スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月12日(月)402号法廷「第1回弁論 損害賠償請求事件」

2012.03.13.Tue.17:21
油っぽい裁判が開始されている。

これは私も投資していた、一口500万の私募債(業者にカネを払込み、業者が直接運用した)に関する損害賠償請求である。

国内非上場会社に投資し上場益を狙うはずが、タイの保険会社買収詐欺にひっかかり全損。その他組入の海外ファンドも軒並み損失を計上し、5年の満期後も更に5年延長するも、延長1年で突如ファンドを召喚すると連絡がきた。

結果は元本の約15
%が戻るにとどまった。通常の投資信託等々の運用報告書や解約にあたっての明細に比べると、用意された書面は著しくお粗末で、説明が不十分なものだった。

おまけに、文句は言いません みたいな文言がある書面を出してきて、これに署名捺印しないとカネは返さないと言うような始末である。

裁判は基本的に公開されるべきものだ。よってその内容を公表するのに何もはばかる必要はない。私はこの私募債に投資した当事者なのでなおさら公開するのに憚る必要はないだろう。

以下はマイタンファミリーずっぽし日記からの転載だ。

3月12日(月)東京地裁の402号法廷にて裁判が開始された。

アブラハムプレイベートバンク社への損害賠償請求事件の公判だ。

第1回ということで、原告、被告とも欠席のまま裁判は開始された。

15分ほどで終了して、次回の第2回裁判日時が決まった。

(以上で転載終わり)

金融庁の免許を受けているAIJ投資顧問の事件が世間を騒がせた。

これらの免許は違法な行動を処分するためのものであり、業者の信用性を判断するものではない。

AIJ投資顧問は投資運用業というチェックの厳しい免許を所持したのにもかかわらずこの光景だ。

投資助言・代理業などという誰でも登録すれば得られる免許などは定期検査は行われていない。せいぜい提出書面のチェック程度だ。なんせ全国で1000社以上もあるのだ。

日本の免許を受けている業者は、日本の当局が認可した商品を販売、勧誘するのが当たり前だろう。海外ファンドの販売、勧誘を行うのは、かなりグレーだと思われる。

またそれらを日本国内で契約するのは違法の可能性が高い。たとえ郵送であっても、日本にいながら契約するのには変わりないだろう。

海外ファンドは、海外の現地にて、当地の法律に則り契約するべきだ。それであればまったく問題ないだろう。

主水



初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、よろしければ応援ポチ願います!
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

バンコク生活情報

ずっぽしなし
関連記事
スポンサーサイト

香港到着!

2012.03.11.Sun.21:07
東京ではたいしたネタがなかった。更新も空き気味だった。

逆に香港では結構忙しく、更新する暇がなかった。

夕刻の便で香港到着。

そのままマイタンファミリー香港支部の機長とスパン王子と合流した。

香港のネ申さまはな、なんと大阪へ一泊出張だ!!これは身体に悪いぞ!!!

機長、スパン王子ともてんてこ舞いの忙しさだ。

元本保障型年金保険が各種雑誌に紹介されすぐに、油っぽいハムの訴訟やらAIJ投資顧問の事件が起き、それらの商品への問い合わせが殺到している。

seminar_yourou_hsbc_title_20120304062532.jpg

セミナーはどんどん定員締切となっている。だがオンラインセミナーもあるので安心だ!ぜひ参加しよう。

Email: staff@amethyst.hk に連絡するとこの年金の見積額を出してくれる。こちらも利用しよう!

さて、本日は機長オススメの穴場の日本料理屋だ。

これまたオススメのモツ鍋で〆たが、これが絶品だった。濃厚な油が溶け出したスープが最高だ。

ハムは使用してないので安心だ。油っぽいハムには気を付けないといけないからだ。。。

その後は、これまた穴場のバーへ向かった。

古き良き時代の香港の秘密バーといった感じである。かなり凝ったアンティークの調度品に生バンドの演奏もある。それほど広くないワリに席数が少なく、かなりゆったりしている。

ここは席数があまりないため、ここでの紹介は控えさせて頂きます(ペニンシュラホテルの近くです)。

時刻は1時近くになっている。

遅くまでお付き合いいただいたお二人に申し訳ないと言うと、

『今日は5時間は寝れるのでかなり嬉しい』とのこと。

・・・ここを踏ん張って頑張れば悪徳業者にかなりのダメージを与えられるので、頑張っているとのこと。

主水

皆様にお願いです!

悪徳業者撲滅のため、お問い合わせの前にまずは自分で調べましょう!

HSBC活用マニュアルがあればHSBCに関してがほぼ問題ない!

問い合わせに関しても、どうしてもわからない点をコンパクトに質問しよう。

マンパワーには限りがある。アホな質問が多ければ多いほど皆さんへのお答えのスピードや時間に限りが出てしまうのだ。

一旦カネを得たら銭にならないことはまったく無視の悪徳業者と違って、良心的な業者にはいろいろと配慮してあげるのも我々投資家全体の利益につながる。

まあ、しょうもない要件でかつ零細投資家にて、『10分後には絶対に返答しろ!』などと宣うアホは、とっとと悪徳業者に移管してほしいものだ!

100人に2,3人発生するこういったアホが、業務の3割以上を占めていたりするのだ。

直電フリー体制はイカンと、私は常々ファミリーの皆さんに申し上げていた。そうしないとしょうもない問い合わせや暇つぶしで電話するアホがいるからだ。

クレジットカードでも直電フリー体制は最上級のカードのみだ。

音声案内での切り分けを進めているが、そうもいかないとのこと。よって我々が協力せねばいけない(おそらくこのブログ読者は皆その辺をわかってるだろう。それが記事を書いていても歯がゆい点である)。

df3a4681.jpg

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、よろしければ応援ポチ願います!
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

バンコク生活情報

ずっぽしなし
関連記事

網膜裂孔光凝固(レーザー)手術を受けた。

2012.03.05.Mon.00:05
先回の続きである。

このまま普通に暮らす分には問題ないレベル。レーシックならオペの必要がない軽度の網膜裂孔だが、フェイキックIOLを受けるなら光凝固手術をする必要があるとのこと。

(強度の場合は放置していたら網膜剥離の可能性もある)

レーザーで裂孔の周囲を焼いて補強する。数分で終わり、痛みもない手術らしい。私の場合は左目オンリーだ。

ちょいと気が早いが適合検査の②日後にオペを受けることにした。

これは座ったままで行う。目の検査をするときと同じような、台座に顎を載せて行う。

点眼麻酔をして15分。瞳孔を開く薬も点眼しているので光が眩しいし見えずらい。

例のごとく目が閉じられない器具をはめられ、時折ジュっとレーザーが当てられる。痛みはないが強烈な光で盲目状態になる。

5,6分で終了した。

しばらくは赤いフィルターを通したように、すべてが赤みがかって見える。これは1時間ほどで収まる。

点眼薬の作用で左目だけピントが合いづらい。非常に乱視っぽい見え方がする。

驚いたことに左目だけ飛蚊症が全く出ない。

私は年々飛蚊症がひどくなってきて、晴天に空を見るのが苦痛だった。これがまったくないのは驚きだ!!!

飛蚊症の症状がひどかったのも左目だったので、納得だ。

飛蚊症がひどくなると網膜裂孔の可能性がある。ぜひ眼底検査を受けに行くと良いだろう。

オペの費用は12万円だった。私は自費診療の10割負担だが、健康保険適用手術なのでみなさんは4,5万で済むはずだ。

飛蚊症自体は健康だった右目よりも、左目の方が改善している。だが術後のような100%完璧状態から戻ってしまった。同時に見え方も元に戻ってきたのだが。。。

さて1週間後に術後の再診とフェイキックIOLの最終検査を受ける。その時にレンズ代40万円を納入する(オペの費用が約60万かかるのだ)。

レンズは1ヶ月~3ヶ月かかるらしい。3,4ヶ月ごとにキレーションと高濃度ビタミンC点滴を受けるため、東京へ戻る予定なのでちょうど良いだろう。

しかしバンコク、あるいは香港でキレーションと高濃度ビタミンC点滴が受けれれば便利なのだが。早く導入されないものかなぁ。。。



関連記事

いよいよ油の皮が剥がれる時!

2012.03.04.Sun.06:26
マイタンファミリーずっぽし日記によると、

3月12日に3月12日10:30東京地方裁判所402号法廷にてアブラハム・プライベートバンク株式会社を訴えた投資家との裁判が始まる。

いままで隠されてきたことがすべて明らかにされるだろう。

私あてにもいろいろな情報を寄せてくださる方々がいる。

なかったことにするために必死だったと思われる、タイで詐欺にあった一口500万の私募債にまつわる裁判だ。裁判になってはなかったことにするのは不可能だろう。この私募債の存在自体をデマ扱いしている輩もいたようだが、やはり真実は現れるのだ。

勇気ある投資家がひとりでも立ち上がればこのような展開となるのだ。

我々はこの投資家の勇気に感謝せねばならないだろう!


世の中には過大広告や説明義務違反で大損をこいたとしても、それをクレームにした途端に悪徳業者からいろんなプレッシャーを受けている投資家がいるのは真実だ。

自己責任だつべこべいうな!

匿名で書いてもお前など特定できるぞ!

業務妨害、名誉毀損、損害賠償で訴えるぞ!


このようなことをほざく悪徳業者がいるのは真実である。情報を寄せてくださった方々が全員でたらめを言ってるとは思えない。

当該ファンドに投資したものとして、ぜひぜひ裁判を傍聴したかったが、その頃には既に国外へ出ている予定だ。非常に残念である。


正当なる勧誘と十分にリスクとリターンを説明された上で、瑕疵なき運用の結果相場環境により損失を受けたのならば、それは受け入れるしかないだろう。

それをなんとかしろというのは、いわゆる損失補填で違法である。

悪徳共は過大広告による勧誘やまったく説明義務を果たしていなくても、運用に大きな瑕疵があっても、大損した投資家が文句を言うと、

損失補填は違法だ!

自己責任だつべこべ言うな!


で押し通す。

だが金融商品取引法には説明責任の義務が業者に課せられている。そしてそれが果たされずに投資家が損失を被ったなら、損害賠償を請求できる。


件の私募債は上記法律が施行される少し前に運用が開始されたが、その法律が有効になったあとでも運用自体は続けられていた。

タイの案件に資金の大部分を投入する際、その後の経過に対し、投資家に十分な説明責任がなされていたかどうかは大きな問題となるだろう。

当初の募集の宣伝からすると実際には運用方針の全面転換とも言えることが行われたのだ。その時点で投資を続けるか、降りるかを投資家に判断させても良いくらいだろう。

そもそも国内非上場債に投資するはずのファンドがタイで詐欺に会い、アホなことに一銭も回収できなかった。タイの詐欺業者もかなり評判の悪い海外在住の日本人らしいが、まあひどいリサーチ能力と危機回避能力である。


ちなみにこの私募債はメールで送られた説明書のみで対面での説明はなかった。タイ詐欺案件も事後報告である。まあどのへんが裁判で争われるかはわからないが、私としてはそのようなファンドに投資してしまったこと自体が大きなミスだったと思っている面もある。

現在投資している海外ファンドに関しては、IFAであるMEGA社に訪問して説明を聞くことができた。

海外投資三原則はきっちりと守らねばならないだろう。

AIJ投資顧問により損害を受けた年金も、年金の事務局が海外投資三原則を忘れていなければ避けられたと言えまいか!!


まあともあれ裁判の帰趨が明らかになり、仮に投資家が勝訴したとすれば、同じような事例で涙を飲んでいた人々の訴訟が殺到するだろう。

悪徳業者が一掃されるきっかけになればと切実に願っている!

主水

日本を心から愛するタンク将軍であるが、日本と共に愛娘愛人たちの将来を沈没させるわけにはいけない。

よって自分年金をつくりに香港へと出立する。

自分年金とはなんぞや?という人は、以下の無料セミナーに参加すると良いだろう。

seminar_yourou_hsbc_title_20120304062532.jpg


HSBC香港でしっかり儲ける投資術HSBC香港でしっかり儲ける投資術
(2012/01/28)
鈴木 正浩

商品詳細を見る



はじめての海外ファンド投資マニュアルはじめての海外ファンド投資マニュアル
(2010/10/29)
笹子 善充

商品詳細を見る


上記のベストセラー本がプレゼントされる!!これはかなりなお得セミナーだ!!!


df3a4681.jpg

初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、よろしければ応援ポチ願います!
にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村

バンコク生活情報

ずっぽしなし
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。