悪徳会社リージャスのブログ

2010.07.30.Fri.23:27
こちらをどうぞ

折角香港のネ申様が応援しているのだからてぃんとんさんにはがんばってほしかった。

詳しくはブログを見て欲しい、ブログリレーをしてこの悪徳会社を皆に知らしめよう。この会社のサイトは非常によく出来ているので、何も知らないでいるとだまされてしまうだろう。

個人的には投票がウケている。タンク将軍に一票いれさせていただいた。

話は変わるが、私の知っているウェブサイト製作会社もむごい悪徳会社だった。社長が病的なほどのケチで身勝手だ。

就職難をいいことに、入店希望者が必死になっているのを利用して、就職試験と称して自分の会社の契約先のサイトを作らせたりしている。また仮採用期間と称してマック並みの時給で労働させて、その仕事が完成して人がいらなくなると、やっぱり採用見合わせとかしゃあしゃあと言ってのける。

そんなことをやっているくせに、サイトには社会的使命だのなんだのと書いている。まさに悪徳の栄えだ。

話は変わるが、7月から都内のネットカフェでネットを使おうとすると身分証明書の提示が必要らしい。アホか。そんならパチンコやるのも身分証明書提示にしろ!成田の帰国時の申告カード提出も面倒この上ない。


関連記事
スポンサーサイト

シ○リス漢方バージョン

2010.07.29.Thu.14:57
シ○リスの連続服用は身体に良くないという懸念が去らない。友人がビンビンとの香港のネ申様報告もあり、漢方版のシ○リス【威哥王(ウェイカワン)】を購入することにした。
$funiccoのブログ
中国で天然のバイアグラと呼ばれる人気の薬です。ED治療薬が科学的に勃起を発生、持続させるのに対して漢方薬系の薬は薬効で勃起力を補助します。
バイアグラなどが体質的に合わない方は、こちらもお試しください。
主成分:海狗鞭、水牛鞭、広狗鞭、羊鞭、鹿鞭、高麗人参、枸杞
※最終行にBSS(ビンビンスパンスパン)王子のコメントあり。

↓ついでにこちら【女欲霊(ニューユーリン)】も購入した。
$funiccoのブログ
漢方薬成分の女性用媚薬で、ローション代わりに3~5滴を女性の秘部に塗りこむと5分程度で効果が現れ、性感度がアップし今までにない快感を味わえます。悪用厳禁!
主成分:朝鮮人参、スイカズラなど

大量に保持していても漢方薬であれば仮に税関で調べらても問題ないだろう。1ヶ月滞在にそなえシ○リスを30錠持っていったときは、もしチェックされたら嫌だなあと思っていた。

これらはマカオ好きが散々お世話になっているサイトWonderingalのED治療薬輸入ナビから購入できる。

輸入品なので日数がかかる。8月下旬の香港・マカオ行きまでにゲットできればいいが。

↓女性用バイアグラだ。昔これを数錠購入したことがある。実物はもっとテラテラしたショッキングピンクだ。かなり怪しい外観なので、ずっぽし友達でもまず断るだろうと思う。そういうのに興味ある女に服用させたことがあるが、「効かないジャン」で終わってしまった。
$funiccoのブログ

このブログはCCM HongKongのスタッフMさんも愛読しているらしい。

1 ■立ちっぱなし
少し前にお客様から薬を頂いて、立ちっぱなしだった事がありました。
その時に過去最高の9回連続発射を記録したのですが。。。薬って怖いです。
関連記事

初回以降のマカオ/空タンクvsシ○リス

2010.07.29.Thu.00:18
2005年の初マカオ以降は、年に2,3回はマカオへ行くようになった。

2007年にはギャンブラーとしてやっていけるか試そうと思い、マカオに1ヶ月滞在した。結果は、カジノはほどほどでサウナにばかり行っていた。

2006~2008年は実弾発射だったのでタンクが満タンになるサイクルにあわせ、サウナは2,3日に一回のペースだった。一回の旅行で10日平均で滞在するようになっていたので、そのくらいで問題はなかった。

しかし1日1発の実弾発射しか不可能であり、満タンまでを2,3日見ないといけないため、地雷やデッドボールに当たった場合には、あえてあえて実弾を発射せず空でお茶を濁して実弾を温存し、ダブルヘッダーに望んだこともある。

ダブルヘッダーは1滞在に1度は必然だった。一度だけトリプルヘッダーを敢行したことがある。空⇒空⇒真発射という結果になった。昼に回遊魚、夜に夜総会で外れ、その後にサウナ突入というパターンだった。

S王子のようにすべて実弾ではないので前2回はカネを捨てたようなものだ。

2009、2010は急激にタンクの充電率が落ちるようになった。満タンまで4,5日かかる。そうなると滞在中のサウナ回数は激減、10日滞在で2回しか行かなくなった。。。。。とはならなかった。

かえって毎日のように行くようになってしまった。なぜなら空発射を容認した上でサウナに行くようにしたからだ。空容認であればシ○リスの助けさえあれば無限に可能である。(腰痛と心拍機能で限界は来るのだが。)

2009年(正確には2008年後半)からシ○リスの助けを毎回借りるようになった。それまではコンディションに不安があるときにだけ服用していたのだが、毎回必須になってしまったのはヤバイ。

完全なEDではない。立つことは立つ。しかし股ぐらの兇器が気まぐれになってしまった。勃起回数が制限されるようにもなった。

具体的に言うと、中折れしたり、途中でしおれると次の勃起が不可能になるという症状が頻発した。

マットとベッドが別れているサウナで頻発した。詳しく述べると、マット遊戯で勃起してから本チャンをするべくベッドへ移動するのだが、ベッドで小姐を待つまでに萎えてしまうのだ。そして一度なえると次の勃起が不可能になる。

つまり、1プレイ1勃起&勃起時間が短時間となってしまった。そうなると大変だ。マットを省略して最初からベッドへ行ったり、マットで勃起してしまったらその場で本チャンできるように、シャワーまで近藤局長を持参したりするようになった。

中国語しかわからない小姐さんだと説明もできないので、怪訝な顔をされ、雰囲気が壊れますます勃起力に支障がでるようになった。

したがって、2009年初頭は英語のわかるコリアンやモンゴリアンを指名し、中国小姐は指名しなくなった。しかし本場中国で中国小姐を避けるのも愚かだ。人数が多いのでそれなりにいい嬢も見受けるが、中国人ゆえに対戦を避け、レベル落ちでかつ値段の高いコリアンを選ぶときは断腸の思いだ。

夜総会で英語のわかる中国小姐を選ぶ手もあるが、選択肢が狭い上に時間も取るし、コストも高いので問題だ。

そこでシ○リスの出番となった。シ○リスを服用しているとマットからベッドへ移動し小姐が来るまでに勃起が持続する。なえてもすぐに勃起する。非常に便利だ。そういうわけで毎回の必須となった。

しかしそれに依存しすぎてはヤバイ。10日間とか2週間とか毎日服用を続けた場合の副作用も非常に心配だ。

しかし稀にシ○リスが必要ない場合もある。それはリピート嬢の場合だ。初対面と違ってある程度のコミュニケーションは取れているし、リピートするくらいだから相性も良い。よって、サウナで相性の良い小姐が見つかると2度3度リピートするようになった。毎回初対面よりも楽しい部分もある。しかし毎回サービスが低下してくる場合もある。

リピートするほどの小姐が見つからないと、毎回初対面なのでシ○リスが必須となる。これではイカン。シ○リス依存に戻ってしまう。

そこでいい方法を考えた。

①ショータイムで小姐を指名する。
②すぐに客席へ戻ってチンチンマッサーを受ける(もちろん黒服にはマッサーが終わるまでプレイを待っていてもらう手はずを了承済みだ。)。
③チンチンマッサーの超絶勃起力を維持したまま小姐との対戦に臨む。

①と②が逆になる場合もある。大々的なショータイムでなく、あいている数人の小姐を客席前まで並べてくれる場合だ。時間を選ばずいつでも小姐さんが選べてすぐに部屋にGOできるサウナの場合だ。

チンチンマッサーを受けながら、小姐を目の前に並ばせて選んだりしたこともある。一番効率的だ。

残念ながら大規模で人気のある十八サウナだとこのような小回りの利く対応はしてくれない。プレイ部屋が空く時間も計算できないので、チンチンマッサー後にすぐ突入とはいかない。

最もシェアを占めていた十八サウナから遠ざかったのはこのような理由もある。

日本の風俗からは早1年、いやもっと遠ざかっている。マカオの星級とかを見ているので、日本のデリヘル平均値レベルではまったく満足できない。風俗店の画像はまったく信用できないので一種のバクチである。

それだったら、実地で何十人も見て選べるマカオのサウナへ行ったほうがずっと良い。

日本のデリヘルでスマタの本番無しだと、60分プレイ代2万円前後、ラブホ休憩で5千円位、時間通にくるわけではない。早くて30分、平均で1時間待ちというところだろう。本番は違法なのでリスクがあるうえに、余計な金がかかったりもするので、日本の風俗に行く気はまったくない。



(プレビューで読み返してみたが、非常にくだらないことを訥々と書いていてアホだ。)
関連記事

超悪徳会社リージャースに鉄槌を!みんなの輪だう!

2010.07.27.Tue.03:30
超悪徳会社リージャースに鉄槌を!

香港マイタン日記より転載↑上のリンクから全部読めます。

リージャスHP
さすが、HPだけはうまくつくっている。だまされるな!!

(利用規約らしい)
お客様は、リージャスグループのWebサイトを使用および閲覧することによって、ここに記載されている利用規約、およびすべての適用法と規制の文書を読み、理解し、またそれらに従うことに同意したものとみなされます。 これらの利用規約に従うことに同意しない場合は、本Webサイトを使用しないでください。 リージャスグループは、事前の予告なしに、これらの利用規約を変更することがありますので、定期的にこのページにアクセスして、条項が変更されていないかどうか確認してください。 利用規約の変更後も本Webサイトを引き続き使用すると、お客様がこのページで変更を確認されなかった場合でも、その変更に同意されたものとみなされます。←アホか
関連記事

初マカオ たぶん2005年

2010.07.26.Mon.20:12
ラスヴェガス系のカジノはサンズしかなかった頃だと思います。もちろんタイパ島も埋め立てされてなかった頃です。

友人と二人で出かけました。初心者だったのでマカオシティ側のホテルのカジノにはどうもなじめず、ラスベガス風のサンズにばかり行っておりました。

ランドマークホテルに泊まりましたが、ホテルのカジノに入るのに毎回パスポートが必要で、小銃を持った軍人が立っていたのでビビリました。ですがサンズはスイスイとパスポート無しで入れたので驚き。

いちいちラスベガスへ行かなくとも、東洋のこんな近くでこんなカジノができて非常に幸せを感じた覚えがあります。

1日目の初サウナは豪門桑拿殿というマイナー系。ネットを見てなぜかここに決めました。飲み物や食べ物を聞かれ、無料といわれたのにボッタクリに違いないと友人が警戒したため、一切飲み食いしなかったアホ丸出し。

2日目は至尊夜総会。筆談で会話した覚えがあります。

3日目は回遊魚を買った記憶があります。この回遊魚の記憶はあまりないので、おそらくいい思い出ではなかったと思われ。

3泊だったのでこれで終わり。次回はダーリンへ絶対いくべ!!とダチ公と誓い合ったのでした。

カジノではバカラオンリーの二日間負け。三日目最終日の最後の最後の深夜2時30分ごろに倍々の4連勝で、航空券、ホテル、小姐、食事もろもろの旅行経費を賄ってプラス次回の航空券代くらいの勝ちとなりました。

4連勝目になぜか中国人多数がみんな私の側(バンカー)に張り、プレイヤーが一人もいない状態、こんなのは初めてだったのでプレッシャーでビビリながらも勝ち、「俺ってヒーローじゃん!」と思ってしまったのが、カジノにはまった要因のひとつかもしれません。
関連記事

2010/07 マカオざっくり報告総括

2010.07.23.Fri.22:28
<クーポン消化と偵察の期間>
6/30 東方サウナ:真発射@大黒天似 クーポン有
7/1 リオサウナ:休憩のみ
7/2 十八サウナ:休憩のみ
7/3 極品サウナ:休憩のみ
7/4 リオサウナ:休憩のみ

<実践期間>
7/5 極品サウナ:真発射@ハリセンボン 
7/6 帝豪サウナ:空発射@エロテク星級
7/7 リオサウナ:真発射@デカロシア
7/8~11:所用にて香港滞在

<腰痛&キモチイイ障害期間>
7/12 リオサウナ:空発射@やんごとなき
7/13 帝豪サウナ:空発射@若カワイイロシア
7/14 東方サウナ:空発射@前回のなじみ嬢
7/15 帝豪サウナ:空発射@エロテク星級/2度目
7/16 リオサウナ:空発射@デカロシア/2度目

<カジノメイン期間>
7/17 帝豪サウナ:真発射@ビビッときた小姐
7/18 カジノ継続にてサウナ無し
7/19 リオ夜総会:空発射@モデル小姐
     十八サウナ:休憩のみ
7/20 極品サウナ:空発射@杏仁餅
7/21 夜フェリー決行にて足止めサウナ無し
7/22 リオサウナ:休憩のみ
(最終日) 

<集計>
真発射 4
空発射 8
休憩のみ 6
※以上の発射はすべて一回です。複数発射なし。

☆総括

今回はなるべくシ○リスの力を借りずしてずっぽし突入できた。シ○リスだと空発射の確率が高くなるから避けられるなら避けるに越したことはない。そのため良い手を考えた。チンチンマッサーの余韻を利用して突入するという作戦だ。
実践期間
はいい感じで突入できた。真→空→真の流れで真発射が優位だ。近年にない現象だ。

しかし思わぬ伏兵がやってきた。腰痛の発症とキモチイイ発言による萎えだ。この期間の五戦はすべて真発射ででもおかしくなかった。小姐の質もよかったし空で終わる要素はなかった。しかし腰痛とキモチイイ発言により全滅となった。リピ嬢が手抜きしたので盛り下がりの要素もあった。

カジノメイン期間は関心がエロよりも完全にカジノに移行していた。サウナにはカジノからの逃避行動で突入するパターンだ。7/17のビビっときた小姐は凄かった。空発射で蓄積された鬱憤が破裂したか如くだ。もちろん発射は一発だけだが量が凄かった。

ここで数少ない実弾を討ち果たしてしまったのだろう。自分の関心がエロから遠のきカジノメインとなった。前回と違いなじみ嬢が出来なかったのでほぼ毎回新顔を選んだ。

反省点としては、運動不足で腰痛が発生、同じく心肺機能低下により、発射近くにピストンで追い込めない。心臓の方が疲れてしまいます。運動しないといけないと痛感。

食事も影響しているのかもしれない。
朝メシ:寝坊してホテルで食えずにスタバでクロワッサン
昼メシ:カジノ
夜メシ:サウナ
でほぼ済ませていた。栄養分低下がタンクが充電しきれずに空発射で終わった原因かもしれない。

知る人ぞ知るS王子は必ず複数回発射するんだからたいしたものだ。常にタンク充電作業が行われているのだろう。
関連記事

恐るべし【妖怪村上まるこちゃん】登場

2010.07.23.Fri.20:53
あまりにインパクトがあったので書かざるをえない。おまけにアイコラまで作成しました。
$funiccoのブログ


見ての通りちびまる子ちゃんの外形そのままで顔だけ日焼けした村上世彰=村上まるこちゃんの呪いのお話です。場所はマカオのグランドエンペラー、通貨はHKDですがドルと記述します。

身長140センチ痩せ型猫背の50代のババアです。テニスウェアらしきポロシャツにズボン。ビニールの弁当箱のような鞄を肩から掛けています。

マカオのグランドエンペラー4Fにて遭遇。私はテーブルの一番角に座っておりますと、ふと後ろに異様な気配。かなりな貧乏神オーラを発しています。隣が空いておりましたが、座られたら嫌だなあという予感が的中、隣に座ってきます。

(オイオイここはMin500ドル台だよ、おばちゃん500ドルしかもってないじゃん??)

嫌な予感が的中、私の1000ドルベットの上に200ドル載せてきました!!ベットはバンカー側だぜ!!ディーラーが何も言いませんのでグランドエンペラーでは許されるようです。ローカルルール?

このバンカーベットはその後の流れを占う試金石的なベットでした。ここでバンカーが来たら倍々で載せていこうという目論見がありましたので、凄く嫌な予感と気分です。案の定負け。負け方もよくありません。

こういうときはテーブルを変えないといけません。ぐるっと回って別のテーブルへ。さて気を取り直していくか!

ここが勝負だ!ベットしようとすると背後に嫌な気配。なんと背後霊のようにまるこちゃんがいるではないですか!!!

そして私のベットの上にまた載せようとする。このババアノーモアベットの寸前で載せるんで厄介です。あわててベットを引きましたよ。案の定ベットしていたら負けでした。

私がベットをしないでいると隣のケバおばちゃんのチップの上に載せました。これもバンカーです。ケバおばちゃん露骨に嫌な顔してます。ロットから言っても勝負所。案の定負け。その後ケバおばちゃん連続3回負け、席を立ちます。

ここで私は考えました。まるこちゃんの後をつけて、反対にベットしたらいいのではないか??

というわけで後をつけたのですが、ぐるぐるテーブルをまわっては「見」を繰り返し、なかなかベットしません。20分以上後をつけた後、やっとベット。とある人の1000ドルチップバンカー数枚の上に200ドルを載せました。

反対のプレイヤーにすかさず張ります。とりあえず2000行っとく!?勝ちました。

おばちゃんの残りは100ドル。後をつけ続けたのですがなかなか張りません。残りの全財産の100ドルチップですから慎重になっているのでしょう。最終日でフェリーの時間も迫っています。時間がもったいない。

まるこシグナルはあきらめ、別テーブルで張るも一進一退。なんとか流れを見つけて勝負したいところです。

勝負所がきました!!しかし嫌な予感が・・・・的中。案の定まるこちゃんが背後にいます。私のチップの上に載せようとしたので断りましたが、完全に集中力が切れました。気分もローギアです。案の定負け。

(このババアがそばにいるだけで負けを呼び込むに違いない。)

それ以降は、ババアが後ろにいないかだけ気になってダメダメです。張る前に毎回きょろきょろ周りを見回す始末です。資金が徐々に解けていきます。もう4Fは撤退して5Fに行こう。

4Fは300ドルの台があり、打たれ越したり、試し打ちで様子見するには便利なのですが、今回は5Fのハイリミットエリアに撤退です。

5Fは500ドルからですが、みなさんノンネゴの1000ドル煎餅で打つ人がほとんど。庶民にはやや敷居が高い雰囲気ですし、仲間内なら別ですが、赤の他人が小銭載せようとすするのをディーラーが阻止してくれますので、まるこが来ても意味がないんです。ですから彼女はもう来ないでしょう。

5Fにおける勝率は50%程度。だが徐々に資金が減る最悪の展開。どうも集中力がないし、無意味なあせりばかりが湧き出てきます。まるこの呪いか!

こういうときはもっぱら「見」にいそしみ、来るぞと言う予感が確信にまで至り、ベットへの恐れも欲もない真っ白な心が出現、そんなときに大ロットを張ると結構な勝率を得ます。そのときにズラが続いているなら最高。どんどんノリノリで張って行きます。

来ました勝負時が!!!縦にバンカーズラが3つ出ています。私の脳裏には更にズラが続いて底で横折れしている掲示板の罫線画像がくっきりと浮かびます。

これだ!欲も恐れもなく、脳裏にくっきり見えるバンカーのズラに沿って張っていくだけの無の境地!

まずはロットを上げバンカーに張ります。まるこ出現以来、すなわち本日の負けがチャラになる金額です。プレイヤーは計6で確定。私の一枚目は9、悪くない手です。私にはもう一枚のカードにコン(ピクチャー)がくる予感がありました。

勝負!!!!!!!!!!!!!!!!!!じっくり絞ろうと思ったその時・・・・・耳元で小声で「コン」の声。応援してくれるのはありがたいのですが、地獄からのささやきのような嫌な予感。

そうです、まるこちゃんが私の背後で「コン」とつぶやいていたのです。

見事スペードのエースを引いて合計ゼロ、沈没しました。おばちゃんはそそくさとエスカレーターを降りてゆきました。

その後は異常なる負け率&ことごとく勝負所での負けを繰り返しました。今回の滞在中(三週間)ほぼ行けば毎日連勝していたマカオ滞在中の勝ちの約半分近くをこの日に溶かしました。

メンタルトレーニングがまだまだできてないと反省することしきりです。カードはすべてランダムで不確実で、すでにシャッフルされて載せられているだけなのですから、カードの目にまるこちゃんは関係ないのです。しかしこういうことは非常によく起こるから不思議です。

今回の敗因は明らか。完全に集中力切れてますし、冷静になってません。無の境地のはずが、いっぺんで負けを取り戻そうという意図で大ロットに張ったりしてます。

全然なってません。とっとと撤退するべきなのですが、できませんでした。まるこが去ってからの勝負は余計でした。

集中力が切れていたり、理性より感情が行動を支配している時は、メンタルのほころびから資金管理がぐたぐたになりますし、マイルールも守れなくなって自滅します。

今後はこのようなことがないように、更なるメンタルトレーニングを積むと決心したのでした。そしてまるこが出現したらカジノは打ち切ってサウナへ撤退すべしと心に誓ったのでした。

関連記事

塾長の警告!

2010.07.18.Sun.20:26
記事から抜粋↓

”しかし、そうなった時には既に手遅れです。
国は資産が国外に出ないように、何らかの手を打ってくるでしょう。
出国時の手荷物検査が厳しくなるかもしれません。
海外送金する際に何かしらの負担を強いてくる可能性もあります。”

塾長の警告に対して思うところを書きます。2005年あたりから、軒並み様々な金融規制が強化されました。

2007年には日本に登録されていない商品(ファンド、保険など)を日本で購入出来ないようになりましたし、有形無形の圧力により日本に居ながらの郵送での海外口座開設もできなくなりました。

その他には、金地金売買時の身分証明書提示。税関での現金持ち出し、持ち込み規制の厳格化。帰国時には申告時のカードを絶対に出さねばならなくなりましたね。無申告でもカードを書いて出すのは日本くらいでしょうか?

海外送金規制もいったんは大幅にゆるめられて後、2000年代半ばからの急激なる規制強化(国内銀行へ行って20万くらい送金手続きしましょう。実態がわかります)。じゃあ現金を腹巻きに入れて海外へいけばいいじゃん!となりますが、全身まるみえスキャナーが導入されようとしていますね。
(金属片的なラメ入り新札になってからは、税関で実際は把握しようとすればできるけど今のところスルーしているのでは?という懸念を私個人は感じています。)

世の中には、法律を作る側、それらに関与できる側の少数と、法律が出来てからはじめてそれを知る側の圧倒的大多数がおります。

上記の規制について私なりに感じるのは、緩和された規制は後々再強化されるのが日本の特色であるということです。ざっくばらんに言いますと、海外口座も海外送金も金地金その他諸々の規制も、前者の少数者の必要性から緩和され、彼らが十分にメリットを享受し終わり、多くの人々に知られ始め、実践され始めた時点でそれを行えないように再規制に入るんではと感じます。

今現在緩和されたていたり、規制が無くて自由な事柄を”これからもずっとそうだろう”と考えたりしていると、いざというときには非常に面倒くさくなるのです。ここ十年来の流れを見ていればわかります。


情報とマネーの規制は最終段階に入っているのかな、今しかチャンスはないかもと感じています。マネーの移動のあとには富裕層の海外移民が進むと思われますが、今の政治の進む方向は規制強化ですから、ヒトの流出規制も厳しくなるかもと危惧しています。

誰でも自由に海外へ行けるのが当たり前で、今も昔も将来もそのままが続くという思考パターンは危険です。海外渡航規制は昭和40年頃まで存在しました。海外に行くには政府に査証を発給してもらわないといけませんでしたし、ものすごく厳密な現金持ちだし規制もありました。

40年前などは海外旅行は庶民には夢のまた夢の時代でしたから、渡航規制などは国民の多くの記憶には残っていないのかもしれません。外国が自国より魅力的な国には今でもこのような規制が存在します。でないと人口がものすごく流出するからです。

今後の日本はどうなるのでしょうか。外国で暮らすなんて損なことはしたくないと皆が思える国であってくれれば良いのですが。いいたくはありませんが過去にはそんな時代もありました。
関連記事

連勝が続いたら小ロットでアク抜き!

2010.07.15.Thu.17:31
前回今回とDayベースではカジノで一度も負けていません。そういう時はいい気になってロットを上げてしまい、大ロットで自滅するものです。

というわけで、昼にアク抜きに行きました。100や50HKDの台が多くあるグランドエンペラーのカジノへ。1000HKDをアク抜きに使う予定です。1000HKD以外はホテルに残してお出かけです。

100HKD台にて最初から連敗が続きます。いい感じです。ここで負けを多くしておき厄をはらってから、夜のカジノ本番へつなげる予定。

とある100HKD台にて非常にツイているおばちゃんがおりました。連戦連勝です。

普段ならこういうときには確率を考えて、そろそろおばちゃんも負け時だな?とか考えずにトレンドフォローが原則です。しかしどうも逆張り心がウズウズします。全員が一方に賭けていると反対に賭けたくなる。ツラが続いていると変に確率を考え、逆に行きたくなる。

やはり自分的に油断があったようです。アク抜けに来て良かった。とりあえずはわざと逆に張ります。今回は皆が迷わずにツラの続いているバンカーに張ったのと野次馬が大きなロットを張ってきましたので逆が来る確率は高いと思いました。

逆(プレイヤー)が来た。勝利です。しかし驚くべきことにツイてるおばちゃんはバンカーに張っておりましたがロットを大幅に下げていました。そして次からも連勝が続きます。本来ならこういうパターンでは迷わずおばちゃと同じ方にベットするのですが、そうしなきゃと思いつつ、確率を考えてそろそろ連勝終わるだろうと様子見をしてしまいました。

こっちに張ろうと思っていながら様子見し、張ろうと思った側が連勝してしまうとき、逡巡を続けているうちに、ことごとく張ろうと思った側が勝利するとき。これは負け続けている時よりも最悪のパターンです。脱兎のごとくカジノを去らねばなりません。

負け続けているときは逆にチャンスです。小ロットで打たれ越していればやがて勝利が続くバイオリズムが来ますので、そこでロットを上げればいいのです。(肝心なのはこういう日はチャラまで戻ったら更に儲けようと考えずヤレヤレ助かったと撤退することです。)

実際にやっておけば勝ってたのに!!みたいなときは、実際にやり始めると負けが込みます。なぜなら自分に来ていた勝ちの波を様子見【見(けん)といいます】しているうちにやり過ごしてしまったからです。チャンスに気づいていながらあえてスルーする。最悪のパターンです。

実際にやり始めたときは、勝ちの波が去り負けの波が来たときですから、やりはじめると連敗します。しかし、見をしていたときに勝ちを予測して当てていたので、自分は今日はついている、カンがさえているという奢りがあり、勝ちにこだわり早く負けを取り戻そうとして大ロットで張っていきます。しかし結果は連敗。さらに大ロット、さらに負けてオケラになって撤退です。悲しいことにオケラになった頃に勝ちのウェイブが来ているのです。

【やってれば勝ってたのに】という心理は捨てておかないといけません。実際にやってなければ全く意味はありません。逆張りで確率を考えるときには【自分のカンは当たるだろう】という奢りがあるのです。先のことはまったくわからないということを忘れずに、しかしツラが続くときにベットを上げて確率の不利をしのぐというのが基本です。

ツラに賭けなくてもバラバラに賭けてもいいのですが、自分のなかでこういうときには勝負するという規則をもって守っていかないと長い目で勝つのが非常に苦しくなります。人間の心理的にやりやすいのがツラに張るということだと思います。

ツラが来ないときは撤退というルールを作ることができますので、勝つパターンというよりも、自滅しないパターンが作れるのが重要です。

投資もカジノも大負けするときは自滅が多いのです。自滅さえしのげば次のチャンスを待てます。

というわけで、おばちゃんが連勝してツラがつづき、再び確率的に逆張り的心理が出てきましたので、あえて全財産(ほぼチャラの1000HKDに戻ってました)をおばちゃんの逆に賭けて、あえなく負けて撤退。

うまくアク抜きが出来ました。ここで勝っていたらアク抜きにならないので、今夜の本番は避ける予定でした。

自分に言い聞かせる意味もあり(自己暗示効果)のため今回のブログを書きました。油断を払拭し夜のカジノに無心で向かいます。
関連記事

火星人を食う

2010.07.10.Sat.17:21
マカオフェリーに近いので香港にいるときは上環で宿を取ることが多い。

香港上環のメトロの駅をさらに西へ行くと、干物乾物街が広がる。メトロが通ってないので昔ながらの路面電車が走っている。ホテルフロントでもらえる観光地図からも切れてしまっている地域だ。

そのせいかまだ昔の香港の面影が随所に残っている。15年ほど前に初めて香港に来た頃散策した路を発見。まわりはものすごく開発が進んでしまっている。

あの頃はまだ返還前、啓徳空港の頃だ。その後の香港の躍進はすさまじい。それに比べて日本は失われた20年を継続、更なる低迷に向かおうとしている。

まだまだカネがあったにも関わらず、無駄な地方空港をつくりまくった。香港、シンガポール、タイなどは国家の威信を賭けたプロジェクトとして新しいデカイ国際空港を作った。

国際空港は辺鄙な成田で、バスで新宿まで3000円1時間半。タクシーだと(2度使うハメになったが)高速も含めて27000円かかった。

世界でも希なタクシーが使えない空港だろう。海外からの旅行者には不便この上ない。(既得権益の人達は税金でハイヤーを使うのだろうから関係ないのかもしれない。)

その頃勤めていた会社では香港駐在員事務所やシンガポール事務所行きは島流れのようなイメージであった。その頃の若手社員の間でも海外希望者はNYやロンドンに集中していた。

今は香港やシンガポールが一番人気なのではなかろうか。駐在員どころか移住先として考える人も増えている。あの頃は日本以外に移住するなど、そんなアホなことはしないだろうと考えていた。

ついつい追憶に浸ってしまった。テーマに戻ろう。



$funiccoのブログ

$funiccoのブログ

$funiccoのブログ

以上102HKDなり。ちなみにほとんどの値段を占めるのは貝柱に他ならない。

関連記事