in 投資等

初IPO割当キター!/自分で海外ファンドを探す(HSBC)

-1 COMMENT
初IPO銘柄の割当が決定した。

好孩子国際(グッドベイビーインターナショナル 1086)が1000株・・・だ。

20000株申込したのだが。。。何事もやってみないとわからない。

買付価格は4.90HKDだ、、、本日のマーケットでは5HKD半ばだ。

金額が少ないので初IPO記念銘柄としてずっとホールドしようと思う。

フィリップ証券香港の口座開設についてはとりあえず、わんちゃいくんに尋ねてみよう。

わんちゃいくんに聞けば二つとも無料で口座開設できるだろう!

私がフィリップ証券の口座開設にチャレンジしたときの顛末記も参考になれば幸いである。

もしあなたが男性ならフィリップ証券の日本人担当者Sくんを指名するといいだろう。口座開設後に夜景の素晴らしいロマンチックなBARにご案内してくれるはずだ(イケメン男子限定)!!!

$funiccoのブログ

もしあなたが女性であっても落胆することはない。

香港の素敵なBARで夜景を楽しむ方法がもう一つある。

あなたが若くて見目麗しい女性ならジョン万次郎(日本語ペラペラ)のいるオーシャンセンター支店で口座開設すればいいだろう。

$funiccoのブログ

日本からは、【ジョン万次郎モシモシダイヤル】 03-4578-9704 にて万次郎の予定を確かめてから香港へ行こう。

(モシモシダイヤルに電話したついでにHSBC口座無料開設キットもゲットしておくといいだろう。)

お泊りセットを持参して臨んだSネル女子のように、口座開設後万次郎に『夜景→ずっぽし』コースを断られる可能性がある。

断られた女性から私funiccoに苦情が来たらマズイなあ、、、と悩んでいるとニューハーフKくんがひと肌脱いでくれるとのこと!

$funiccoのブログ

や、やはりそう来たか。。。。とんでもなく高いBARに(ゴチで)ご案内(=たかり)される可能性がある。。。

この場合の苦情、賠償はお受けしておりません、、、のでお財布には300HKDのみ入れて向かうといいだろう。


・・・このまま終わりそうになってしまった、危ない危ない。。


さて本題に移ろう。自分でファンドを探す方法だ。

HSBCのサイトからリサーチするのもいいだろう。

一例を画像で紹介しよう。

先ずはHSBC香港のトップページからだ。

Investmentタブ > サイドメニューのUnit Trustsをクリック!

$funiccoのブログ

すると画面に赤地でFund Expressというボタンが出現する、それをクリック!

$funiccoのブログ

Quick Search というタブ画面に変わる。

ためしに MAN AHL と検索スペースに入力して、Search を押そう!

$funiccoのブログ

昨日のブログでご案内したMAN AHLファンドに関する画面が出てきた!

$funiccoのブログ

あとは昨日のブログでご紹介しましたが、F(Fact sheet)をクリックすると、ファンドの月次報告書が出てくるので、そちらを見ると直近の運用状況がわかる。

ファンド名も運用会社もよくわからないというのであれば、Advanced Search がいいだろう。

Investments > Unit Trusts > Fund Express > Advanced Searchを順にクリックする。

Fund Category で Asia Pacific Equity を選んでみると・・・

$funiccoのブログ

だだーっと一覧が出てくる。時価総額やパフォーマンスでセレクトするといいだろう。

$funiccoのブログ

試しに一番上にあるファンドを見てみよう。

ファンド名[VALUE PARTNERS CLASSIC FAND]をクリックすると下記のようなファンド概要が出てくる。ファンド欄に☆やら!やらのアイコンがあるが、☆:Funds of the Quarter, !:Bestsellers という意味だ。

HSBCが推薦しており、かつ売れているファンドということだな!!

$funiccoのブログ

もちろん直近の運用状況については「F」をクリックすればFact sheetを閲覧できる。ちなみにFund Detailを見ると購入に関する記述がある。(画面では切っちゃってますので昨日ブログ参照を!)

Minimum : US$1,000
Subscription fee : Up to 5% of the issue price
Management fee : 1.25% per annum (B units and C units)
Performance fee* : 15% of profit (high-on-high principle)

(以上まででわからないことがあれば、HSBCお助け支店で質問すればきっと丁寧に答えてくれるだろう!)

「P」:Prospectus(目論見書)をクリックすると、このファンドおよびVALUE PARTNERSという運用会社の概要がかなり詳しくわかる。(ボリュームは66ページ。もちろん英文である・・・)

この会社の本拠はBritish Virgin Islandsにあるが実質的なファンド運用は香港にて行っている。

Chief Investment OfficerのCheah Cheng Hyeさんは、2003年度の”Asset Benchmark Survey“においてMost Astute Investor”に選ばれた偉いお人である。。。。

いろんな経歴が書いてあるが、the Asian Wall Street Journalの記者をやっていたこともある。

Ho Man Keiさん, CFA会員 は投資プロセスとポートフォリオマネージメントの責任者で、香港大学でソシアルサイエンスを学んだ。

など個人名と経歴が克明に描かれている。責任をもって運用し、良いパフォーマンスを上げないと会社をクビになるどころか、どこからもファンドマネージャーとして雇ってもらえなくなるだろう。

(この厳しさでは日本のサラリーマン的ファンドマネージャーでは太刀打ちできないだろう。。。。)

いちいちデータを見るのが面倒なら下記のようなリスクリターンのグラフからファンドを探すこともできる。

$funiccoのブログ

ちなみに一番右にある(一番優秀な)ファンドはVarue Partners社のHigh-Dividend Stocks Fundというやつだった。カテゴリーはAsia Pacific Equitだ。

いちいち検索して探すのは面倒くさいぞ!とにかく一番儲かってるファンドを教えろや!

というのなら、タブのTop Performersを選ぶといい。

$funiccoのブログ

1yearリターン(YTDを年利換算)で降順ソートされてでてくる。もちろん様々なソートが可能だ。

一番上のファンドはJF PHILLIPINE ファンドだ。

今年から初めて10/31現在で年利換算85%であり、YTD(年初来)では78%のパフォーマンスだ。

2009年のみで見るとFIDELITY FUNDS - INDONESIA FUND というのが124%だ。

2008年が52%のマイナスなので、100%以上のパフォーマンスでないと2008年の損から回復していないことになるから注意が必要だ。

このファンドは回復どころかかなりのオーバーパフォーマンスだ。凄いファンドだ。

じゃあ実際にインドネシアの株式ってどうだったんだろうか?インデックスと比較しないとファンドが優秀なのかはわからない。

Fact sheetを見ると以下の通り。

Year Fund Index
2005 5.2% 9.7%
2006 65.2% 69.9%
2007 40.8% 45.6%
2008 -52.6% -57.5%
2009 123.0% 116.9%

常にインデックスよりもリターンは大きく、下げるときはインデックスよりも下がらない良いファンドです。

明日はもうちょっとマニアックなファンド探し方法などをお知らせしよう。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

1 Comments

ニューハーフ小林  

1 ■画面キャプチャ

prt scでできるはずw

2010/11/29 (Mon) 10:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment