スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融庁からの命令違反でしょ!アブラハムさん。。。

2013.11.21.Thu.02:46
詳細はマイタンブログを見ていただきたいのだが(→コチラ)、

無登録保険商品ハンサードを契約している顧客に郵送されはじめたレターに、明らかに金融庁による6ヶ月の業務停止命令に背く内容が書かれている。

内容抜粋

お客様の投資顧問の取引相手であるアブラハム・プライベート・バンク(APB)が先日、日本の金融庁により、新規お客様の引受を6ヶ月間にわたって停止されたことが弊社に通知されましたが、同社はその既存顧客に対しては、サービスの提供を継続することができます。


アブラハムプライベートバンクが金融庁に許可された業務は、顧客に対する解約業務だけである。

以下のように金融庁は通達しているのである。

(1)業務停止命令
  金融商品取引業の全ての業務を平成25年10月11日から平成26年4月10日まで停止すること(ただし、顧客との投資顧問契約の解約業務を除く。)。



アブラハムはハンサードと最初からグルだったのか?

そのうえで(莫大な販売キックバックを得るために)顧客にはハンサードを誘導して販売していたのか?

ハンサードを契約させるために『著しく事実に相違する表示又は著しく人を誤認させるような表示のある広告をする行為』を行っていたのか?(←金融庁による処分理由の一つ)

6ヶ月の業務停止命令はそれほど軽くはないのだ! →コチラ

金融庁も舐められたものである。

このままでは金玉庁と言われるぞ!

とりあえず、このままぼんやりしていると毎月毎月チャリンチャリンとクレジットカード手数料とアブラハムへの助言料を支払い続けねばならない。

とっとと助言契約を解除し、これまでの助言料の返還を求めるべきだ。

実体は助言なんぞでなくハンサードの販売という違法行為であったのだ。返還は当然だろう。

更には契約直前の状態に戻して(=海外ファンドの解約)、生じた損害(初期手数料全損等)をアブラハム社に賠償請求するしかないだろう。(詳しくは→コチラ

まあこの会社の油っこさを再確認するに良いブログも発見した。是非読んでみると良いだろう。 

いつかはゆかし利用者に救いはあるか

この際、すべて解約して油を洗い流す方が良いだろう。


この会社は社名を変える前、アブラハムインベストメントという頃には以下のような阿漕な私募ファンドの販売と運用にも手を染めていた。

コチラ1 コチラ2

金融庁からは 4) 金融商品取引業務(投資助言業務)を適切に行うための経営管理態勢、業務運営態勢及び法令等遵守態勢を整備すること。

との命令が出されているが、過去の経緯を見る限り、油っこさの元凶ともいうべきT社長が居座る限りは、また同じことを繰り返すのであろう。。。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。