香港マイタン会合/ハンサードには気を付けるべし!

2012.11.24.Sat.21:12
日本料理屋でスパン王子、ネ申さまと会合を持った。

今年のボジョレーヌーボーはすごい出来だということで、日本料理とワインを味わうことにした。

店員がボジョレーヌーボーって何?という感じで、奥の段ボールから出してきたワインだが、むちゃくちゃ旨い!

今年が当たり年というのは本当だった。

あっという間にボトル2本が空に。

IMAG0815.jpg

最後は鍋で締めることにした。

特上の牛肉だ!

IMAG0814.jpg

すぐに溶けてしまう。

溶けると言っても、皿の上で溶けてしまう。さっさと食べないといけない!!!

絶品だ!

とはいってもただ食っただけではない。悪徳業者を懲らしめ、投資家を守るための会合である。

主水

こちらでも詳しく書いたのだが、

海外で契約すべき海外積み立てファンドを日本で契約していたフレンズプロビデントのCRという商品が、違法認定され国内で販売できなくなった。

本来は保険商品である海外積み立て(ファンドラップ)を国内の保険業法に触れるということで、保険部分を除外した脱法商品だったのだ。

販売できなくなるのは当然だ。

変わって悪徳業者が見つけてきたのが、ハンサードである。

もちろん海外の投資商品であり、海外で契約すべきものだ。

これを国内販売しているようだ。国内当局の認可を得ている投資商品ではない。

そのようなものを国内で販売するのはどうか。

たとえば、書類を出せばだれでもなれる日本の投資助言業者と違い、厳密な資格である香港IFAが運用する海外ファンドであれば、日本と違い投資家保護の進んだ香港の当局の管理下にあり、香港の法律で保護される。

当然ながら香港にて、香港の非居住者として契約する必要がある。

海外では日本の金融関係の規制は及ばないのでまったく問題ない。国家主権としての当たり前の話である。(税制はまた別の話)

そもそも、国内の投資助言免許を持っているから安心とうたっている先が、不認可の商品の国内販売、代理を行っても良いのか。

商品が良ければいいだろう。ハンサードの手数料はバカ高いのだ。(くわしくはわんちゃいくんに聞いてみよう)

おまけに投資助言契約などを結ばされたら最後、何十年もの投資期間中、毎年チャリンチャリンと金を上納しないといけない。

そのあたりの仕組みについては、わんちゃいくんのブログを見ると良いだろう。

販売代理業者はハンサードからキックバックをもらっているはず。なのになんでまた余計な金を取るのか。

いろんな言い訳をされるでしょうが、毎年1%に満たない金額でも20年、30年ではどれほどになりますか?

海外ファンドそのものにも運用管理の手数料その他が毎年ひかれているのだ。


長期投資で儲けるコツは極力無駄な手数料は支払わないということだ!


20年、30年の期間である。ゴミも積もればなんとやらだ!

毎年10%の収益で何十年後に1億円!などと喧伝するマルチまがいの業者もあるが、


もしまったく儲けも損もない相場結果に終わったらどうか。


手数料分だけ実質の損となる。


1000万円の資産額から毎年1%取られたとする。

20年でどれほどのものになりますか?30年では?


年1%にも満たない安い報酬です!

と喧伝する先には近寄るべきではないだろう。



毎月数万円、数十年で1億年などと喧伝し、何百万も、何千万も投資させるのは過大広告には当たらないのか?

数百本推薦したうちの数本を取り上げて、こんなに良いファンドを選んでますなどというのもそうだ。

さらには高パフォーマンスのファンドの設定来利回りを挙げて、このファンドを推薦したとやる。そのファンドを推薦したとしても買い場、売り場次第だろう。

高値で買って安値で売ってるかもしれんぞ!!儲かるどころか損失計上だ!

まあ私の言うことが妥当かどうかは、消費者庁に聞いてみると良いだろう。


このハンサードだが、香港IFAが運用しておらず、もちろん香港当局の監視下にもない。

国内当局が認可している商品でもないので、何かが起きても財務省は知らんぷりであろう。


いったいどこが実際の運用指示を行っているのか、ちゃんとファンドのスイッチングは行われているのか、通常は無料のスイッチングに対し手数料など課されていないか、

はたまた国内投資顧問がスイッチング指示など行っていいたらかなりグレー過ぎる。

ちゃんと聞いてみるといいだろう。

ハンサードは安心問題なしといわれるかもしれないが、きちんと調べておくとよい。

もし助言業者が免許はく奪になったらどうしますか?

ハンサードに直接英語で交渉できますか?


守秘義務契約などを結ばされ、どこかに相談したらやばいですよ、と脅されることもあるだろう。

だが監督官庁への相談はそれらに抵触しない。

ぜひ相談してみよう。


証券監督第2課 048-600-1293 金融商品取引業者(第2種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業)等の監督

もしどこに相談したらいいのか不明、あるいは情報提供をするなら以下に電話してみよう。

○金融庁 金融サービス利用者相談室(平日 10:00~16:00)
電話(ナビダイヤル)0570-016811 (IP電話・PHSからは03-5251-6811)


ハンサードに関して良い商品かどうかは、香港在住のわんちゃいくんに聞いてみると良いだろう。もちろん無料のボランティアである。


最近は海外ファンドの救済などをビジネスにして年会費ら入会金を取る輩も出ているようである。

会費制だと何もしなくても(やってます等々言い訳するかもしれないが)チャリンチャリンと金を取られる可能性もあることに注意だ。

悪徳な奴らはすぐに会費制のチャリンチャリンのビジネスを立ち上げる。

ましてや、投資家に訴えられているような先がやっているならお笑いであろう。


ここで悪徳業者の見分け方をちょいと書いてみたい。

1.何でもかんでも会費制にする。
(楽して儲かる悪徳チャリンチャリンビジネスだ。)

2.無料商材やらなんやらでマスマーケティング、見境なく客を集める
(何百人の従業員がいるんですか、そんなんで多くの客を集めても本当にフォローできるんですか?)

3.守秘義務関係の書類をやたらと書かされる。
(運用面以外のやたらと広い範囲を守秘義務にしている先は要注意、相談も訴訟もできなくなるかも。)

4.すごいすごいは連発するが、やたらともったいぶり会員になることだけを強調する。後出しじゃんけん。
(海外ファンドラップに関してはカストディと運用会社を堂々と一般情報として明かして勧誘するのが筋であろう。できないのは疾しい点があるのか??)

5.自作自演サイトで誘導する。
(検索サイトもいろいろ対策が取られてます。1ページ目は信用できない。2ページ目くらいからまともな情報が出てくるかも!?

まあ投資家を食いつぶしている先ほどどんどん新規客を過剰に勧誘しないといけないのが世の常だ。その辺を念頭に置くと、ウェブでの勧誘や検索エンジンでの表示のされ方で大体わかります。

スパン王子は酒の勢いでマカオのダーリンへ向かった。。。

だがスパン王子の天敵は深酒である。無事にスパンできるのか!?

8fc6ce4bd

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

沙田競馬観戦2/結果!

2012.11.20.Tue.18:45
先回の続きである。


残念ながら大将軍は惨敗だった、、、が!!!

豪快なタンク将軍のおかげで助かった!

bb110994_20121120182516.jpg

30分に一度の割合でレースが進んでいく。

香港IFA会社MEGA社代表のジョセフ・チェン氏が絶対に勝つ!と太鼓判を押したレースが最終レースである。

ジョセフさんいわく、投資も競馬も一緒。まぐれやカンでなく、あらゆる情報を分析して馬を選ばないとダメだそうだ。

さていよいよ最終レースだ。

前日のマジックディナーショーでもジョセフさんは今日の最終レースの馬をイチオシしていた。

みなでジョセフさんの予想の馬に一点買いだ!!!


が、、、なんと4位。。。


単勝だけでなく、副賞にもかませて保険をかけていたが、4位では駄目である。。。


ジョセフさんいわく、『投資も競馬も予想外の事態が起こる!それを皆に知ってほしかったのです!』とのことだ。


競馬ではスパン王子が大勝していた。

ネ申さまの指令により、このあとで高級レストランに行くことになった。もちろんスパン王子のゴチである。


だが、スパン王子の姿がない。。。

すでにマカオのダーリンへ向けてスパンスパン3輪車プレイをしに、旅立ってしまった。


これでは仕方ない。。。


尖沙咀に戻り解散。

MR,HEROのマジック講習会があるため、香港メンバーは練習会場へ向かった。

一日中競馬をするというのは予想外に疲れる。

マジックの練習などできるだろうか、、、と思ったが、それはそれ、マジックはかなり面白いものだ。時間の経過を忘れてしまう。

ちょいと格安でグッズなども仕入れることができた。


非常に有意義な日であった。

香港へ、そして皆様方へ感謝感謝だ。そして馬並王子ありがとう。

b4c04b86-s.jpg


競馬観戦会は継続して行われる。

次回の沙田競馬観戦ツアーは1月12日(土)

参加申込は、、、次回も40名の定員がすぐ満席になりそうだ!

参加されたい方は、下記までお名前、電話番号を

ご記入の上ご連絡お待ちしております。

件名『香港沙田競馬1月12日』

Email: hkmaitan@gmail.com


※香港IFA MEGA社の運用に関しては、HSBCお助け支店長の資産運用ブログを見ると良いだろう。


初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

ブログパーツ
関連記事

沙田競馬観戦1/ハンサードに要注意!

2012.11.19.Mon.00:18
マジックディナーショーに引き続き、沙田競馬観戦ツアーが開催された。

詳しくはマイタンブログを参照していただきたい。

朝起きると清々しくて良い天気だった。

待ち合わせは尖沙咀の時計台だ。

私は上環に滞在していたのだが、こんな日に地下鉄で海底トンネルをくぐるのは無粋である。

チンチン電車で中環まで行き、スターフェリーに乗った。

だんだんと時計台が近づいてくる。

IMAG0791.jpg

アナログな輸送手段を使ったので、到着時刻ギリギリとなってしまった。。。

専用バスに乗り込み、沙田競馬場へ向かう。

馬主の馬並王子の計らいで、生まれて初めての馬主席からの観戦だ。

個室に専属給士が何人かいて、ワインもビールもジュースも飲み放題だ。

IMAG0796.jpg


気を付けないと昨日の二の舞になってしまう。アルコールはほどほどに競馬に集中だ。

レースまでは間がある。

個室を出ると食べ放題のバイキングだ。

どれもかなりの美味である。なかでも旨かったのがローストビーフだ!

かなり厚く切ってくれるので、一切れで十分だ。だが毛唐どもは3キレ、いや5キレだのを所望する。。。

ステーキをキロ単位で食う奴らだ、、、さすがに肉食動物はスケールが違うな。。。


レースが始まった。

馬並王子が徹夜で作成したテキストが皆の手元にある。マークシートにチェックして、個室の外すぐのカウンターに持参するのだが、日本の競馬と違って非常に複雑な戦法が可能となる。

有馬記念だのダービーだののG1レースでの単勝買いしかやったことがないので、かなり面食らった。。。

香港競馬は全レーストータルで勝つのがセオリーだ。

ほぼ全レースに賭けるのだが、状況によってかなり掛け金を上下させるようだ。

賭け方は競馬というよりカジノのイメージであるが、完全に確率で勝率が決まっているカジノゲームと違い、競馬は情報の分析により、かなり勝率が左右するようだ(特に香港競馬では)。

私のテーブルは馬並王子と香港IFA会社MEGA社代表のジョセフ・チェン氏、そしてタンク将軍が同席している。まず負けることはないはずだ!

自分で馬を選ぶのは至難の業だ。みなさんも馬並王子とジョセフさんの予想を聞いて賭けていた。

ジョセフさんはなんと米大統領選の前日にファンドに組み入れられていた株を売り払っていた。オバマの当選の確率が高く、もしそうなら世界の株式市場が下落するという分析による。

MEGA社はロイヤルスカンディア社(生保会社)で資産を管理しているため、たった1日で売買指令が反映されるのだ。

他の生保会社は3日は早い方で、4、5日かかることも珍しくない。そうなると正しい分析をしていても、ファンドに反映されるのが遅すぎ、今回のように暴落前に売り払うことは不可能だ。

正式な香港IFA(投資顧問会社)が運用している海外積み立てファンドならまだマシだ。。。

日本の投資顧問だの代理店などは、正式な香港IFAが関与していない海外積み立てファンドを販売しているらしい。当然ながら香港当局の監督下ではない。

タックスヘイブンの島の法律で保障されますなどと言っても、その島の政府にどれだけの資金があり、どれだけの金額を保証できるのか冷静に考えてみた方が良いだろう、、、島(国)事体が破たんしたらどうなる!?


そもそも国内当局が認可していない海外ファンドは、当然ながら海外で契約しないと違法の恐れがある。

それを海外に書類を郵送して契約するなどは脱法行為、限りなくクロに使いグレーといえよう。

そもそも国内当局が認可していない海外ファンドで大損しても当局は関知しない。あたりまえのことだろう。

国内の投資顧問免許持ってますと、大々的に信用にならない信用をアピールし、当局が認可しない海外投資商品を日本にて契約させている、、、投資顧問免許の意味がないじゃん。。。

このような業者とはとっとと手を切った方が良いだろう。そもそも2000億の年金をすっとばしらAIJ投資顧問もれっきとしうた投資顧問免許を持った業者だった。。。

そのような看板はまったく信用を担保するものではない。

以前、日本で販売されていたフレンズプロビデントのCRという商品が違法認定され販売できなくなった。

これらのファンドを販売していた悪徳投資顧問が次に見つけてきたのがハンサードだ!

フレンズプロビデントのCRの二の舞にならないように注意だ!

詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

もし心配なら香港在住のわんちゃいくんに聞いてみると良いだろう。

悪徳どもの中には、ハンサードが違法チックだと知っていて、ハンサードの名前を出さない先も多い。いざ投資助言契約を結んで、守秘義務契約でがんじがらめにしてからハンサードを勧誘してくるかもしれない。

ハンサードの商品という情報自身が特別な運用助言なので一般には知らせていない、当社でしか販売できないなどと詭弁をいうような先とは手を切るのが一番だ!

何よりもこの商品は手数料がバカ高い。その辺を業者はきちんと説明しているのだろうか。おまけに契約をしたら最後、延々と毎年投資助言料なるムダ金を支払わなければならない。

ファンドを販売した業者は、ハンサードからキックバックが支払われる。なのになぜ助言料などと言って二重取りするのか、、、いろいろ理由をつけるだろうが、そんなのは無料サポートの範囲内でやってくれる良心的な代理店があるかもしれない。

遠慮なくわんちゃいくんに相談してほしい。相談するのも機密漏えい、守秘義務違反などというのはありえません。そんなことを言われたら相当悪徳であろう。

そうはいっても守秘義務の契約書を盾に訴訟されたらどうしようと不安な方もいるだろう。

あるいはズバリ!ハンサードに関して当局に聞いてみると良いだろう。監督官庁への相談は守秘義務違反にはなりません!!

証券監督第2課 048-600-1293 金融商品取引業者(第2種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業)等の監督

もしどこに相談したらいいのか不明、あるいは情報提供をするなら以下に電話してみよう。

○金融庁 金融サービス利用者相談室(平日 10:00~16:00)
電話(ナビダイヤル)0570-016811 (IP電話・PHSからは03-5251-6811)


話を競馬に戻そう。


突然タンク将軍が吠えた!なんと出生表に大将軍という名の馬がエントリーしていた!!!

「大将軍だと!お前ら皆ずっぽし買い(全額単勝買い)!」

bb110994.jpg

私はちょいと少額の、先走り液程度の買いにさせていただいた。。。

IMAG0797.jpg

はたして結果はいかに!?

(つづく)


初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

ブログパーツ
関連記事

香港マイタンオフ会/マジックディナーショー

2012.11.17.Sat.00:02
尖沙咀の会員制高級レストラン、パシフィッククラブにてオフ会が行われた。

詳しくはマイタンブログを参照してください。

facebookのタンク満タンの会のみなさんと実際にお会いすることができた。

タンク将軍が毎月お手当てを渡している女史の方々ともお会いできた。

42407f12176411e2829522000a1.jpg

広東料理の特別コースだ。

IMAG0783.jpg

アワビとフカヒレ、絶品だ!

IMAG0782.jpg

ワインもビールも飲み放題!

個室にはお給仕さんが多数待機し、どんどんオーダーを聞いてくるため、ついつい結構なる量を飲んでしまい酔っ払ってしまった。

参加者はマイタン日記愛読者の方々なので、愛国者、巨人ファン、ずっぽし好きと三拍子そろっている。

つまり、話の合わない人がいないということだ。

非常に楽しい夕べであった。

おまちかねMR.HEROのマジックだ!!

IMAG0784.jpg



みなさんありがとうございました!感謝いたします!!


初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

ブログパーツ
関連記事

海外投資の悪徳業者/入会金、年会費に気を付けよう!

2012.11.02.Fri.02:36
相場が悪い時だったら、海外投資の悪徳業者は少しは大人しくなるだろう、、、と思っていた。

だがこいつらはゴキブリと同じようなものである。

いつでもどこでも悪のネタには不自由しないらしい。。。

詳しくはマイタンブログを参照願いたいが、

海外ファンドの被害者を救済するという名目での、悪徳商法が出現した。救済してもらうためには入会金2万円、年会費1万円が必要とか。。。

アホか、普通は弁護士を使って訴訟するだろうが!

救済するのに年会費ってなんだ!? 

何もしなくとも毎年チャリンチャリン無駄金を取られるってことか???

年会費だの手数料だの報酬だの、毎年チャリンチャリン無駄金を取るような先には気をつけるべきだ。

本来まっとうな海外ファンドには、ファンドへ投資した金額意外に、別枠で出費を要することはありえない。

まあそれなりの名目をつけているだろうが、何もしなくとも毎年チャリンチャリン取られていては、10年、20年の長期投資ではたまったものではない。

0.9%だの1%だの安いみたい喧伝するが、1%としても20年で20%である。儲けのかなりの部分が持っていかれるだろう。

年間でたった0.9%だの安いですよ、的なことをセールストークにする先は、さも大儲けするようなトークで顧客の欲望を誘うことが多い。

月5万円の投資で1億円などと僥倖心を誘うような先には近づかないのが賢明だろう。

そういえば、私の投資したタイで詐欺にあって85%の元本を毀損した私募債も、5年で10倍、20倍などと喧伝していたっけ。。。

このような業者は論理のすり替え、誘導、欲と恐怖をくすぐり、顧客を洗脳するようなノウハウを持っている気をつけるべきであろう。

詳しくはわんちゃいくんの記事を参考にしよう。

国内で契約できない海外商品、国内当局の認可していない投資商品を売るのに、

国内投資顧問の免許だのをさも水戸黄門の印籠の如く、正当性、信頼性の指標にするような業者は相当腹黒いと思って良いだろう。

日本の金融商品に登録していない商品を違法に国内で販売しているような、投資顧問業者には要注意だ!

そのような商品に投資して被害にあっても国内当局は関知しないだろう。

香港で売りだされ香港IFAが運用する商品は、香港で契約すれば香港当局の監視下にあり、投資家保護の進んだ香港の法律のもとで保護される。

だが、そのような商品を違法に国内で販売する先から購入したらどうなるか。

なにかあっても、国内当局からも香港当局も関知しないだろう。。。

まったくもって悪徳共には都合のよい事態となるだろう。

このような業者を見分けるキーワードは、ハンサードである。

詳しくはこちらの記事を読むと良いだろう。

しかしアブラっぽいハムには困ったものだ。。。

本当のことかどうか定かでないプレスリリースを出しているが、ここでも多くの誘導、すり替えが行われている。

タイの詐欺案件で大損した私募債で訴訟されたわけだが、

たった1名にしか訴訟されてない→他の人々は納得している、という誘導を行なっている。

訴訟しない人の中にも「自己責任だつべこべ言うな」「文句ありませんとの書面にサインしないと償還金は返還しない」「名誉毀損、業務妨害で訴訟をちらつかせ脅される」そのような人も多くいるかもしれないではないか。。。

皆さんには、欲と恐怖に踊らされず、冷静になって投資を考えていただきたい。

ものすごく成績の良い海外ファンドを挙げ、私達が選びました、などどいう投資顧問にも注意が必要だ。ここでも詭弁が用いられている。

100本推薦したうちの1本化もしれないし、推薦した時期によっても成績は違うはず、長期的に良い成績のファンドでも高値で購入し安値で売却したら、損していることもあるだろう。

にもかかわらず、そのファンドの設定来のパフォーマンスを明記して喧伝するような先はまったくもって信用出来ないと言えよう。

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!

主水



キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし
関連記事