FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 本発

デブスに亜名流つん!でテンション下がったの巻

-- COMMENT
夕刻。

そろそろ苦界で生きざるを得ない天使たち(バイタ)が起床する頃。

まったく止む気配なく降り続く雨で道はプチ洪水。

夜のハンティングに向かうため、心身のメンテに勤しんでいた虎たちには絶望的な状況である。

ド○んの遺伝子には未だに 雨 = 休養!という行動パターンがインプットされている。


雨音と雷をBGMに、麺との起きがけスパンを堪能しているだろう。

当然ながら出勤意欲ゼロ。

なかでも収入に余裕があり仕事をサボれる1軍嬢の出勤率は著しく低下するはずだ。



期待薄のまま出陣準備をし本発に向かうも、テンションが上がらない。。。

往生壱をチラ見。

イープン勢で店内満タン気味なるも嬢の出勤は少ない。

先に往生弐に入場することにした。

LSDが居ないのでバタフライチャンスであるが、、壱同様めぼしい1軍嬢はいない。


地蔵となりコーラをちびちびと舐めていると、BBAが昨日入店したという嬢を連れてきた。

デブスだが二歳ディーの予感。

暇つぶしに単文ゴチすることにした。


まずは狼藉耐性チェック。


生乳籾、B地区鑑賞、陰毛さわさわを繰り出すもなすがまま。


亜名流つん!を繰り出す.


大抵は腰を浮かせ逃げたり、亜名流に到達させまいと尻をずらしたりの懸命なる抵抗をするのだが、この嬢はなすがままにて尻穴にジャストミート!

ジャストミート



しばらくつん!を楽しむ。



指先の湿り気に一抹の不安をおぼえつつ、指の臭いを嗅いでみた。。。

無題



若奈落であれば萠えるが、デブスだと著しくテンションが下がるのみ。

狼藉終了を見て取った嬢は、カルアミルクの如きLDを飲み干しオカワリを所望。

デブスには許されざる所業である。

しかも亜名流激臭である。


すかさずチェック便!


当然のようにプッチを要求された。


デブスに与えるプッチはない!


と(心の中で)言い置き、コーラ代100Bぴったしを置いてトイレに行き指を念入りに洗浄し、そそくさと退出したのであった。



るり
関連記事
スポンサーサイト
  • Share
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。