スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンク将軍リサイタル行ってきました。

2010.09.26.Sun.22:17
タンク将軍リサイタル、昼夜ぶっつづけ6時間しゃべりっぱなしにも関わらず、テンション落とさずに夜の部を終えました。セミナーと言うにはそぐわない。リサイタル(独演会)だ!

ご苦労様でした。

参加者の真剣さは凄かった。凄ネタ満載で皆さんメモを取る手が忙しい。


なかでもウルトラC級の凄ネタ!!!

とても公表できません!

ブログなんぞで公表したら私もタンク将軍も不動産会社の雇ったスナイパー
$funiccoのブログ
に狙撃されるでしょう。

「不動産屋から不動産を買うな!!」

まさにその通りと納得できる内容でした。わたしたちは不動産屋から買っているようで、買わされていることも理解できた。

何事も自分で能動的に動かない限りは常にカモになるリスクを負っているのだ。

ただ待っているだけの人間に『お値打ち情報』『ここだけの話』などがもたらされる訳はない。そんな話がきたらカモなる可能性を疑うべきだ。


このセミナー内容は多くの人に広まるとそのウマミがなくなってしまう。追加公演したこと自体がリスキーだと私は思ったくらいだ。


10月23日の追加リサイタルは最後のチャンスだ。


次回は11月、12月に第2弾を予定しているらしい。

今回は不動産購入編、次回は不動産を購入し、大家さんになった皆さんを対象としている。


夜の部はご婦人方の参加が多かった。そのせいか2回目のリサイタルでもタンク将軍のテンションはハイのままだ。

終了後にはタンク将軍もお疲れだ。

男性陣の質問にスマートにさっと答えて終了だ。

私はタンク将軍に挨拶をしようと思ったが、そのときに見目良きご婦人が質問だ!

タンク将軍の目が光る。The eyes of Tiger だ!
$funiccoのブログ

私はタンク将軍に挨拶して帰ろうと待っていたのだが、タンク将軍のアンコールは続く。観客は見目麗しいご婦人一人だ。

私はその間、ビーフマンさんに海外ファンド投資のいろいろなことを聞くことができた。セミナーの醍醐味は終了後にスタッフに質問ができることだ。

いつもはなかなかチャンスがなかったりもするのだが、この日はビーフマンさんにほぼ1時間も話を聞くことが出来た。

前回のセミナーで聞いた『お値打ちファンド』情報をとことん聞くことができた。

ファンドのスイッチングなどを行う凄腕のファンドアナリスト(?)が所属しているA社の凄いパフォーマンスについての質疑応答をビーフマンさんにぶつけることが出来た。

すでに海外ファンドに投資している人はこのA社への移管を検討するのもアリだと思う。パフォーマンスも秀逸だが顧客フォロー体制が素晴らしいのだ。

パフォーマンスとフォロー、この二つは車輪の両輪だ。ネタバレになるのでこれ以上は話せない。

ぜひにHSBC香港の活用と海外投資セミナーに参加して欲しい。

他のセミナーでもスタッフに聞けばA社のお値打ちファンドのことは教えてくれるだろう。

ビーフマンさんと話しているうちにはや1時間だ。


そのときタンク将軍は依然として1人観客リサイタル真っ最中で、終わるところをしらない。

このご婦人は少女漫画のおめめキラリン状態である。


タンク将軍の魅力にもはや没落寸前だ。

もはや新愛人決定だ!


はたしてこのご婦人は何女史になるのだろうか。




関連記事
スポンサーサイト

FX情報商材/潜在意識/ギャンブルと寄付

2010.09.25.Sat.02:34
今は金曜日深夜です。正確には土曜日ですが。

いよいよタンク将軍のリサイタルですね。私は夜の部を観に行きます。

数日はリキ入れてブログがかけません。というか尖閣諸島問題でムカつきすぎ、かついろいろ考えてしまって、ブログも北京語エクスペディアも手に付きません。

尖閣諸島問題は、民主党代表選、普天間、検察の暴走なんかより、ずっとずっとずっと重要な問題です

日本の未来を決めてしまうような出来事です。

よりによって、もっとも最悪な対応をしつつあるのです。

断腸の思いです。

平成に入ってからの日本の政治家や官僚などの国を動かす連中は

外交がドヘタでセンスもなく、国益損なうことばかり。国民の足を引っ張ることばかり。

世界で最も外交下手な連中です。

しかし世界で最も上手なのが江戸時代からのノウハウを蓄積した国民統制なのですから悲劇です。

内政や外交の失敗を国民統制で抑えつける方向になってきていると思います。



話は変わりますが、今日も例の税理士先生と飯を食いました。

また潜在意識とFXの話をしましたが、潜在意識を動かすには人間の器を大きくしなくちゃね、とあっさり言われてしまいましたが、それってかなり難しいことですよね。

もうひとつ、その先生はいわゆる情報商材は買わないそうです。イン○ォカートなどで売ってるやつですね。

どんなノウハウが詰められているかわかりませんが、大量コピー生産可能な電子商材を5万、10万で売ること自体が、人間の器として問題ありとのこと。そんなものは神様の祝福を受けたモノではなくなってます。逆に悪魔が憑いているかもしれません。

そうはいっても30万くらいは使っちゃいましたが。以下の・書きは私の経験から導き出した結論です。

・使えるノウハウを大量コピー可能な電子商材で売ること自体がおかしい。
(出回りすぎるとノウハウではなくなります。というかもはやエッジがなくなったノウハウや、実行するのが困難な方法でエッジをつくりだしているノウハウだったりすることが多い。使えないってことです。)

・トレーダーから商売人になった時点で、仲間たちを食い物にしてノーリスクで儲ける商売人に転向した可能性が高い。
(そんなことはない!と主張するなら価格を1/10にしなさい。5万円とかの価格をつけておいて、過大な広告で何ページも費やすくらいなら、中身をもっと書いてください。同志をカモと見立てた商売人になった人は、人相が非常に悪くなっています。)

楽をしようとして情報商材を購入しても、潜在意識どころかメンタル強化も行われてませんので、商材の通りには絶対にできません。ですからカネの無駄です。

無料でノウハウを提供しているサイトやブログが必ずあります。高額な商材の購入するくらいなら貯金を、余裕がある人なら寄付をしましょう。

トレーニングをしなくてもメンタルや潜在意識をコントロールできるコツは寄付です。もちろん無償かつ見返りなしの純粋な寄付でないと意味がありません。

私はカジノ収益の1割を寄付すると決めて、それを守ってから、あまり負けなくなりました。一定割合を寄付すると決めたことで、メンタルのコントロールがしやすくなったからです。

何度も言いますが、ギャンブルで儲けの半分を寄付することができれば負けることはありません。かなりの確率で勝つと思います。

半分寄付する時点で、欲からはかなり解放されます。半分寄付しなくちゃいけないからガンガン勝たなきゃ儲からないぜ!とは思いませんね。逆に負けてもともと的な感覚になると思います。そういったときには勝てます。

なぜならギャンブルは負けてあたりまえ、勝ってラッキーだからです。ゲームのルールと勝率と配当と控除率がそのように設定されていますので。

(私のギャンブルの師匠、森巣博先生の著書にしょちゅう出てくる言葉ですね。もちろん会ったことはないですので、勝手に師匠と読んでいます。でも師匠の著書はほとんど読んでいます。)

バカラで申し上げますと、ずっとやり続けると8割以上の破産確率となります。ほどほどでやめて勝率5割でいいところです。

負けてもともとのメンタルで、欲をコントロールしてこの程度です。ここからさらに勝つには恐怖をコントロールしないといけなくて、これは欲のコンロトールよりも難しい。

つまり、時々の大勝がないとギャンブルでトータルで勝つことは無理ということです。少なくとも私の経験と考察からですが。

それを、勝手儲けてやる、絶対に負けたくない、などと間違ったメンタル、かつ欲と恐怖に振り回されるのに最適なメンタルで出撃するので、99%の人がカジノで負けてしまうのです。

バカラのような勝率ざっくり5割のゲームでほとんどの人が負けるのですから、それは間違ったメンタルと方法でカジノに立ち向かっているということです。控除率が存在しているのに「絶対勝つぞ」と思ったら「絶対に負ける」のです。

分散を考慮したり、標準偏差のグラフを平たんかつ偏った形にするような掛け方をしないといけないのですが、この辺はまだ私なりの結論が出てませんので、詳しく書きません。

話を戻して、

じゃあ勝った儲けの半分なんかを寄付したら、トータルで絶対に負けるじゃん!と思うのが当然ですよね。

シミュレーションしたらそうなりますね。こんなバカなことはない。ですがロボットが掛けるのでなく、感情を持った人間が掛けるのですから、やはりメンタルと潜在意識がもっとも重要な要素になります。

トレーニングすることなく、かつトレーニングするよりも効率的に、メンタルと潜在意識をコントロールするコツが寄付なのです。半分寄付したら最強です。

検証したことはありませんが、漠然とですが、心の声が「それができれば勝てる!」と言ってるのは確かなのです。

しかし、私にはまだ無理です。今の状態では実行不可能だと思います。とりあえずは1割寄付を続けます。

先々週くらいに税理士の先生に半分寄付したらギャンブルで常勝する気がすると話したのですが、それを彼がずっと考えていたらしく、

「やっぱり半分寄付したら潜在意識が勝たせてくれますよ!」

と言われました。根拠はないのですが、先生もそんな気がするそうです。

私も自分の一生の生活に心配がないくらいの資産ができたら、半分寄付を実行できそうな気がしますが、まだまだ無理です。

FXや株は常に負ける人が参加者として多数おりますので、トータルで勝てる勝負だと思います。ギャンブラー生活と並行してこちらも真面目に取り組んでいこうと最近は思っています。

副収入があるほどギャンブルにおいてメンタルのコントロールが楽になりますので。とはいっても投資に関しては自分の頭で考えた時間がギャンブルの1/30程度ですから、これから注力していこうと思います。

ギャンブルに関してはほぼ勝てる方法論がわかってきたので、あとは潜在意識に対するトレーニング、または潜在意識を自在に操る方法を考案するのみです。

それが完成したら、先日から申し上げている10万香港ドルを一晩で650万香港ドルにして投資移民ビザを取ろうと思います。

10月、11月でそれを行うための舞台づくりを始めていこうと思います。その辺は日本を脱出して10月下旬以降で香港・マカオに拠点を移してからおいおいリアルタイムで書いていきます。

くれぐれも情報教材に大枚を叩かないでくださいね。昔と違って高価だから効果があるとは限らない世の中です。逆に高いものほど詐欺やまやかしが多いのです。

役に立つものは無料だったり、高くても1万円少々の金額だったりするのですよ。継続的にサービスを提供するならともかく、電子商材で数万円などというのは絶対に購入するのはやめましょうね!

ちなみにタンク将軍のリサイタルは無料です。

関連記事

会社をつくろうセミナー行ってきた/お値打ちファンド見つけた!

2010.09.23.Thu.02:10
ネタバレしない範囲で書きますね!

BVI法人は資産運用・管理に特化した利用方法ですね。将来の繋がり、発展性を考えると香港法人がベター。

香港法人は香港の会計士への仲介、法人銀行口座開設、当局との書類の受取や提出など毎年必ず必要な面倒くさいことはすべて格安(月にしたら1万円にもならない)パッケージ料金にてスタッフが代行してくれる。

結局、どっちの法人をつくろうがあんまり面倒くさくないってことです。

私がウェブでいろいろ調べたところ、サーチして上位にくる業者は高い!

格安で法人設立可能なところもありますが、日本人のサポートが不可だったり、日本語対応可といいつつウェブのみ日本語のサイトを作っているとしか思えない(電話の問い合わせが日本語でできないぞー!?)。
あるいは、業者が法人でなく、ネットだけの所在しかなく怪しげだったり(手数料持ち逃げ、途中でいなくリスク!!)、または表面的には安くしておいて、必要なことが次々にオプション料金で対応させられそうだったりなところが多いです。

今回のセミナーでは、きちんとフォローしてくれてかつもっとも低価格帯にてもっとも良心的な料金で可能でした。

香港法人の維持費用はBVI法人とそれほど差がない(香港法人の方が安い)のは意外でした。年間パッケージ料金にて両方ともスタッフが代行してくれるので、自分で動く必要はない。

大きな費用が掛かるのは香港の会計士に支払う決算や監査の代金です。何にも取引をしなくとも監査費用は掛かります(うーん・・・)。

BVI法人は決算やら監査やらは【実質上】必要がない、まったくもって表に名前がでないのはBVI法人です。

資産の運用や継承のみを目的にするならBVI法人、将来的に香港でビジネスを行ったり、居住のためのVISAを取ったり、香港に移住するなどの可能性を残すのなら香港法人がいいと思います。

セミナーでは概要説明、個人の目的によってどちらを選ぶか、どのような形をとるか、その辺りはスタッフに相談してみるのが良いと思います。

相談先および各種セミナー情報は塾長のサイトの右のカラムにありますよ!

で、最後にお値打ち情報をば。

凄いパフォーマンスのファンドラップの運用会社があるぞっ!ここではネタバレになるので紹介できないのですが、まずはこっちのセミナーに行ってみよう。

もう一つお得な情報があった!海外旅行経験がない人や香港へ行ったことない人でも安心、これもやってくれるの!ええっこれも可能なの!絶対に赤字になるだろうに・・・大丈夫なの・・・。

ブログで紹介したら申込み殺到してマズイ。セミナー参加者だけが得られる情報だろうと思いますので、みなさんセミナーに参加してくださいね!

関連記事

海外会社つくろうセミナー追加公演!

2010.09.21.Tue.23:44
いやあ参りました。Twitterで変な挙動が発生しましたね。

ウイルスかと思って焦りました。

Twipple(http://twipple.jp/)からログインできると聞いて試してみました。

みなが殺到していたせいか非常に重いどす、しかし画面はとても見やすいですね。

今後はこっちを使います。


明日は『海外で会社をつくろう』セミナーに行ってきます。

実はこのセミナーは地味なようでいて、あっという間に満員御礼になってしまったんです。

ずっと定員に達したため申込を締め切りましただったので、追加公演はしないのかなと思っていましたが、ファミリーともあろうものがうっかりしてました!

10月20日(水) 13:30~15:00
10月20日(水) 19:00~20:30


追加公演の枠が出てました!!

詳しくは香港のネ申様のサイトをご覧ください。

海外法人としてのBVI法人は設立も設立後の運営も非常に楽ちんです。HSBCの法人口座も開設できる。

香港でも法人をつくるのは簡単だが、BVI法人と比べると煩雑さも設立コスト、運営コストも大きくかかる。(日本なんかよりは全然全然楽ちんです。さすが香港です。)

海外で資産運用するときに面倒なのは相続だ。相続税うんぬんのようなお金持ちでなくとも、いざ自分が急死したときを想定すると、海外の資産をちゃんと相続人に相続できるかどうかが心配になる。

相続人が世俗に疎くて、英語もPCもダメダメだとちゃんと相続できるかがとても心配だ。相続した資産を日本に戻したら戻したで代官所にいちゃもんつけられないかどうかも心配だ。

(竹島やら尖閣諸島やら自国領土も守れない国に税金払う価値あるのか)

で、あるからして相続人を役員にして会社を設立しておけばいいかもと思ったのです。法人口座のキャッシュカードさえ渡しておけば、なんとかなるかもという考えなのですが。

ま、そのへんはセミナーで聞いてきます。後日内容をネタバレにならない範囲でブログでお知らせいたします!

ネットを介した国境なきビジネスをBVI法人として行うのもイイネ!日本で法人作ったらくそ高い税理士費用だとか面倒な経理処理だとか、付加価値を生まない費用や行動がやたら多い上に、やっと儲けた利益も年貢でがっぽり取られてしまう。さらに何をやるにも規制ばかりでお上の許可を得ないとできない。

海外法人について知っておくのは今後を生き残るために必要になるだろうと思うこの頃です。
関連記事

悪徳FX業者/EAって儲かるの?

2010.09.17.Fri.22:29
まずは香港のネ申様のこの記事を読んでほしい。

(以下は悪徳業者の場合に限定して書きます。もちろん正しい業者も多くおりますが、私達が知識として持つべきはやはり悪徳業者の情報であると考えるからです。)

日本でFX業者が雨後のタケノコのごとく大量発生したことは記憶に新しい。はっきり言って儲かりまくるからだ。カバーをせずに自分で顧客の注文を受け、自己でポジションを持った場合には、顧客の損=自社の利益となる。

FXでどれだけの人々が大きな損をしたかは常に人口に膾炙している。業者の宣伝で食っている雑誌や、カネを集めて教材を売ったりのサイトは無視して、実際にみなさんの周りの知人に聞いてみてください。損している人がいかに多いのかわかるでしょう。

よく考えるとわかるが店頭業者との取引は最初から負けるバクチのようなものだ。ディーラーにカードを操作されたらギャンブルでは絶対に勝てない。相対取引である限りはレートは業者がつけることができるのだ。つまり業者はカードを操作できるのである。

契約書をよく読んでみよう、

「相場の変動によって乖離したレートで約定することがある」「相場の変動によって約定しないこともある」などの文言が並んでいる。

顧客の注文に対して100%カバー先の銀行などに発注しているのであれば、業者は自己ポジションを持たないので、売買のスプレッドや手数料やスワップの差額で収益を上げることになる。

カバー先の銀行などにももちろん手数料やスプレッドを払う。よって、顧客の注文を100%カバーしているのであれば、スプレッド1銭以下かつ手数料無料などで会社の経営が成り立つわけはないのだ。

我が社は信用できます!的なフレーズとして

『顧客の証拠金は100%分別管理して信託銀行に預託します』

などと大きく宣伝していたりする。こんなのは宣伝するまでも無く当たり前のことだ。

100%信託へ預託=お前らの金をネコババしません、と言っているだけに過ぎない。当たり前のことを大きく宣伝する時点でうさんくさい。

自前で客の金を保管していたら、顧客の金を猫糞することも可能だ。数年前にはそんな業者も多く居たのだから恐ろしい。

カバー先の銀行やカバー率などをきちんと明確にしていて、契約書にも書いてある業者を選ぶことをお勧めする。しかしそのような業者は収益の源泉をスプレッドや手数料に求めないと経営が成り立たないので、スプレッド1銭以下などというのは不可能だ。

激安業者でにはまずは疑って掛かったほうがいい。

相場はどちらに向かうかわからないし、業者が顧客のポジションを受けて自己売買しても儲かるとは限らないのでは?

という疑問もあるだろう。

しかし思い出してみよう、これらの業者は店頭取引であり、取引所取引ではないのだ。日本株のような取引所取引だと売買する価格は取引所で形成され、常にひとつだ。

店頭取引は相対取引なので、自分と相手が約定した価格が取引価格となる。そして業者はその約定を捜査する余地があるのが、日本のFX店頭取引なのだ。

具体例を申し上げる。私が実際に日本の激安業者で経験したことだ。

業者のシステムのレートがUSD/JPYレートで100円をつけていたとする。1万通貨で100円で買いの約定を入れる。すんなりさくっと約定することもあれば、数秒後に約定されることもある、また「レートが変わりました」というアナウンスでもっと高いレートが提示されてくることもある。

時間差で約定されるときによく起きるのが、発注したときに100.00ピッタシのレートを見て発注した。すぐに反映されずにぐずぐずと3秒後に約定される、そのときの業者のレートは99.95であった。しかし約定値は100.00のままだ。

なんでだ?いきなり5銭分の評価損が発生だ。詐欺だと感じた人も多いと思われる。

100.00で買いの注文が業者に入ってきた。その段階では注文が入っただけであり、約定していない。会の注文に対して同数のロットで業者が売りで立ち向かったときに約定が確定して顧客は買いの建玉を持つ。

注文が来てから3秒間様子見をしてみる。そのとき(3秒後)に相場が99.95円になっていたら顧客の100.00の注文を受けると同時に99.95円で売ることができる。

ノーリスクで5銭の鞘が取れる。業者の5銭の儲けは顧客の5銭の(評価)損ということになる。

そのときは価格が下がったからいいけどあがったときは、業者が損になるじゃない?そうしたら損では?

と思われる人もいるだろう。

100.00の顧客の注文を3秒間様子見して、そのときに100.05になっていた場合、顧客の100.00を受けて約定したら損をする。業者は100.00の売りポジションを持つので、5銭の評価損が発生する。

ここで納得してはいけない。

業者が損するときは約定しなければいいのだ。あるいは、レートが変わりましたがどうしますか?と表示して100.05のレートを提示すればよい。

3秒待って、得するときにはポジションを受けて損するときには約定しなければいいのだ。

大ロットの場合にはこのようなことが頻発することがある。私は実際に経験した。

相場が荒れ模様で、ダダっといきなりレートが上昇した、その初期稼動時にうまく注文を入れることができた。

100.00で成り行き買い注文を入れた。しかし約定しないうちに相場がぐんぐん上がってしまう。2秒後には100.25銭だ。注文が通らなかったと思い、約定されないうちにキャンセルの発注をした。しかしキャンセルが通らないのだ。いくらキャンセルをしてもシステムが無視する。

100.30まで行っていきなり下がり始めた。そしたら2秒後にやっと100.30銭で約定された。既にもう100.10あたりまで落ちている。

約定されていないのなら、注文をキャンセルできるはずだ。出した注文がシステムに入り、それが約定される前にキャンセル注文が入れば、システムが自動でキャンセルすればいいだけだ。

キャンセルができなかったことで、業者は注文をホールドしておいて(キャンセルや変更の注文が履いてもシステムを無反応にする)、相場が動いたときに約定することができるのだとわかった。

業者のチャートやロイターで見たレートと違う!とクレームしても、相対取引なので価格は変わるだとか、変動性が大きいときはスリッページが発生するだとか言われ、契約書に承諾したでしょ!となるのだ。

それ以降は大ロットの成り行きはやめて、指値にしたのだが、これがまたうまみのある相場変動時には見事に数秒の様子見がなされ、また見事に業者に有利に動いたときは約定し、不利に動いたときは約定できずに、新レートの提示がなされる。

でもね、何百人もいる客の注文にひとりひとり社員が張り付いてそんなことやってたら、社員を何百人も雇わないといけないし、そんなのありえないんじゃ?

と思った人もいるだろう。カラクリは簡単だ。約定のシステムにプログラミングすればよい。注文受けたら3秒待って、得なら約定、損なら不出来だ。これなら小ロットでも対応できる。キカイが勝手に行うチャリンチャリンのシステムだ。

有名なストップ狩もこう言ったシステムによって行われるのであろう。100.50で買い注文のストップロスの売り注文が100.00円で発注されていたとする。

相場が下落し99円までいったなら、100.00でストップロスが約定されても業者は損も得もしないので、そのまま約定されるであろう。

しかし、100.10銭まで下げて、すぐに上に戻したとする。そのときになぜか、100.00円のストップロスが約定されているのだ。朝起きて、チャートをみて、100.10で切り替えして100.80になっていた。やったぞ利益だ!と思っていたが、なぜか建て玉がない。なんと100.00で約定されている。

あるいは、ロイターなどのレートでは100.10が安値になっているのになぜか業者のチャートでは下ひげで100.00をつけている。

ムギーーーとなってクレームしても、相対取引です、相場変動が大きいとこはこのようなことがあります、契約書に書いてあります、と対応されるだけだ。実は10銭などかわいいものだ。

乖離が50銭までなら無事だが、40銭までならいやおうなくストップ狩をするような業者もあった。完全にシステム対応としか思えない。

リアルタイムだと画面のプリントスクリーンなどでチャートやレートの証拠を取られてすぐにクレームされるだろうから、ストップロス指値をしているがログインしていない客だけストップ狩するなどもシステムなら簡単だろうと思う。

ストップロスならまだかわいいものだ。相場が大幅に急変したときには強制ロスカットを異常値で行う業者もいる。

100円の買い注文が雇用統計などを受けて急落して97円まで数秒で落ちて、数秒でまた100円に戻したとする。そんなのは良くあることだ。しかしレバレッジを33倍にしていたら強制ロスカットだ。

96円までいかなければ強制ロスカットにならない、ロイターの安値では97円だ。今は相場が戻して101円だ、1円得しているぞ、と思ったが朝になってみてみたらなんと96円が約定されていて強制退場になっている。これもスリッページだとか相対取引だとかの文言で済ませられてしまう。

だから悪徳業者は激安にしてかつできうる限りのハイレバを宣伝するのだ、カバーを取らなければ強制ストップロスの客の損はまるまる利益となる。

激安スプレッドなのになぜかトレードすると負ける業者があった。上記のようなことが頻繁に起きすぎるからだ。すぐにこの業者からは撤退した。案の定、客が逃げすぎたのだろう、その後に身売りをした。

前も書いたが、日本では役所がいち個人のクレームで動くことはありえない。だから結局泣き寝入りするしかない。

しかし外国ではいち個人でも明らかにおかしければマスコミが取り上げたり、役所がきちんと動いたり、あるいは裁判を起こされる。日本では裁判など時間とカネの無駄になってしまうが、アメリカなどでは迅速にかつ大儲けするチャンスでもある。

よって、悪徳業者の悪徳行為がのさばって広がらないシステムとなっているのだ。逆にいうと日本では悪徳業者がのさばりやすい環境だから、悪徳業者が増え、その結果規制が増えてしまうのだ。

私はずいぶん前から日本の業者からは撤退している。スプレッドが日本の業者よりも条件が悪くても、使い勝手が良く、悪徳度の低い海外の業者で取引をしている。

もちろん海外の悪徳業者でトレードをしたら、日本の悪徳業者よりも悲惨な目にあう。日本人担当者がいて、多くの顧客数と実績のある業者をきちんと選定しなければいけない。

その助けになるのがこのサイトだ。ここで紹介されている業者の中で自分にあったところを選定してみよう。日本人担当者が存在する業者なども選りすぐりで紹介している。

しかしいざ口座開設となっても、開設の業務は外人が行うので英語で申込書に記入して申し込みしないといけない。しかしご安心あれ、このサイトでは口座申し込みの日本語サポートを提供している。

なんとサポートも無料だ!

ただ口座を開くだけではもったいない。

無料セミナーに参加してしまおう。

海外業者ゆえのいろんなメリットを学んでしまおう。実地で経験豊富なスタッフに相談することも良いだろう。

EAについて書く時間がなくなってしまった。単純だ。EAは数年で100倍とかいうシミュレーション結果も珍しくない。しかし周りで億万長者になった人居ますか?EAで大金持ちになった人はいますか?

VPSにMT4をインストールしてEAをセットして置くのみ。

勝手に売買してくれる。

それなのに過去の実績通りに大儲けしている人が皆無なのです。それどころか損している人ばかりでは???

だから儲からないのです。そういう仕組みになっているはず。そんなうまい話は世の中に無い。

これが真理だと思われますが、かくいう私も初EAで投入資金がすべてチャラの損害です。本当に宣伝文だけはむちゃくちゃ上手ですよね☆

数百万とか投入した人はどんなに哀れな目にあっているのでしょうか。

FX業者を特定するEAは、EAの作成会社が業者からマージンを得ているでしょう。それならそれでいいのですが、その業者のEAだけに特殊な約定プログラミングがなされている懸念も払拭できません。

EAに関しては研究不足ですが、きちんと研究できる機会が近いうちにありそうです。月1000万目標の税理士先生たちの世直しお仲間グループの人たちが、システムや業界の専門家も含めて検討したのですが、やはりEAを許可する口座は、EA専門の搾取プログラムを稼動させているのではないか、顧客はEAのシミュレーション通りには儲からないのでは、というか搾取プログラムのもとで長年やると破産確率が相当高まるのでは、という結論意なりつつあります。

今のところ、EAや自動売買は偶然にも儲けたらすぐに撤退。以後はやらない。ずっとやらない。別のを試してまた儲けたら撤退というのが自動売買で儲けるコツらしいです。

従って、EAで大儲けプロジェクトは海外に自分達でFX会社を設立してそこで行おうというセンで進んでおります。ちなみにこれらは一般で募集などはしません。一般の人にEAを売って儲けたりするより、自分達でトレードした方が10倍儲かるからです。

私が思うに、一般人対象に電子ブックを売ったり、EAを売ったりする元成功トレーダーなどがおりますが、ノウハウを一般人に売る時点でそれらのノウハウの効き目がなくなってきたか、EAはシミュレーションは別として実際にやったら儲からないと承知の上で、EAを売って儲けようとの目論みではと思います。

トレードは儲かるときはいいのですが、儲からないとき、損するときもあります。

一般人相手になにかを売るほうが、手間は掛かるけど確実に売れた分は儲かりますので、商売人へ鞍替えするトレーダーも多いのではと思います。

そんなことはない、損している皆さんが多いのでなんとかしてあげたい、というなら数万円の教材を売ったりするのは???と思います。電子ブックなら手間賃を考えても2千円、3千円で売れるだろうし、単なるノウハウならウェブに無料公開して損している人を助けてあげればと思うのです。

私がこのブログで紹介するセミナーはみな無料です。ビジネスにつなげる面もあるとは思いますが、無料セミナーで知識を持って、悪徳業者に毟られないでほしい、とスタッフの皆が心底願っているのは間違いないです。

それらの地道な活動の結果、

HSBCは無料で開設できる

英語駄目なら万次郎のところへ行け


という知識は少なくとも千人以上の人が得ることはできたと思います。

悪徳業者は神出鬼没で、自分の姿を見せずにテロリストのように攻撃を仕掛けたりするので、これらを各個撃破するよりも、騙されてしまう人たちに知識と情報を持っていただいて、悪徳業者を兵糧攻めにするのが一番効率的な戦略だと思います。

9月の各種セミナーにぜひ皆さん参加して理論武装して悪徳業者から身を守りましょう。


最後に。良く調べるとプロ向けになりますが、業者のディーラーを通さずに、直接インターバンクに注文を通せる業者のシステムもあります。しかし最低ロットがかなり大きく、証拠金必要額もかなり大きいのです。しかし最良トレードや自分で開発したEAなどで勝負するなら、私は直接注文式でやろうと思っています。

FXCM 口座開設
ここは私も使っています。日本人サポートあり。いつもきちんと対応してくれます。
関連記事

凄い奴の話

2010.09.08.Wed.13:16
私のすべらない話の宝庫になっている奴がいる。

元同僚だ。私は卒業して入社した会社をかなり前(30歳のときだと思う)に辞めているが奴はまだ現役だ。

同期で組合員はこいつだけだ(課長代理)。他は管理職になっている。部長になっている奴もいる。

本当に凄い奴だ。

東京にいるときは良く飲みに行った。自分が元いた会社の変遷を知るのは興味深いものだ。

数年前に実力主義の導入ということで、半期ごとのボーナス肯定際し、通信簿のようなものができた。

ボーナスの前日とかに通信簿を人事部から渡され、ボーナス金額の増減パーセンテージが知らされるらしい。

通信簿は1だったそうだ。一番下だ。ボーナスは大幅カットでちょうどその年の女子新入社員のボーナスと同じ程度だったらしい。

みなさん、特にある年代は通信簿で一喜一憂した経験があるだろうから、総合評価で「1」のこいつがどれほど無能な社員かはわかっていただけると思う。

帰り道で奴は悩んだ。カミさんは奴のボーナスで息子の学資積み立てを多めに行うつもりだとか、年末は家族で海外旅行に行きたいだの計画を立てていた。しかし、今回は大幅減。月給の数分のいち程度だ。

これは正直に通信簿のことを話すしかないと奴は決心した。

「すまん。今回から会社で通信簿が導入されたんだ。それでボーナスが決まる」

「ふーん、そうなんだ。さしずめアンタはなんじゃないの?」

「おぉ、大正解!さすがは俺の女房だ。この点数を実際に適用するとは考えても見なかったと人事部は言ってたくらいなんだぞ!!」

「なに威張ってんのよ、馬鹿。まあアンタが1なのは私には予想通りだけどね。」

(さすが長く連れ添った我が妻だ。俺のことを良くわかっている。しかし・・・・)

ここで奴はやや不安になった。とりあえず話しておこうと思ったらしい。

「お前、何か勘違いしてないか?俺は5段階でなく10段階評価の1だぞ!」

「えええ、そこまでアホな奴とは思わなかった、ショック!」

と彼のヨメは卒倒したらしい。

そりゃそうだ。

その頃、奴はしばしば寝過ごすことが良くあった。

1時間遅刻とかいう生易しいものではない。

笑っていいとものオープニングとともに起きるのだ。(カミさんもパートで働いており朝が早いので、奴が寝ているうちに出かける)

さすがに、いつまでたっても出勤もせず、電話もしてこないので死んでるかもしれないと心配して電話をかけてきた上司に向かって、

「うるせえんだよ、この社畜野郎!」

と喚いて逆切れし、電話をガチャ切りしたこともあるという。

そして、昼飯を食いがてら自転車にのって五反田の昼ヘルスへ出かける。

平日の昼のヘルスは安いんだぜ!と自慢していたがとんでもない奴だ。

これではをつけられても文句は言えない。

にも関わらず奴はボーナスを減らされたことに怒っていた。

減らされた分は、自分の想定時給を大幅に減らして仕事してやる、それで取り戻してやると喚いていた。

しかしここで疑問が残る。奴は給料から換算して自分の仕事レベルが時給4千円と考えているようだ。それならば仕事レベルを半減して時給2千円程度にすれば、差し引き2千円の消極的儲けになる。ボーナス減の分は、あくまで消極的にだがすぐに取り戻すことができるだろう。

ここで大いなる誤解がある。元同僚だからいえるが、奴を時給500円で雇う奴はいても時給800円では雇わないだろう。その程度の仕事レベルなのだ。

ボーナス分を取り戻すとしたら時給をゼロにしても追いつかないだろう。

実は酒を飲むと奴は、

「会社は絶対に辞めないぞ。もし俺が社長だったら俺は俺に500円しか時給払わんぞ!」「一日中快適な社内に居れて、適当にハンハンハンで帰れて、チャリンチャリンと大枚の時給が落ちてくるこんなラッキーな境遇を死んでも辞めてたまるか!」

と息巻いている。ちゃんと自分で自己評価を正当に行っているのだ。

このように既得権益を取り上げようとすると、死に物狂いの抵抗が行われる。

ボンクラの政治家が大臣になって行政改革を行おうとすると、東大を優秀な成績で出ている多数の官僚が死に物狂いで抵抗するわけだから、これは絶対にまともに行っては行政改革などできるわけはない。頭の良いというかテストで良い点数を取るのが天職のような連中によってたかって洗脳されてしまうのがオチだ。

これに対抗するには小沢のようなハカイダーか、田中真紀子のような頭でなく感情と子宮で考える女か、鈴木ムネヲのような天性のワルでないと太刀打ちできないのだ。

管はある意味利口だから、総理になってそのことに気がついた。官僚の言うがままに動いていれば奴らが俺の総理の椅子を守ってくれると理解したのだ。

もっとも政治家になってはいけない資質、もっともトップに立ってはいけない資質の人間なのだが、鳩山の退陣に伴うドサクサで総理になってしまった。再選されたが最後長期政権になる可能性がある。

そうなったら国民の七割は塗炭の苦しみに喘いで後、やっと自分たちの間違いに気づくのであろう。そしてやっとこさ、新聞やTVが真実を報道しないと気づくのだろうが、それではもう遅い。

さすがに一番ワリを食っていて、今後もワリを食いそうな若い層はそれがわかっているので、ネットと新聞の世論調査がこれだけ乖離するのであろう。

話はかわるが、

奴がなぜ寝過ごすのかというとそれも理由がある。睡眠薬を飲んでいるからだ。奴は元々酒豪なのだが、とある事情であまり酒を飲んではいけない体になってしまった。しかし寝酒がないと寝れない体になっている。

寝酒の習慣は中学生時代に始まったというから、もはや直すのは無理だろう。医者も仕方なく、酒よりはマシということで睡眠薬を処方している。

次回機会があれば、奴がなぜ酒をのめなくなったかを書こうと思う。

失礼があるといけないのであえてリンクをはりませんが、香港の二代目家元さんもランドバンキングに興味をもっているらしい。私も今のファンドへの追加資金を場合によってはランドバンキングに回そうかとも考えている。

タンク将軍のランドバンキングセミナーは追加分も満員になってしまった。タンク将軍に頼めば追加セミナーをしてくれるかもしれない。

あるいは塾長に直接問い合わせてもいいだろうと思う。

ブログ村入村拒否の私ふにっこに変わって、ぜひ塾長のブログでポチっとお願いします。
関連記事

友人の店長のグチ/ギャンブラーで生活は可能か

2010.09.07.Tue.20:13
店長という立場にいる友人のグチです。バイトと面接して雇うのも彼の職務。

最近のグチはどのようなものかというと、まあまあ雇いたい人材なのに、趣味が一番、仕事は二番という人が多いとのこと。

例えば、夢は○○で食べていくことです。○○のイベントや臨時の仕事が入ったら絶対に休みます的な要望が多いらしい。

店長いわく

「いつ休むかわからない奴を雇っても、俺がまったく休み取れないからキツイんだよなあ。」
「いつ休まれるかわからんから予定入れられない。長らく海外旅行行ってないなあ。」
「いつも急な休みばかりで、休んだ気にならないなあ」

じゃあ雇わなけりゃいいじゃん、と言うと

「そういう連中って意外と使える人材が多いんだよ。雇いたくなるんだよなあ。」

じゃあ雇えばいいじゃん。前もって頼めばスケジュールを融通してくれるんじゃないの?

「それが、○○に関しては絶対に譲らないんだよ。無理に頼んでも辞めてしまう。それくらい○○が大切なんだ。」

ふーん。じゃあ何でオマエのところに面接に来るの?

「働きたいときだけOKのような登録制の職場だと、自分の予定はばっちり確保できるけど、働きたいときに仕事がなかったりで、収入的にきつくて、暮らしていくのも大変だし、○○にも金がかかるし、困りものらしい。」

そりゃあそうだよ。相手先もシフトに穴が空かないように、必要人数の3倍以上の人員を登録しておくだろうしね。休みたいとき休みたい、でも働きたいとき働きたいってのは、当たり前に無理だろう。

「そんな話は寝耳に水だよ。自分の夢を譲ることは自分を殺すような気分になるらしい。俺らからしたら金を稼ぐんだから仕事優先あたりまえだろ、趣味は二番目だろ、と思うんだけど、奴らにとっては趣味というよりも生きがいなんだね。でも仕事も一生懸命やるんだよ。だから迷うんだよ。」

『たいした仕事もできないけど毎日でも働けますよ』を取るか、『いつ休むかわからんけど、仕事はできますよ』を取るかだね。

「非常に悩ましい。最近はやっぱり仕事優先できる人材にしたよ。ずっと雇ってれば怠け者でない限りはそこそこやれるようになるしね。『やりたいことあるので1年でやめますが、その間は仕事を優先して頑張ります』でもいいんだよ。1年フルできちんとシフトを守ってくれるなら1年で終わりでもありがたい。しかし収入もそれなりにほしいが○○は絶対に優先したいってのが多いんだ。」

メリハリが利いた人材はなかなか居ないよ。メリハリには勇気が必要だから。メリハリは成功のための才能でもある。仕事優先の間は夢のための行動を制約するわけだから焦りが出てくる。とりあえず収入も○○も両方平行するのが安心だから。後者の○○優先で収入もそれなりにほしいってえのは、実際にはずっと夢追い人状態で結局○○を仕事にして一本でやっていくのは実現してないんじゃないか?

「そうなんだよ。何年もずるずるとやっているようにしか思えないんだよね。あれって効率悪いぜ。メリハリ利く奴らはとにかく働きまくって金を充分貯めてから、その金で1年1日24時間○○に全力投球。だからモノになる。週1だか2だか○○に集中するのかわからんけど、そんな薄い密度じゃ10年続けても、1年24時間集中できた奴に絶対に追いつくわけない。1年働きまくって(1年働かなくていい金貯めてから)あとの1年を○○に全力投球すれば、すぐに週1,2の掛け持ち連中に追いついて、はるかに追い越していく。」

それができない連中が99%いるから、できる1%が頭角を現す。プロレベル、すなわち食えるレベルに行くには全てを捧げて集中するしかないからな。サッカー選手になれなかったらテニス選手になれるように保険をかけて、サッカーとテニス両方練習してますってのは絶対に両方モノにならない。

なぜ仕事をするのかというと食っていくためだから仕方ない。○○も実現したいから○○関連のことでは優先させろというのも頷けるが、それなら先に金を貯めてから、○○に集中した方が効率的だ。そのためには金を貯めるまでは○○を二番手に置かないといけないジレンマに耐えられるかどうかだろうな。耐えられないのが99%ってことだな。

「シュリーマンは40歳まで働いて巨万の富を得、それをすべて夢の実現に費やした。北条早雲は60歳で大名となった。」

まあ、彼らは最初から常人ではないからね。常人の発想じゃあ99%を占める常人レベルで終わる。それは仕方ない。常人で無い条件は常人で無い発想と行動ができるかどうかだ。

「なんか禅問答みたいだな。そういう論理だと常人は夢を見ないで働けってことになるな。」

ある意味それは正しい。ある分野では真に正しい。現在の日本のような状況では、○○のようなまず「才能ありき」のモノに関しては、自分であれこれ動かなくても勝手に関係者が見つけてくれるんだな。

極端な例を言うと、広末涼子は四国の田舎から出たことがなかったが14歳にして発掘されてのデビューだ。劇団なんとかに入団して一生懸命粘っても、仕事もないままモデル事務所でレッスン代だけ毎月散在しても、まったく関係者の目にはスルー状態の奴らはごまんといる。毎週最新ファッションや奇抜な色に髪を染めて原宿を一日中歩いても、スカウトされない奴は絶対にされないってことだ。逆にされる奴は初めての原宿で一発スカウトされる。

「そうだな。さびしいことだな。俺も役者になりたかったがあきらめてよかったよ。」

それはラッキーだ。役者とカメラマンと作家だけは無間地獄に陥りやすい。俺は**のタマゴと付き合ってる女友達には役者とカメラマンと役者のタマゴだけはやめとけとアドバイスしている。

まず第一に演技などは誰でもできる故に競争率が高い。その辺のドラマに出ている役者よりも、悪徳営業マンとか、嫌いな上司にもかかわらずゴマをする中間管理職の方がものすごい迫真の演技力だ。役者は若いうちに芽が出なくとも、中年になったら中年の役ができるし、老人になったら老人の役ができるから一生夢を追う事ができる。

カメラマンもそうだ。今はデジカメだしな。つまり一万枚取ればだれでもそれなりに凄い一枚が取れたりするんだ。もはや確率の問題だよ。1/10000を自分の才能だと勘違いしてあきらめきれない奴が多い。だからカメラマンのタマゴってのは履いて捨てるほどいるから始末に負えない。
プロのプロたる所以は、限られた時間で素人の1/10000のマグレのレベルの写真を毎回きっちりこなすからプロの需要があるわけだ。

小説家もカメラマンと同様だ。ある意味文章などは絵画や楽器の演奏と違って、積み重ねた技術が誰にでもわかるように現れるわけではない。現れないから努力したつもり、才能あるつもりになり、俺の凄さがわからない周りが悪いとなる。自分の才能を自己満足で勘違いしやすい。専門知識や綿密な取材に基づいた小説でなく、身の回りのことを書くようなタイプに自称永遠の小説家やらライターやらが多い。

「じゃあギャンブラーで食っていくと宣言しているお前はギャンブルの才能があるのか?」

それはわからない。時間を自由に使え、仕事をしたいときだけ仕事して、世界中で仕事ができて、かつレバレッジを自由に効かせることができて、しがらみがなくて、在庫や客を持たなくてよくて、生まれ持った才能による差がずらく、勝率と配当がきっちりとマッチしているものというとギャンブルしかない。例えばバカラならプレイヤーとバンカーの二者択一で張る限りはざっくり50%の勝率だ。

「ふむ。確かに。カジノがある国ならどこでも稼げるしな。カジノへ行くのに就労ビザはいらんしな。1万円でシコシコやってもいいし、100万円で一発当てて数ヶ月は何もしないとかできるな。1玉4円で固定化してるパチンコじゃあ無理だな。金で金を稼ぐんだから在庫はいらないしな。小説家や役者も自由なようだが客があってこそだからな。とてつもなく自由なようで人気に左右されるってのはとてつもなく不自由だな。」

東京しか知らないが、東京で馬鹿高い家賃払いながら、借金元手で商売しても90%以上は負けて撤退だ。家賃と返済金を払うのだけで終わってしまい、利益は出ないだろう。出た利益もこれだけ税金が高く、経費の幅も狭いとなかなか残っていかない。そんなんなら勝率50%のギャンブルをやった方がいい。それとも勤め人を出来るだけ長く続ける方が利口だ。それも身分的に守られていて解雇の可能性が低く、雇い主が絶対につぶれない先なら最高だ。
だから今は公務員が若者に大人気だ。デフレになると読んだら、あるいはデフレが長くつづき、かつ増税基調になるなら。公務員は最高の職種だ。黙っていても格差が広がり金持ちになれる。税金負担が多いと税引き前でいかにサービスを得るかが恐ろしい格差になるからな。住宅ローンを税引き後の手取りで支払うのが一番のバカだ。金利が安いとはいえ、30年も支払続けたらバカにならない。格安官舎に住んで浮いた家賃を貯蓄して、30年後にキャッシュで買う分には民間人が手に入れたマイホームと同じものが二軒手に入るだろう。一軒を人に貸せばよい。潤沢な退職金は生活資金として置いておけばいい。

「そうか。民間の住宅ローンだと結局金利含めて家2件分は支払っているかもな。奴隷制度みたいだな。しかもノンリコースローンじゃないから、アメリカ人みたいに担保の家を放棄すれば、借金チャラにはならないしな。土地の価格が30年で二倍以上にならないと絶対にやってはならないのが住宅ローンだな。」

昔と非売品のシンクタンクのレポートを見る機会があった。それによると土地の価格が毎年5%づつ上昇しないなら絶対に賃貸が得ということだ。建物の償却や流動性や隣にしょうもない奴らが来たときなどの突発性のリスクや地震のリスクをも勘案してのことらしいが。

「ふうむ。30年以上のローンで土地がダダ下がり。銀行に担保の土地を取り上げられても、ローンはきっちり残るなんてのは、負けるギャンブル以外のなにものでもないから俺はやらなかった。正解だったのかもな。将来の家なんてどうでもいいよ。車で生活してもいいし、ボートがあれば海で生活したいな。」

そういう形が増えてくるだろうね。俺は不動産投資するなら3万円以下のぼろアパート、風呂なし共同便所のひと棟を買うよ。7,8万のワンルームの住宅需要などなくなるよ。円安になったら輸入しているエネルギー代が高騰、光熱費が値上がりして風呂など入れなくなってしまう。ワンルーム一人暮らしなど世界基準では相当な贅沢だよ。そんなにいい時代は続かない。失業率ももっと上昇するし、人口も減るのだから、オフィスや住宅需要の投資はあまりしたくない。もし年収1年分で購入するなら、完全に生活密着の土地を買いたいね。

「それってどういう意味?家庭菜園とか?」

そうだ。すぐ近くに淡水で魚の取れる湖があること。淡水の湖なら飲み水にも困らないし、井戸も掘れるだろう。同じく近くに小さな裏山か森があり薪燃料が確保できること、庭の土壌は三毛作が可能な豊饒な土壌があること。枯れた土地だと肥料が必要=貨幣が必要になるから×。豊饒な土壌ならムシやミミズもいるから鶏を飼うこともできる。
一年を通してほどほどの気候で常に日照時間が確保できること。家電類を持つには電気がどうしても必要だ。だから太陽光エネルギーが常に利用できる条件が望ましい。最悪の場合は貨幣が役に立たないから、すべてが天然で手に入る条件の土地が欲しい。公害があるとダメなので水力や風力発電でまかなえる程度の人口密度の村で実際にそのようなエコエネルギーで維持している自治体が望ましい。天災を考えると一番破壊力が大きいのが津波だから海の側や低地は嫌だ。

「そんな土地があるのか?一体全体どこにあるんだ。」

絶対にあるはず。しかし絶対にその土地の持ち主は表に存在を知らせないだろうと思う。自分で探すしかないね。

「話が変わるが、ギャンブルの欠点は確実にマイナスの収入にしかならないことだ。控除率ってものがあるからな。それがある率を超えると回数を増やしていくにつれ倒産確率が95%以上になる。半々に近い確率ならと思うが、控除率の存在と大数の法則で勝率が確実に50%を割るとまずは100%食っていけないぞ。」

確かにそうだ。しかし俺は家族もない天涯孤独でいいと誓った。すべては勝負の女神様に捧げると誓ったから、必ず最終的に女神様が勝たせてくれるはずだ。控除率の存在は絶対的に不利だ。しかしそれに挑戦するということは神の領域に挑戦するということだ。これほどやりがいがあるチャレンジはないぞ!

「あほらしくて聞く耳持たないね。一つだけいえるのは、俺が娘に絶対に許さないのは、役者のタマゴでもなく、カメラマンでもなく、作家でもなく、ギャンブラーだな。」


(以下は完全なる主観ですが)

以前から思っていたのはやはり控除率がある限りはギャンブルでコンスタントに稼ぐのは相当大変だということです。アメリカンルーレットなど5%近い控除率では絶対絶対に無理。早々と倒産するでしょう。

最も控除率が低いのがクラップス、しかしこれだけでやっていくのは結構つらい。そうなるとバカラが最適となる。あるいは一緒にプレイするメンバーを選べるならブラックジャックだ。
上記3つのゲームでコンプなどを噛ませていけばなんとかやっていける控除率に持っていけるが、そのためにはたまーーーに大勝する必要がある。一方で大負けは絶対にしてはならない。

対ディーラーのゲームをやる限りは常に確率的に不利な戦いになる。幸い今はマカオのカジノでも常に数箇所でポーカーが行えるようになった。ポーカーはギャンブラー同士の戦いなので技量で勝つ部分が大きい。今後はポーカーをメインのシノギにしていこうと目論んでいる。

ただいま、勉強しつつ、ネットの無料ゲームでたしなんでいる程度です。

-----------------------------------------------

タンク将軍のセミナーが2部とも満杯らしい。ランドバンキングに目をつける人が多いのだろう、あるいは単にタンク将軍に会いたい、シャネル女史、ユニクロ女史目当てであろうか?

しまった!遅すぎた!と後悔したならタンク将軍にメールだ。追加セミナーをしてくれるかもしれない。


関連記事

もはや無料開設が当たり前!!(HSBC)/ファンド報告書二回目

2010.09.05.Sun.23:53
以前Twitterに書いたのだが、婚活バーに同伴したときの自分勝手な友人(♀)が、私もHSBC口座開設したいので、お前が香港まで同伴して口座作成の手伝いをしろ!としつこい。

意味もなくただ口座をつくっても仕方ないぞ。結局は凍結してしまうことになる、と順々に説明したのだが、聞いちゃいない。

「香港旅行のついでにつくるのよ。三千円くらい入金するのはやぶさかではないわ。」とアホなことを言う。

HSBCお助け支店の口座開設キットを申し込んでおけば事前準備は大丈夫だ。英語をしゃべるのが不安なら、HSBCのジョン万次郎(日本語ぺらぺら)のいるオーシャンセンター支店へ行け。但しずっぽしされるのは覚悟しておけ、と言っておいた。
$funiccoのブログ

「私は高いわよ。万次郎から私のHSBC預金はせしめることにするわ」などどわけのわからないことを言っている。

ちなみに読者のみなさんへ紹介しよう。こいつは上○桃子をふけさせてやや太らせたような感じだ(現在30代後半)。若いころは顔も体型も上○桃子に似ていたが、寄る年波には勝てない。
$funiccoのブログ

「口座開設キットが届いたよ」と電話が来たので、「万次郎はどうよ」と尋ねたら、

「この男、早そうね。」とつぶやいていた。はたして真偽はいかに!!!!

香港は20年ぶりかもと言うので、お茶がてら今の香港を説明した。キットも見せてもらった。

私の以前の記事で、口座開設キットと通訳を数千円で頼めば、これだけで口座は開設できると書いたが、ジョン万次郎のところへ行けば通訳費用は必要ない。

もはやHSBC口座開設は無料があたりまえの時代になった。

ほんの1,2年前には悪徳業者にだまされて数十万も支払う人もいた。まあまあまともな人でも数万円の出費となったりもした。

しかし、口座開設キットには単なる口座開設を超える特典が記されていた!

私は今から口座申し込みをすべく口座開設キットを申し込んだ人が非常にウラヤマシイ。マジでうらやましい。時代は変わったと痛感する。

今後は口座開設でカネをふんだくる悪徳業者は激減するだろう。

-----------------------------------------

ファンドの報告書が来た。二回目だ。ちなみに毎月ファンドの資産額、状況等が書かれている。香港IFAの資格を持つ塾長による相場見通しなどが送られてくる。

悪徳業者などはこのようなサービスをするわけがない。その理由はブログに以前書いた

こいつらはファンドを買わせたらそれで終わりだ。フォローや入れ替えやリバランスなどはやらない(ちゅうかやれる正式資格はないだろうと思う)。そんなことをする労力があったら、新しい鴨を見つけるべく営業する。その方が儲かるからだ。

そもそも単に紹介、仲介のみの業者だ。一応は投資顧問業の登録番号を持っていたりするが、これは単に登録すればいいだけだ。貸金業と変わりない。一任業者の免許を得るのはそれなりに大変だが、投資助言オンリーだったらまあ誰でも登録できる。一任業者か助言業者かを確かめておくといいだろう。

こんな単なる紹介業者を通してファンドを購入したら、何もしてくれないに等しいのにもかかわらず毎年毎年何十年も助言料金などというカネを引かれる。もちろんファンドの運用費用などは別でかかるわけなので、余計な中間搾取が一枚加わっただけのことだ。

さらに悪質なところは、ファンドとまったく関係ない入会金だの会費だのを取られたりもするだろう。何十年もだ。

香港IFAを通して香港で購入する以外のルートは、日本の業法ではグレーな部分が残ると思ったほうがよい。その辺はセミナーでスタッフに直接疑問をぶつけるか、セミナーへいけない人は塾長やタンク将軍に聞いてみるといいだろう。

(塾長のブログでポチお願いしまっす!)

***********************************************

ブログにカウンターをつけてみた。タンク将軍と違って私のブログの政治ネタは人気がない。日本での日常ネタも人気がない。やはりマカオのサウナネタやずっぽしネタだとどかんとアクセスが増える。

ブログ村入村拒否ブログとしてはお下劣ネタも徐々に増やさないといけないだろう・・・・・・とのプレッシャーに負けて二年ぶりに日本の風俗へ行ってしまった。

カネを捨てたようなものだったが、怒りよりもがっかり感と後悔の念が強く、筆が進まない。とりあえず明日にでもブログで紹介します。



関連記事

民主党代表戦

2010.09.04.Sat.00:06
もはや大手新聞、TVの報道は作為によった偏向報道ばかりとなってしまった。間接媒体を通して判断をすると間違えるので、せめて代表戦に関してはノーカットで見てみることにした。

民主党Website【ビデオ配信】民主党代表候補公開討論会

コメントは控えるが、マスコミが間違えた報道をする点は投資に有利に働かせることができる。間違いを信用した奴らの逆をやれば儲かる。しかし経済ニュースはともかく政治に関してはまともに報道してほしいものだ。そうでないとマスコミは単なるプロパガンダ機関に成り下がってしまう。

大手新聞はほとんど読まないが、大見出しの間違い記事を見て、どれだけの人がそれを信用するか、その結果どういった行動をするかの予想をするために閲覧することはある。スポーツ新聞はほとんど毎日読む。スポーツ新聞には大手新聞が無視するような記事が事実のまま報道されるので面白いからだ。

代表戦に関していうと、器としても人間性としても缶はダメだろう。雇用雇用というが、経済が回復しないと雇用は増えない。円高になっても株安になっても知らん振り、小沢が代表戦に出ると聞いて慌てふためいてとりあえずの円高、株安に関心あると言い出した。

缶の雇用連呼にはどのマスコミも突っ込まないのが笑える。小沢の政治資金問題には突っ込みまくるが、記者自体が政治資金報告書を読んでないのがバレバレだったりする。

メディアが強烈に缶を後押ししているので、新聞やTVを見た(信じている)党員、サポーター層が缶を指示するかも知れない。まあそれでもいいだろう、日本株売りのポジションを取るだけだ。

どうせ落ちるならガーーーっと落ちてパニックになってほしい。なぜならセリンククライマックスでのリバウンドが美味しいからだ。しかし10000万円割れたらヤバイぞ!⇒9000円に水準訂正、9000円台なら安心だ⇒9000円割れたらヤバイぞ!⇒8000円台なら安心だ⇒・・・・・でずっと続くのだろうか。

こんな儲からない市場からはどんどん参加者が逃げていくだろう。東証も倒産か?赤字が続くので東証自体が東証上場基準を満たせないという笑い話だ。

とりあえず公開討論会をノーカットで見てから、youtubeなどでTVニュースで流した公開討論会映像を見比べて欲しい。結構面白い。そして大衆はどういった方向へ誘導されているのか、その結果どのような間違いをして損をするのかを考えてみる。私たちはその逆をやって儲ければいい。

とりあえずNYダウは少しずつショートポジションをつくろうと思っています。結構益を取れる局面がくる予感がします。どちらにせよ、動きがあるのでポジションを持ち、利益を上げるチャンスが多い、動きがある市場に投資しないと一般投資家は絶対に勝てませんので。


若林先生のセミナーが10月にあるようだ。

実は私ふにっこは先生の著書を読んだ事がある。

「10年大局観」で読む 2019年までの黄金の投資戦略/若林 栄四

¥1,575
Amazon.co.jp

宇宙の真理黄金分割を重視した論証と予想だ。これに感銘してセミナーDVDを購入したこともある。

セミナーの特徴をズバリ言おう。非常に具体的にズバリと相場を予想するのだ。それに対する具体的な投資方法なども提示してくれる。つまらん評論家のセミナーとは一味違う。自分のカネで投資をしていない奴の相場見通しを聞いても仕方が無い。実際に自分でも投資を行っている人のいうことは実践的、具体的であり、その結果いかんによらず、投資家の血肉になるだろう。

関連記事

中国語マジではじめるぞ!

2010.09.01.Wed.20:31
マカオのサウナへ行くようになってから、小姐と会話する必要性から中国語を本格的に勉強しないとイカンと考えていた。

中国語はまったく勉強したことがなかった。マカオへ行くまではイーアールサンスーウーロンチャくらいしか知らなかった。

しかし本を買って勉強するのもいまさら辛い。そこで最初に手を付けたのが、これである。
学研 中国語三昧DS/学習研究社

¥3,990
Amazon.co.jp

なかなか良くできていて、自分の発音を録音して先生の発音とくらべて聞いたりできる。7割方進めたところでとんでもない障害が発生した。それがこれだ。

ラブプラス+/コナミデジタルエンタテインメント

¥4,801
Amazon.co.jp

中国語三昧では1時間もしないうちに眠くなってしまう。しかしラブプラス+は4,5時間続けることができる。これにはまってしまい、中国語三昧に挫折した。ラブプラス+で費やした分の時間と集中力で、中国語三昧をやっていれば今頃は中国語がかなりしゃべれるようになったのではと思う。

そこで中国語上達はあきらめ、通訳ソフトに頼ることにした。某サイトで評判の良いJ北京を購入した。

翻訳ウォーカーj・北京V3/高電社

¥31,290
Amazon.co.jp

これを導入するために携帯電話をスマートフォンに換えた。htcのS21HTだ。J北京の手書き入力機能がどうしても利用したかったので、熟慮の末にこれにした。本当はi-phoneがほしかったが仕方ない。
この携帯電話は高性能だがバッテリーの減りが無茶苦茶早い。J北京を1時間も使っているとバッテリーが半分くらいになってしまう。従って音楽を聴いたり、ゲームをしたりの機能があるがそんなことをしていたらすぐバッテリーがなくなるので、外に持ち歩いている時は電話とメール以外には利用できない。画面も汚れるしJ北京利用時には頻繁に文字を書くので大容量バッテリーと保護カバーが必要だろうので、バッテリーとあわせて下に載せておいた。

EMOBILE Touch Diamond 専用 液晶保護シート 『Perfect Shiel.../PDA工房

¥価格不明
Amazon.co.jp

EMOBILE Touch Diamond. S21HT の大容量対応バッテリー/ロワジャパン

¥価格不明
Amazon.co.jp

実際に利用した感想はイマイチだった。電子辞書として使うのは手書き入力機能があるので非常に便利だ。これが携帯に入っているのはとても便利だ。しかし実際に使うとなると、単純な文章なら良いが、込み合った文章だと誤訳したり、意味不明な訳をする。単純で短い文章でのやり取りしか無理だろう。
また、手書き入力になれていない小姐だとやり取りしているうちにうんざりしてしまうだろう。これを利用して会話を重ねてコミュニケーションを取って仲良くというのは・・・だ。

しかしよく出来ている。だが3万円で購入したら後悔するだろうと思う。私はBBソフトダイレクトというネットショップでダウンロード購入をした。15000円くらいだったのでまあいいか。

しかし実際に私はスマートフォンをあまり使っていない。マカオでは昔のぼろい電話をそのまま使い、写真を撮ったりJ北京を使うときだけスマートフォンにSIMを入れ替えて持っていく。画面のタッチ操作が無茶苦茶肩が凝るためだ。

ビーフマンさんの痛風発症日本強制送還会で、スパン王子がi-phoneでかなり良い音声認識翻訳ソフトが出ると言ってたのでショックを受けた。日本語で携帯に話しかけると、それを携帯が外国語に変換してしゃべるらしい。これの中国語版がでたらすごく楽だ。肩こりの心配をしなくて良い。

が、スマートフォンとJ北京をあわせるとそれなりの出費なので非常に悔しい。よって、i-phoneを購入しなくて良いように、自分で中国語を勉強しようと思う。早速中国語教室を探すことにする。10月後半までガーっと勉強するつもりだ。あと二ヶ月も無い中でそれなりの効果を上げたいので、マンツーマンかセミマンツーマンコースを受けてみようと思っている。

ビーフマンさんはその能力を見込まれて東京専任スタッフとして栄転した。東京開催のセミナーではビーフマンさんに会うことも多いだろう。皆さんビーフマンさんに会ったら『痛風大丈夫ですか!』と声をかけてみよう。

9月の水曜日は毎週いろんなセミナーが開催される。ただし22日の海外で会社をつくろうセミナーは既に締め切りだ。これは私も参加しますので、差し支えない範囲でレポートいたします。

またタンク将軍のセミナーは25日の土曜日だ。第一部は早々と締め切り、第二部もそろそろ危ない、急いで申し込もう。

9月に集中的にセミナーに参加して、いろいろ予備知識を仕入れ、年内に香港で実際にHSBC口座開設等に動き、この歴史的円高のうちに円資産のある程度を外貨に換えておくのが良いと思います。円高が突っ込む場面では迅速にFXを使っての小まめな外貨手当てをおススメします。

HSBC口座、海外FX、海外投資、すべてが9月のセミナーで網羅されています。香港に行ったら塾長の少数セミナーや個別相談で相談してみよう。現在の自分の年齢や収入、資産状況にあった投資方法をアドバイスしてくれるでしょう。

このブログが役立った、まあ面白いと思った人は、ブログ村入村拒否のfuniccoにかわり、塾長のブログの[オフショア投資]をポチっとお願いします。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。