in 未分類

タンク将軍の嘆き

-0 COMMENT
将軍が嘆いている。。。。

いよいよ 日本も終わりに近づいてまいりました

預金封鎖が現実味????

国債が売れなくなっら そんな事態も起こりえるでしょう

・・・・・

今年の予算でちょうど(前年度44兆円)

個人資産と国の赤字が一緒になります


(以上、将軍のブログから抜粋)


個人資産と国の赤字が一緒になった時点で、国が抜本的な借金チャラ政策を行うだろうというのが、タンク将軍の危惧であり、私の予想でもありました。

預金封鎖・・・借金を一気にチャラにできます。

財産税・・・個人資産1400兆円に4%の財産税を掛ければ、とりあえず赤字国債を発行せずとも予算を組めるでしょう。が、、、2,30年後には財産税で国民資産はすべてなくなってしまうでしょう。

消費税大増税・・・5%の消費税収で10兆円とすれば、あと20%消費税を上げれば赤字国債発行なしで予算が組めます。家賃の消費税を掛ける等々、税率を上げなくとも対象先を広げれば税収UPもはかれます。ただ、日本国内の中小零細企業はほとんど壊滅すると思われますし、外資もみな撤退するでしょう。

本来でしたら税収が減る以上、赤字が増える以上、税金の使い道を減らすのが当たり前。

景気が悪化したら減税して景気刺激策を行うのが当たり前。

現行の我が国はすべて逆を行っています。まさに亡国内閣、、、更に悪いことに缶総理は解散しない、総理辞めないと宣言していますので、次の選挙まで日本は保っていられるかわかりません。

とにかく、国家破綻が起きますとIMFが乗り込んで来てネバダレポートを実践する可能性がありますので、官僚は何が何でも破綻は避けると思います。

実がそれが日本の一番の悲劇でもあります。

これだけ強固になってしまった官僚、公務員利権は外圧でしか変わらないでしょうから、とっとと破綻してIMF管理に入るのもひとつの手です。韓国もそうでした。通貨危機でIMF管理下に入ったことでかなりの改革が行われました。

もうひとつの手は預金封鎖です。一旦借金をチャラにしてゼロから出直すのもアリです。しかしこのためには、国を滅ぼす既得権益層の消滅、官僚国家主義制度が崩壊、国民主権、三権分立、優れた資質の人間が政治家になっているなどいろんな前提条件が必要です。

現状のままで借金をチャラにしても、またすぐに借金を作るのは目に見えています。国民資産がゼロの状態でも既得権益層のために容赦なく借金を積み重ねるでしょう。


赤字ばかり強調するな!!国には資産もあるし、対外債権もたくさんあるじゃないか、ネットでは黒字国ではないか!!

という議論もあります。確かにその通りです。

しかし、財務省自体が国の資産を資産としてカウントしないグロスの赤字額のみを強調している事実、それは国の資産と国の赤字を相殺しないという意思表示で有るわけです。

ですから上記の預金封鎖以下の方策がとられるだろうと推測できます。国の資産といってもその多くは独法等の天下り先であり、それらはなにがなんでも手放さないでしょうし、かつ黒字を生む収益企業どころか赤字を生むだけの法人も多く(ほとんど??)ありますので、資産とカウントして良いのかどうか。。。

埋蔵金も指摘されていますが、埋蔵金と国の借金を相殺することなど官僚が行うはずもなく、おそらくは他国に貢がされて終わる可能性もあるでしょう。

対外債権??馬鹿を言ってはいけません。多くを占める米国債は決して売却できず、償還金も利金も借り換えが原則、いづれはチャラにされる可能性も高いでしょう。

その他の債権も同じ。対外債務を完済した国家は私がしるところドイツと日本のみだと思います。ご存じの通りドイツはつい最近まで第一次大戦の賠償金を返済しておりました。日本は明治維新のときの外国からの借財も律儀に返済しました。

まあそんなことは良いとして、対外債務をきちんと払わさせる担保は自国の軍事力以外にないというのは国際的な常識ですから、さて我が国はその点どうでしょう??


なんか愚痴になってしまいました。。。


まずは預貯金の半分でもいい、いや1/3でもいいから海外のお財布に避難させておくべきであろう。

上記のような恐ろしい事態が起きたら本当に海外のお財布は身を助ける。起きなくとも一国の通貨ですべての資産を保有するのはリスクが高い。

ただお財布を持つよりも増やしておくのがいいだろう。

まずは無料セミナーに参加して、海外投資の基本と悪徳業者に騙されないノウハウを手にしよう!

海外の信用力のある便利なお財布=HSBCの口座開設について知りたいならば、HSBCお助け支店のサイトを見てみよう!

無料かつ日本語で口座開設できるノウハウが満載だ!!

もし日本で不動産投資をするなら財産税や消費税の負担に打ち勝つような仕入れ値で購入するしかありません。

ですから不動産屋で不動産を購入したらいけないのです。さらに仕入れた後も利回りが下がらない方策を行わないといけません。

それらのノウハウを一気に取得する手があります。

タンク将軍リサイタル第一部第二部合同<ぶっ通し6時間マラソンセミナー>で知識とやる気のタンクを満タンにすることです。  

知識のタンクが満タンになれば、お金のタンクも満タンになります。そうなると股間のタンクも満タンになる。。。当然愛人が必要となります!

リサイタル終了後のアンコール劇場では、な・・なんと、愛人八策の講義が行われるとの噂もある!!

一石二鳥どころか一石五鳥にも匹敵するセミナーだ!

1月22日に銀座にて行われる。このセミナーが済むと将軍は黄門様となってしばらくは全国行脚の旅に出てしまう。

東京近郊の人は今がチャンスだ!

かしこい不動産投資→愛人ゲット→生中だし→少数化解決!の日本回復スパイラルを行いましょう!!

生中出だしと言えば、スパン王子の近況をお話しせずばなるまい。。

マイタン日記には王子のハルク睾丸の映像が掲載された、、、スパン性病の恐ろしさが身にしみる。。

$funiccoのブログ

とある筋によるとスパン性病の副作用として、完治後も睾丸が巨大化したままの可能性があるとのこと。

巨大な睾丸でも構わない、かつ病後の初スパンに立候補したい女史は是非こちらにコメントを。。。

将軍からもコメントをいただいた!

$funiccoのブログ

最近はスパン性病王子に主役の座を奪われ影の薄いゴチ幾三が、無理矢理コメントを載せろと強訴してきた。。。

$funiccoのブログ

やはりたかりゴチも経済状況の良い香港ならではの技だったのだろう。。。。

とりあえず、ゴチ幾三にゴチする気がある御仁はこちらにてお申し入れを願います。。。

ただし幾三を甘やかせると世の中を嘗めますので、B級、C級グルメでのゴチをお願いします。

(↓は香港にて絶頂期のゴチ幾三)
$funiccoのブログ
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment