スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPO第二弾/スパン王子も無料フェラゲット!

2010.11.17.Wed.19:43
フィリップ証券香港のOくんにIPOの話を聞いてきた。

忙しいところを無理言って1時間ほど時間を取ってもらったのだ。

ビルについたが階数を忘れてしまい、エレベーター前の入居会社一覧のパネルを見たが載っていない。。。

やばい、引っ越しか!いや、そんな訳はないだろう!!!

アポの時間が迫っている。

とりあえずフィリップ香港に電話してみると、確かにビル内に存在している。階を教えてもらい、とりあず向かった。

Oくんは相変わらずさわやか青年だった。

案内板に社名がなかったと言うと、そんなはずはないとのこと。

でも、Fのところを何度も見たがなかったと話すと、

「Phillipですから、Pですね。」


いかん!!かなり英語力がバカになっている。。。。


先日の初IPOでは100,000HKD資金見合いの20000株の申し込みをしたのだが、どれだけ割り当てがくるかは申し込み株数による。

10%割り当てで2000株、株価は3~4HKDだから、実質6,7万HKD分の株式である。20%上昇して売ったとしてもマカオずっぽし一回分に足りるかどうかという程度だ。

Oくんに愚痴をこぼすと、

「10%も割り当てがくるかどうかはわかりません、すぐに倍率が何十倍にもなりますし、人気銘柄だと100倍を超えますから」

そうなると相当サバを読んで申し込みしないといけないぞ。現金が豊富な人でないと儲からないぞ!

「マージンを使うことができます。香港人はみなマージン枠をつかって、キャッシュポジションの何倍もの金額で申し込みいれてますよ!」

なに!そんな便利なしくみがあったのか?

「各証券会社にマージン枠がありまして、その枠がなくなると現金分でしか申し込みできません。枠はすぐに埋まっちゃいます。」

うーーむ、知らないことがいっぱいあった。

ちなみに複数の証券会社で申し込みするのはダメらしい。1銘柄一人一回だけとのこと。

「香港では日本と違って恣意的な操作は行われず、正当に公平に割り当てが行われます。その代り不正な申し込みがないかいろいろチェックされます。」

さっそくIPOご案内メールが来ていたので、購入することにした。

中国現代牧業(チャイナ・モダン・デイリー 1117)
公募価格: HK$2.89-3.69/株

とりあえずマージン枠を利用して100,000株を申し込んだ。

近代経営を取り入れた牛の生乳生産業だ。売上高も利益も倍々の勢いで伸びている。

しかし予想PER: 62.42 - 79.70倍と割高感がなきにしもあらず。

さて、Oくんに適当な海外ファンドを教えてくれと言ったら、面白いのを2,3紹介してくれた。

ファンドに関しては明日マカオから書きます。

マカオでは18日~21日までマカオGPが開催される。

別にレースなどどうでもいいが、話のネタに一生に一度だけでも体験しておこうと思いました。

マカオと言えば、、、、

スパン王子が先週末の顧客接待で東方サウナにいったところ、すでに無料フェラは復活し、なんと大風呂前でのショータイムに遭遇したとか。

風呂につかりながらの潜望鏡フェラを楽しんできたらしい。

しかも初の東方にして、大風呂前と待機室での二度の無料フェラをチャッカリと体験してきたそうだ。。。

$funiccoのブログ

このことをカール・ゴッチことニューハーフKくんに話してみた。

「フン。フェラされても抜かないなら何の意味もないですね!」とのこと。

しかも現在気合いでフェラ時間15秒で発射できるところまで修行したらしい。

「じゃあ、そろそろ東方に突撃するの?」と聞くと、

$funiccoのブログ

石橋は叩いて渡る主義らしい。


ちょっと、違うような気もするが、、、やはり、、、


困った若者である。


この話の発端はコチラをご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。