in 未分類

火星人を食う

-0 COMMENT
マカオフェリーに近いので香港にいるときは上環で宿を取ることが多い。

香港上環のメトロの駅をさらに西へ行くと、干物乾物街が広がる。メトロが通ってないので昔ながらの路面電車が走っている。ホテルフロントでもらえる観光地図からも切れてしまっている地域だ。

そのせいかまだ昔の香港の面影が随所に残っている。15年ほど前に初めて香港に来た頃散策した路を発見。まわりはものすごく開発が進んでしまっている。

あの頃はまだ返還前、啓徳空港の頃だ。その後の香港の躍進はすさまじい。それに比べて日本は失われた20年を継続、更なる低迷に向かおうとしている。

まだまだカネがあったにも関わらず、無駄な地方空港をつくりまくった。香港、シンガポール、タイなどは国家の威信を賭けたプロジェクトとして新しいデカイ国際空港を作った。

国際空港は辺鄙な成田で、バスで新宿まで3000円1時間半。タクシーだと(2度使うハメになったが)高速も含めて27000円かかった。

世界でも希なタクシーが使えない空港だろう。海外からの旅行者には不便この上ない。(既得権益の人達は税金でハイヤーを使うのだろうから関係ないのかもしれない。)

その頃勤めていた会社では香港駐在員事務所やシンガポール事務所行きは島流れのようなイメージであった。その頃の若手社員の間でも海外希望者はNYやロンドンに集中していた。

今は香港やシンガポールが一番人気なのではなかろうか。駐在員どころか移住先として考える人も増えている。あの頃は日本以外に移住するなど、そんなアホなことはしないだろうと考えていた。

ついつい追憶に浸ってしまった。テーマに戻ろう。



$funiccoのブログ

$funiccoのブログ

$funiccoのブログ

以上102HKDなり。ちなみにほとんどの値段を占めるのは貝柱に他ならない。

関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment