スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつかはゆかし」のアブラっこいビジネスモデルを考察!

2013.12.31.Tue.13:20
今年はアブラハムプライベートバンクの悪徳ぶりを金融庁が行政処分し、懲らしめてくれた。

懲らしめたというより、廃業せよ!に等しい法令内の最大罰である「六ヶ月間の業務停止命令」が下されたのである。

金融庁によるプレスリリースは ⇒コチラ

しかしこの油っこい会社はまったく懲りていない。

処分の理由となった「誇大広告」「虚偽表記」そして「特定顧客への損失補填」あまつさえ「脱税」と受け取られかねない行動をおこなっていたこと、、、、これらには知らんぷりしてのまさに「事実誤認」させるようなプレスリリースを出している。

アブラハムのプレスリリース ⇒コチラ

ぜひ金融庁のリリースと比べて読んでみてほしい。

しかし驚いたことに、実際の顧客に充てた手紙もまったく反省が見られない。プレスリリースよりも酷い。アブラこてこてだ!

⇒大阪!加トちゃんのブログ!!!

業務停止中とあってはさすがに訴訟やら刑事告訴やらで会員やブロガーを脅すこともままならず、今ではいろんな事実がネットを中心に出てきている。

アブラハム被害者の会 公式サイト中の、

『「いつかはゆかし」のビジネスモデルを考察』との記事を見てほしい。

実際の会員しか書けない生生しさが溢れている。

アブラハムの油っこさ全盛期であれば、悪徳弁護士を使い「事実無根のデマ」「業務妨害」「刑事告訴」等々で葬られていただろう。

しかし「事実無根のデマ」とアブラハムが主張していたことのほぼ100%が「完全なる事実」と判明した。。。

「日本人の金融リテラシーをグローバルスタンダードに近づけることで、将来不安を抱えるすべての人を安心へと導く」企業理念のはずが、

「将来不安を抱えて入会してきたすべての人をさらなる不安へと導く」結果となった。

※引用ブログ(貯金生活。投資生活。) ⇒コチラ

読者の皆さんにも悪徳ども特有の思考回路、行動様式を学び、二度と騙されないようにしてほしいものだ。


以下に『「いつかはゆかし」のビジネスモデルを考察』の全文を載せておく。自分が騙されやすいと思う御仁は、なんども読み返すべきである。

(転載はじめ)

「いつかはゆかし」のビジネスモデルについて、アブラハム側の立場になって考察してみます。

高額の報酬がもらえるハンサードを売りたい。

→ ハンサードを売るには、第二種金融商品取引業の登録が必要。

→ しかし、社内にリスク管理やコンプライアンスの知識・経験を有する人材がいない。

→ より簡単に登録ができる投資助言・代理業を取得し、顧客が直接ハンサードと契約する形にする。

→ ところが、ハンサードから直接報酬を受け取ってしまうと、販売とみなされて違法になってしまう。

→ 海外にSTIというペーパーカンパニーを作り、それを隠れみのに報酬を受け取ることにする。

→ 仕組みは整ったが、手数料やリスクが高い割に、運用成績は国内の投資信託と変わらないハンサードはそのままでは売れない。

ネット上に大量のステマサイトを作り、「アブラハムだけが合法な助言会社。その他有象無象は違法」と誘導

国民の年金不安を利用し、海外投資の必要性を訴える。また、国内の投資信託よりも海外ファンドの方が成績が良いと誤認させる。

また、顧客がハンサードの仕組みを詳しく知ってしまうと契約しなくなるので、DVDであいまいな説明だけして契約させる。

ハンサードの資料は契約書が出てから配布。しかも英語版。一部のリスクの説明は電話でさらっと触れるだけにする。

→ 顧客に契約させてしまえばこっちのもの。

顧客が「誇大広告」と文句を言ってきても「年利10%なんてあり得ないのは投資の常識」

「説明不足」と文句を言ってきたら「直接契約だから確認もせずに投資するのはあり得ない」

「中立の助言だと嘘を付いた」と文句を言ってきたら「報酬をもらっても顧客の投資には影響しない」で押し切る。

→ 満期以内に解約すると開始から2年分の積立金が返ってこないので、顧客は商品に不満があっても簡単には解約できない。

解約されなければ被害は発生しないので顧客に訴えられることもない。被害がないとみなされるので、公的機関も警察も弁護士も相手にしない。

→ こうして顧客は泣き寝入り。

ということで、特許を申請するだけあって、巧妙で悪質極まりないモデルですね。

私達が勉強不足だったのは分かりましたから、誰か仇を取ってください…(;_;)

(転載おわり)


忘れっぽい日本人ゆえに再び同じような被害に会うこともあるだろう。

あえて大晦日の記事としてこれらを載せておきたい。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。