スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕刊フジがアブラハムの虚像を暴く!/油っこいプレスリリース改ざん!

2013.10.18.Fri.00:05
夕刊フジに無登録業者アブラハム連載記事が掲載されている。

連続シリーズだ!「オレンジ色の憎い奴」からは目が離せない!!

プロのジャーナリストが新聞に掲載する記事という点、これは非常に重要なことであろう。

虚像が暴かれ、一般の人の目に触れ、これ以上悪徳業者の被害が増えないことを願っている。

以下に第一弾、第二弾を掲載する。

ぜひご覧いただきたい(画像クリックで拡大)。

(第一弾)
アブラハム1

(第二弾)
アブラハム2


油っこいT岡社長は、ヤクザに金を渡して香港のネ申さまと山本一郎氏を殺すなどと、ぶっそうなことを社内でわめきたてているそうだ。

先陣を切り、表だって正々堂々と悪徳業者たるアブラハムを攻撃した香港のネ申さま

そして、アブラハムプライベートバンク処分の大金星につながる一連の記事を書いた山本一郎氏、

自らのしでかした悪行を顧みずに正義の味方を逆恨みするとは。。。

金融庁の認定した法令違反の事実を油っこいT社長がどう考えているのか、

全業務停止6ヵ月の命令を受けたアブラハムPB・高岡壮一郎社長を直撃!との内容で、ジャーナりリストの伊藤博敏氏がインタビューしている。

まあインタビューを見てどう思うかは読者の判断に任せたい。。。

それ以上に罪深いことが行われていた!

金融庁の行政処分の内容を改ざんし、会員に対し誤認を誘導するかのようなプレスリリースがアブラハムからなされたことが、

吊られた男の投資ブログの2013年10月11日付記事にて糾弾されていた。

それらは様々なブロガーやジャーナリストにより指摘され炎上、それを受けたアブラハムはなんと、

自らのプレスリリースの改竄で対応していたと同ブログ2013年10月16日付記事で指摘されている。

金融庁の処分を受けて発表されたプレスリリースを、何の断りも注記もなく、知らぬ間に改ざんして掲載している。しかも最初のリリース発表日たる平成25年10月3日付のままである。

会員他不特定多数向けのプレスリリースを勝手に間に改ざんして知らんぷり!

物凄い会社である。。。

アブラハムのリリースや社長のブログは、必ず魚拓を取っておこう!というのは周知の事実であるが、それを知らずして改ざんするのはアホとしか言いようがない。もはやプレスリリースの改ざんは不可能だろう。いや、、やるかもしれない。。。

そもそもこの会社はプレスリリースで堂々と事実無根なことを発表し、デマをまき散らしている。

タイで詐欺にあった疑惑の私募債「MA投資ファンド」に関する被害者の会のサイトに当てた、

◆事実無根の「アブラハムプライベートバンク被害者の会」にご注意ください。


および

◆「いつかは ゆかし」に対する一部ブロガーによる悪質なデマに対して、被害届の提出を検討

とのプレスリリースもお読みいただきたい。

この会社の姿勢が良くわかるはずだ。

アブラハムの名誉棄損裁判の真実に関しては、マイタン日記およびタンク将軍ブログで詳しく述べられている。

タイで詐欺にあった疑惑の私募債「MA投資ファンド」に関しては拙ブログの過去記事も参照いただけるとありがたい。

さてアブラハムが処分される原因となった「いつかはゆかし」たる商品に申し込んでしまった読者の方はおられるだろうか。

手をこまねいて放置していると、アブラハムへ毎年1%の助言報酬を支払わねばならず、毎月クレジットカード自動積立が行われ、クレジットカード手数料が2%が引き落とされる。(これについても徹底究明が必要だ)

更には手数料まみれといわれるハンサードのアスパイアへの運用報酬もバカにならない(ちなみにファンドの管理料からもアブラハムへキックバックが支払われている)。

こうなったら一刻も早く解約し、集団訴訟で取り戻すのも一つの手段であろう。

アブラハム「いつかはゆかし」等相談掲示板

主水

ちなみにもうひとつ糾弾したい油っこい事例がある。これさえなくば油っこい被害者も減らすことができた。

長くなるので次回に記載したい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。