(嫌がらせ)も考えられるだろう。

海外FXへの口座開設を無料にて日本語サポートしてくれるコチラのようなサイトがあるうちに、早急にできる限りの口座を開設しておくとよいだろう。

それにしても、私が今まで使い勝手が良かったFXCM UKとAVA FXがダメになったのは痛い、、、というかそれらの業者に口座開設していない人たちは勿体ないことをしたものだ。

缶政権になってからは、まだまだ大丈夫と安穏としていると、トンデモないことがドンドン決められてしまう世の中になった。

日本の金融鎖国は急加速するだろう。

お上やら金玉庁やらは勝手に鎖国しとけばいいのだが、鎖国と言うのは入るのを禁ずるだけでなく、出るのも禁ずるということだ。

海外銀行口座も海外証券口座も保険も年金もFXもファンドもあらゆる金融商品は日本のものしかダメですよ、というのが金融鎖国だ。

クルマやゲームやその他もろもろで海外製品やサービスを購入できるはずが、金融だけはなぜか海外はダメよと言う流れが急加速している。

。。。マネーを国内に滞留させて、いったい何をもくろんでいるのだろうか。


まずはお財布を海外に確保しよう!

加えて、崩壊は避けられないどころか、現状では実質的に税金と化している我が国の公的年金、そんなもので老後を保障しようと考えるのはナンセンスだ。

若い人は特に、海外にて自分年金をつくっておくべきだ。国に頼らずに自分のことは自分で賄う体制をつくっておくことが必要だ。

そんなことも金融鎖国化が完成したら不可能となる。。。

まずは香港在住のわんちゃいくんに訊いてみるのがいいだろう。

もし東京近郊にお住まいでしたら、海外投資に関する各種無料セミナーに参加することをお勧めします。

私はすでに日本非居住者であるし、海外にお財布その他を手当て済みなのであるが、このままみなさんが鎖国の鎖にがんじがらめになってしまうのを、同じ日本人として対岸の火事のように眺めている訳にはいかない!

まずは、超円高!今から日本ではじめる海外投資 / HSBC香港の活用方法 セミナに参加しておくことを強くお勧めする次第だ!

セミナーの醍醐味は、終了後にスタッフを捕まえていろいろ質問できることだ。セミナー終了時間後もほんの少しでもスケジュールを空けておくといいだろう。遠慮なく捕まえて質問攻めにしよう。

セミナースタッフ(マイタンファミリー)に関しては、マイタンファミリーずっぽし日記にて紹介されている。。。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。