スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金官僚から逃がせ隠せ個人資産 / 副島 隆彦

2013.10.31.Thu.20:48
税金官僚から逃がせ隠せ個人資産というタイトルの本が発売された。

香港マイタン日記でも紹介されており、早速日本から取り寄せて購読した。

今からだと遅いかもしれないが、自分が汗水たらして働き、血と涙で貯めた資産をNenguとして貢取られたくない御仁は是非読むべきであろう。

武富士裁判が最高裁で勝った裏話的理由(たぶん真実)や、末端の徴税人どもに分け与える利権がなくなり、反乱が始まっている現状なども書かれており、非常に興味深い本である。

まえがきから一部を要約しつつ抜粋してみよう。

(引用はじめ)

・日本の小金持ちを守るために書かれた本である。税金官僚たちが狙っているのは金持ち層の金融資産だ。

・日本は借金まみれの貧乏国になり税収がたりない。1000万人いる自分たち公務員(国・地方の600万人、準公務員400万人 に家族を足した2000万人)の食い扶持が必要だ。

・もはや金持ち層、富裕層の資産以外には狙うものがなくなってしまった。それに対抗して富裕層は金持ち難民となって国外脱出しつつある。

・少なくとも手持ちの金融資産はすべて奪い取られる。その準備は出来上がった。

・すでにアメリカでは実行されており、当然ながら属国日本でも同じことをやれと命令されている。

(引用終わり)

なにも知らないまま清く正しく美しく生きて行きたいと願う善良なる御仁は読む必要はない。お上も百姓を進んで殺しはしない。年貢を納める程度には生かしてくれるだろう。

税金に関してすっかり洗脳されている御仁には受け入れがたく、燃やしてしまいたくなるだろうが、それゆえに真実を表している本であると思う。

沈黙は金!お上には何も言うな!何も書くな!札束を体に巻きつけて香港HSBCで口座開設だ!

■HSBCに関してはHSBCお助け支店ブログを見れば詳細がわかる ⇒コチラ

■HSBC香港の口座を簡単・無料で開設!したいなら「HSBC香港ラクラク口座開設キット」 ⇒コチラ

■HSBC香港で口座開設したが使い方がわからない方は「HSBC香港活用マニュアルセット」 ⇒コチラ

■HSBC香港口座開設の様子を写真で紹介 ⇒コチラ

※悪徳業者に大金を支払って口座開設することなかれ、簡単に口座開設はできる。

※3万円程度でOKと言われたが、支店で待ち合わせた途端に数万円の追加料金を請求される例もある。

★悪徳業者の実態は ⇒コチラ



むちゃくちゃ税金が安く、消費税もゼロの香港政府は、景気を上昇させるために様々な還付や減税措置を行った。⇒コチラ

それに比べてどっかの国は、無駄に遣いまくっている予算を減らさず、不景気で税収が減ると国家財政が赤字だ!大変だ~と喚いて増税する。

どっちの国住むのが良いのだろうか。。。

出国税に関しては過去記事 ⇒出るときにごっそり獲られるかも。。。も参照いただきたい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
久しぶりに副島氏の著作を読みました。
出国税はあのような形で、国税のHPにのっている以上、遅かれ早かれ制定されるのでしょう。

本書では触れられていませんでしたが、自分はTPP(におそらく埋め込まれるISD条項)こそが日本の属国化にトドメをさす一撃になると危惧しています。




Re: タイトルなし
> 久しぶりに副島氏の著作を読みました。
> 出国税はあのような形で、国税のHPにのっている以上、遅かれ早かれ制定されるのでしょう。
>
> 本書では触れられていませんでしたが、自分はTPP(におそらく埋め込まれるISD条項)こそが日本の属国化にトドメをさす一撃になると危惧しています。

出国税は2,3年後だと推測しています。ちなみに消費税も、国民総背番号もHPに乗ってから約5年程度で実施されたと思います。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。