スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイタン日記忘年会12月21日(金)東京で開催

2012.12.11.Tue.20:27
マイタン日記忘年会が12月21日(金)東京で開催される。

会場は毎度おなじみのさんしん亭だ!

お馴染みアブラっぽいハムの誹謗中傷に対しての名誉毀損裁判オフ会に引き続き、さんしん亭でのオフ会だ。

今回も御大タンク将軍と愛人達が参加する。

詳しくはマイタンブログを御覧ください。

詳細は以下の通り:

『マイタン日記忘年会』  in さんしん亭(神谷町)

日時 12月21日(金) 19時~閉店(23:00)まで



途中参加OKです!



場所 
 さんしん亭 神谷町 03-3431-1889 
東京都港区虎ノ門3ー8ー21虎ノ門33森ビル1階  


定員になりしだい締め切りします

会費4,000円(飲み放題・食べ放題)です。
・海外投資に興味のある方
・海外法人設立を検討している方
大歓迎です!
・悪徳紹介業者の方は一切お断り!

参加したい人は、下記までメールにお名前、電話番号を記入の上

件名『マイタン日記忘年会』係までお申し込みください。

Email: hkmaitan@gmail.com

なぜ毎回さんしん亭かと言うと、どうも三原の兄貴による不招請勧誘によるものらしい。。。

不招請勧誘は悪徳業者のよくやる手口だ!

金融商品取引法では不招請勧誘が禁止されている。

悪徳業者は、スパムメールや誘導型の自作自演サイトを多数設置、ステマなどによってお客を探し回っている。

不招請勧誘禁止の法の精神から言っても、グレーがだと思わざるを得ない。常識、良心から考えてもいかがか。

まあ悪徳故に常識も良心もないのかもしれないが。。。

行為規制には不招請勧誘の禁止以外にも、誠実公正義務、書面交付義務、虚偽情報禁止、断定的判断の提供禁止、損失補てんの禁止、適合性原則などがある。

投資顧問、助言免許を持っている日本の業者は、当局不認可の海外投資商品の売り込み・助言を行うのは違法の疑いがある。

さらにスパムメールや誘導型の自作自演サイトを多数設置、ステマによって、このようなことを行うのはかなりグレーだと思われる。

毎月5万円で1億円貯めることができるなどと喧伝する例もある。

ファンドの設定来の数値を使い、表向き高パフォーマンスのファンドを2,3取り上げ、自社が推薦したと喧伝する(推薦したファンドはそれ以外にも多数あるはず、売買時期によっては損失もあり得る)。

このへんも、上記の行為規制に照らせば違法ちっくであろう。。。

もし心配なら金融庁に問い合わせてみると良いだろう。

○金融庁 金融サービス利用者相談室(平日 10:00~16:00)
電話(ナビダイヤル)0570-016811 (IP電話・PHSからは03-5251-6811)

自作自演サイトでは悪質なステマ(宣伝であると気づかれないように隠れて宣伝をする)が行われていることが多い。

悪徳業者には口コミサイトを使ったステマを行なっているところもある。これらに関しては消費庁がガイドラインをつくるなどして注意を呼びかけている。

ネットで検索したサイトであっても、十分に吟味しないことにはうかつに信用出来ない。

悪徳業者をのさばらせないためにも、ステマの疑いのあるサイトを発見したら消費庁に苦情を送ると良いだろう。

自分が発見したサイトが大丈夫かどうかは、香港在住のボランティア わんちゃいくんに聞いてみると良いかもしれない。

しっかし、悪徳共はまともな口コミサイトでの真実の情報には、事実無根、営業妨害とケチをつけて削除させ、一方では自分のステマ用口コミサイトを検索上位に来るようにしている。

もちろんそのような口コミサイトには自社の悪口など一切載せては居ない。

なぜか最終的に自社のサイトに誘導される形になっている。

そのへんもステマサイトかどうかを判断する一つの材料となるだろう。

このようなアブラぎった勧誘方法に多くお目にかかり過ぎて、おなかがいっぱいどころか、おなかがモタれてしまう。。。

そのようなサイトがあればどしどし金融庁にお知らせしよう!

主水

悪徳業者がよくやる手法をわんちゃいくんのブログから抜粋する。ぜひ参考にしよう。
--------------------

悪徳業者は新たな論理的推論による誘導を図っているようです。

1.HSBC香港の口座なんか必要ない

2.HSBC香港の口座開設サポートを提供している会社は悪徳だ

3.そもそも海外ファンドは日本国内で買える

4.だから、国内の投資助言会社から買え

という流れですね。

1.で事象のマイナス面ばかりを取り上げて不安を煽り、
2.で負荷情報を読み手に与え、読み手の共感を得ようとする。
3.で話をすり替え、
4.で自身をアピールして、良いイメージを植え付ける
---------------------(抜粋終わり)

このような悪質な誘導が行われているかどうか、常に注意して置く必要があるだろう。

なるたけ数多くの人々がこの記事を見て、悪徳共の手口を頭の片隅に置いて頂きたい。悪徳業者のサイトを読んでこれはおかしいな!?と再考するような場面があれば、、、これに勝る喜びはありません。


マイタン日記忘年会には一度参加したことがあるが、非常に楽しかった!(今回は参加できず残念。。。)

ずっぽし談義と愛国談義をば、誰にも遠慮なく行うことができる!さんしん亭の三原兄貴の料理は絶品だ!

悪徳共とちがって、たとえ不招請勧誘でもさんしん亭ならOKだ!


3316f851.jpg



初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

どうか日本がかつてのように自由で楽しくて面白い国になりますように!
スポンサーサイト

沙田競馬観戦2/結果!

2012.11.20.Tue.18:45
先回の続きである。


残念ながら大将軍は惨敗だった、、、が!!!

豪快なタンク将軍のおかげで助かった!

bb110994_20121120182516.jpg

30分に一度の割合でレースが進んでいく。

香港IFA会社MEGA社代表のジョセフ・チェン氏が絶対に勝つ!と太鼓判を押したレースが最終レースである。

ジョセフさんいわく、投資も競馬も一緒。まぐれやカンでなく、あらゆる情報を分析して馬を選ばないとダメだそうだ。

さていよいよ最終レースだ。

前日のマジックディナーショーでもジョセフさんは今日の最終レースの馬をイチオシしていた。

みなでジョセフさんの予想の馬に一点買いだ!!!


が、、、なんと4位。。。


単勝だけでなく、副賞にもかませて保険をかけていたが、4位では駄目である。。。


ジョセフさんいわく、『投資も競馬も予想外の事態が起こる!それを皆に知ってほしかったのです!』とのことだ。


競馬ではスパン王子が大勝していた。

ネ申さまの指令により、このあとで高級レストランに行くことになった。もちろんスパン王子のゴチである。


だが、スパン王子の姿がない。。。

すでにマカオのダーリンへ向けてスパンスパン3輪車プレイをしに、旅立ってしまった。


これでは仕方ない。。。


尖沙咀に戻り解散。

MR,HEROのマジック講習会があるため、香港メンバーは練習会場へ向かった。

一日中競馬をするというのは予想外に疲れる。

マジックの練習などできるだろうか、、、と思ったが、それはそれ、マジックはかなり面白いものだ。時間の経過を忘れてしまう。

ちょいと格安でグッズなども仕入れることができた。


非常に有意義な日であった。

香港へ、そして皆様方へ感謝感謝だ。そして馬並王子ありがとう。

b4c04b86-s.jpg


競馬観戦会は継続して行われる。

次回の沙田競馬観戦ツアーは1月12日(土)

参加申込は、、、次回も40名の定員がすぐ満席になりそうだ!

参加されたい方は、下記までお名前、電話番号を

ご記入の上ご連絡お待ちしております。

件名『香港沙田競馬1月12日』

Email: hkmaitan@gmail.com


※香港IFA MEGA社の運用に関しては、HSBCお助け支店長の資産運用ブログを見ると良いだろう。


初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

ブログパーツ

沙田競馬観戦1/ハンサードに要注意!

2012.11.19.Mon.00:18
マジックディナーショーに引き続き、沙田競馬観戦ツアーが開催された。

詳しくはマイタンブログを参照していただきたい。

朝起きると清々しくて良い天気だった。

待ち合わせは尖沙咀の時計台だ。

私は上環に滞在していたのだが、こんな日に地下鉄で海底トンネルをくぐるのは無粋である。

チンチン電車で中環まで行き、スターフェリーに乗った。

だんだんと時計台が近づいてくる。

IMAG0791.jpg

アナログな輸送手段を使ったので、到着時刻ギリギリとなってしまった。。。

専用バスに乗り込み、沙田競馬場へ向かう。

馬主の馬並王子の計らいで、生まれて初めての馬主席からの観戦だ。

個室に専属給士が何人かいて、ワインもビールもジュースも飲み放題だ。

IMAG0796.jpg


気を付けないと昨日の二の舞になってしまう。アルコールはほどほどに競馬に集中だ。

レースまでは間がある。

個室を出ると食べ放題のバイキングだ。

どれもかなりの美味である。なかでも旨かったのがローストビーフだ!

かなり厚く切ってくれるので、一切れで十分だ。だが毛唐どもは3キレ、いや5キレだのを所望する。。。

ステーキをキロ単位で食う奴らだ、、、さすがに肉食動物はスケールが違うな。。。


レースが始まった。

馬並王子が徹夜で作成したテキストが皆の手元にある。マークシートにチェックして、個室の外すぐのカウンターに持参するのだが、日本の競馬と違って非常に複雑な戦法が可能となる。

有馬記念だのダービーだののG1レースでの単勝買いしかやったことがないので、かなり面食らった。。。

香港競馬は全レーストータルで勝つのがセオリーだ。

ほぼ全レースに賭けるのだが、状況によってかなり掛け金を上下させるようだ。

賭け方は競馬というよりカジノのイメージであるが、完全に確率で勝率が決まっているカジノゲームと違い、競馬は情報の分析により、かなり勝率が左右するようだ(特に香港競馬では)。

私のテーブルは馬並王子と香港IFA会社MEGA社代表のジョセフ・チェン氏、そしてタンク将軍が同席している。まず負けることはないはずだ!

自分で馬を選ぶのは至難の業だ。みなさんも馬並王子とジョセフさんの予想を聞いて賭けていた。

ジョセフさんはなんと米大統領選の前日にファンドに組み入れられていた株を売り払っていた。オバマの当選の確率が高く、もしそうなら世界の株式市場が下落するという分析による。

MEGA社はロイヤルスカンディア社(生保会社)で資産を管理しているため、たった1日で売買指令が反映されるのだ。

他の生保会社は3日は早い方で、4、5日かかることも珍しくない。そうなると正しい分析をしていても、ファンドに反映されるのが遅すぎ、今回のように暴落前に売り払うことは不可能だ。

正式な香港IFA(投資顧問会社)が運用している海外積み立てファンドならまだマシだ。。。

日本の投資顧問だの代理店などは、正式な香港IFAが関与していない海外積み立てファンドを販売しているらしい。当然ながら香港当局の監督下ではない。

タックスヘイブンの島の法律で保障されますなどと言っても、その島の政府にどれだけの資金があり、どれだけの金額を保証できるのか冷静に考えてみた方が良いだろう、、、島(国)事体が破たんしたらどうなる!?


そもそも国内当局が認可していない海外ファンドは、当然ながら海外で契約しないと違法の恐れがある。

それを海外に書類を郵送して契約するなどは脱法行為、限りなくクロに使いグレーといえよう。

そもそも国内当局が認可していない海外ファンドで大損しても当局は関知しない。あたりまえのことだろう。

国内の投資顧問免許持ってますと、大々的に信用にならない信用をアピールし、当局が認可しない海外投資商品を日本にて契約させている、、、投資顧問免許の意味がないじゃん。。。

このような業者とはとっとと手を切った方が良いだろう。そもそも2000億の年金をすっとばしらAIJ投資顧問もれっきとしうた投資顧問免許を持った業者だった。。。

そのような看板はまったく信用を担保するものではない。

以前、日本で販売されていたフレンズプロビデントのCRという商品が違法認定され販売できなくなった。

これらのファンドを販売していた悪徳投資顧問が次に見つけてきたのがハンサードだ!

フレンズプロビデントのCRの二の舞にならないように注意だ!

詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

もし心配なら香港在住のわんちゃいくんに聞いてみると良いだろう。

悪徳どもの中には、ハンサードが違法チックだと知っていて、ハンサードの名前を出さない先も多い。いざ投資助言契約を結んで、守秘義務契約でがんじがらめにしてからハンサードを勧誘してくるかもしれない。

ハンサードの商品という情報自身が特別な運用助言なので一般には知らせていない、当社でしか販売できないなどと詭弁をいうような先とは手を切るのが一番だ!

何よりもこの商品は手数料がバカ高い。その辺を業者はきちんと説明しているのだろうか。おまけに契約をしたら最後、延々と毎年投資助言料なるムダ金を支払わなければならない。

ファンドを販売した業者は、ハンサードからキックバックが支払われる。なのになぜ助言料などと言って二重取りするのか、、、いろいろ理由をつけるだろうが、そんなのは無料サポートの範囲内でやってくれる良心的な代理店があるかもしれない。

遠慮なくわんちゃいくんに相談してほしい。相談するのも機密漏えい、守秘義務違反などというのはありえません。そんなことを言われたら相当悪徳であろう。

そうはいっても守秘義務の契約書を盾に訴訟されたらどうしようと不安な方もいるだろう。

あるいはズバリ!ハンサードに関して当局に聞いてみると良いだろう。監督官庁への相談は守秘義務違反にはなりません!!

証券監督第2課 048-600-1293 金融商品取引業者(第2種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業)等の監督

もしどこに相談したらいいのか不明、あるいは情報提供をするなら以下に電話してみよう。

○金融庁 金融サービス利用者相談室(平日 10:00~16:00)
電話(ナビダイヤル)0570-016811 (IP電話・PHSからは03-5251-6811)


話を競馬に戻そう。


突然タンク将軍が吠えた!なんと出生表に大将軍という名の馬がエントリーしていた!!!

「大将軍だと!お前ら皆ずっぽし買い(全額単勝買い)!」

bb110994.jpg

私はちょいと少額の、先走り液程度の買いにさせていただいた。。。

IMAG0797.jpg

はたして結果はいかに!?

(つづく)


初めての方はまずコチラ⇒スパンずっぽし用語集

いつもありがとうございます、どれかひとつでも結構です。よろしければ応援ポチ願います!


キングオブタイナイト




バンコク生活情報

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

ずっぽしなし

ブログパーツ

香港マイタン日記 第二回オフ会 決定!!

2012.10.04.Thu.00:17
タンク将軍のブログより一部転載させていただこう。

かしこい大家さん こんにちは

かねてから みなさまへ アナウンスをしておりました

第二回 香港マイタン日記 オフ会が正式決定いたしました。

ちょうど この日は

主催者であります香港の神様が

自身の名誉棄損裁判の公判が行われます。

今回は非公開でおこなわれるようですので

法廷内には 入れないようです

なので

読者の皆様は  午後2時に

さんしん亭に集合してください

ご参加ご希望の方は

私宛にメールでお知らせください

info@kashikoi-ooya.com

まで お願いいたします。
(転載終わり)

アブラっぽいハムの誹謗中傷にネ申さまが立ち上がったわけだが、別件のタイの詐欺案件で85%元本を毀損した私募債の投資家による裁判のプレスリリースにも嘘八百をどうどうと書き連ねるような先だ。

真実が皆に知られるのを恐れて裁判を非公開申請したのだろう。別件のタイの詐欺案件で85%元本を毀損した私募債の投資家による裁判でもアブラは非公開を申請した。

まあ本当に困ったものである。。。

第1階のオフ会には私も参加させていただいたが、旧友に会えたりのサプライズ、その他私のボログ読者様も居たりで非常に愉しく有意義な時間を過ごさせていただきました。

みなさん、ぜひぜひ参加しましょう。

噂によるとタンク将軍の新愛人のとある女子大生女史も参加するとか!!!

残念マイタン日記/ウナギアパート

2010.11.15.Mon.22:24
香港での私のマイタンはここ数日残念なことが重なっている。

タイトル通りである。

本家マイタン日記は英国マイタンをも紹介し、言わずもがな、わんちゃいくんも香港B級グルメというカテゴリーでいい感じだ。

ということで、とても情けないのですが、ネタがないので仕方なく今日の残念マイタンを紹介します。

今日は午前中に上環のサービスアパートメントを内見した(後述します)。

とりあえず内見前に朝飯でも食おうと思い、上環の茶餐庁という喫茶店と食堂の合いの子のようなところで、モーニングセットを食った。

乾物街にあるDBS銀行の近くです。

しょぼいトーストだかサンドイッチだかを食っている奴がいたので、麺モノにした。

メニューを見ると、麺が選べない、特に表記もない。


もしや・・・・


案の定、出前一丁でした。

出前一丁は旨いからいいのだが、、、、生煮えだった。。。

朝から残念だった。

香港の人はインスタントラーメンをあまり煮込むことはしないのだろう。サウナでも麺がほぐれずに形が残っている状態で出てくる。

仕方ない、、、民度が高い民族は郷に入りては郷に従うものだ。

コーヒーも残念だった。粉のインスタントコーヒーに砂糖とミルクがこってり入っている。

しかし郷に入り手は郷に従えだ。

スタバでクロワッサンとミントモカをオーダーする金額の1/3で済んだ。これで文句を言うのは野暮というものだ。

しかし、、、、残念だった。

夕飯はホンハム駅のメトロポリスモール内の日本料理屋にした。

日本料理では先日痛い目にあっているので、リベンジだ!

いかにもという外観の日本料理屋を発見した。

$funiccoのブログ

「日本料理」という看板や幟がしつこく目につく店だ。

しかし店名は『梁山泊』だ。。。。オイオイ、そりゃあ水滸伝だろうが、西洋人が作った店じゃないんだからしっかりしてくれよ!!!

内部もいかにもなつくりだ。

$funiccoのブログ

$funiccoのブログ

この時点で、残念度100%の可能性が濃厚だった。やはりとっとと退散するべきであった。

メニューは案の定、写真メニューだ。

ここの店は観光客目当ての店であることが判明した。

見渡すとファランと大陸、半島の人達ばかりだ。

香港人は全くいない。もちろん日本人もまったくいない

残念の可能性どころか、もはや料理を頼む前から残念確定だ!!

なぜ留まったかといいますと、この日はどうしても焼き鳥「皮」が食いたかったのだ。

店の看板に張ってあったメニューに焼き鳥と書いてあって、皮もあったので、どうしても入りたかったのだ。

どの料理も残念度が高そうだ。

鍋なら失敗は少ないかもしれない。

100~140HKD辺りで一人用の数種類の鍋があるが、味付けで残念度が低いだろうと推測される韓国チゲ風のカキなべにした。

とりあえず辛けりゃ味の出来はあまり関係ないだろう。

とりあえず、一人用にしてはデカいぞ!!

$funiccoのブログ

結果は、、、、残念だった。。。。

まず、まったく辛くない、、、のだ。

そして、カキ鍋なのだがケシゴムのようなカキが5コ

$funiccoのブログ

内容物を比で表すと、白菜7:キノコ2:白瀧1:豆腐1:カキ1というイメージだ。

すべて残さず平らげたが、全然満腹にならない。

よくよく見ると、中身をすべて食ったが、汁の喫水線が1.5㎝くらいしか下がっていない。

どれだけ中身が少ないかお分かりであろう。

しかも7割が白菜だ!辛くない白菜鍋だった!!

仕方ないので、メインの焼き鳥の皮を頼んだ。1串18HKD。

まったく期待していないので、これが食いたくて入ったにも関わらず1串だ。

あまりに虚しいので、ホタテの串も頼んだ。香港は安くてでかい海鮮が豊富だ。

1串25HKDだし、まさか外さないだろう。

甘かった。。。。

$funiccoのブログ

パリパリと言ってしまうと旨そうだが、乾いたビニールのような鳥皮だ!!

安いブロイラーを冷凍して相当経っているのだろうか。いまどき日本では格安居酒屋でも出さないだろう。

もっと酷いのがホタテだった。。。ミニホタテだ。

私の目と舌は騙されないぞ。

これは間違いなく、、、、

$funiccoのブログ

で売っている、、、、

$funiccoのブログ

を水で戻して串に刺して焼いたモノに違いない。。。。

結局、サービス料10%加え、168HKDのマイタンだった。


非常に残念だった


しかも腹6分目というところだ。

後から空腹になっても困らないようにモール内のスーパーで腹持ちの良さげなお菓子を買うことにした。

タイランドコーナーというところにあった。。。

$funiccoのブログ

かなりねっちりしていて、串から取れない。

従って、歯で回りを噛みとるるようにして食うしかない。ねっちり歯についてくる。

非常に甘ったるく、かつやや生臭く、食った後になぜかフレーバー風の余韻が不気味だ。。。

10本ほど食ったら腹が痛くなったので、仕舞にした。

最初から最後まで残念なマイタンだった。

----------------------------

後半は上環のサービスアパートメントの話だ。

内容的にはあまり面白くもないだろうと宣言しておく。

一番のポイントシービューの風景は私の潜在意識のイメージに近い。

19階の部屋を内見したのだが、目の前のビルがやや邪魔だ。

25階くらいだとすごくいい眺めだろうと思う。

上環でもメトロの駅近くはほとんど中環エリアなので高いが、このアパートは上環からちんちん電車で5,6分程の乾物問屋街の辺りにある。

そうはいっても中環~湾仔のエリアよりは安いが、九竜よりは高い。

デザイナーズマンションというやつだ。

カステラどころかウナギのような細長いスペースだ。

窓--キングベッド---デスク-------丸テーブル--------キッチンが部屋のスペースのど真ん中に一直線に並んでいる。

(---はそれぞれの距離を表す目安です。)

明らかに家具の両側にある壁とのスペースが無駄に勿体なさすぎる。

デスクは横幅が非常に長くて奥行きが狭い。カウンターの板のようだ。

1LDK表記だったので、このデスクで部屋を区切っているつもりなのだろう。

どう見ても実質的にはスチューディオだ。

部屋の広さは990sqftだ。面積としてはまあまあ広い。

いかに家具の配置が無駄なスペースを生み出しているかがわかるであろう。

浴室+トイレでスペース全体の1/3近くを占有している。

単身者赴任者向け、かつ相当仕事が忙しい人向けのアパートであろう。

各フロアーに二部屋にも関わらずエレベーターが二台ある。

住民とはめったに顔を合わせないだろうし、エレベーターを待つ時間もほとんどない。

エレベーター待つのも苦痛なくらいに忙しい人には快適であろう。

私はエレベーターで人と乗り合わせるのが大嫌いなので非常に気に入ってしまった。

余談だがサラリーマンだったころ一応は自社ビルの本社勤めだったので、朝のラッシュ時にはでかいエレベーターに多くの自社の社員が乗り込むことになる。

いちいち挨拶を交わすのが大嫌いだったので、会社の行きも帰りも裏口の運搬用エレベーターのみを使っていた。

不思議なことに私と同じ気持ちの人がいるらしく、毎回同じ顔のメンツと乗り合わせるのだ。5,6人がこっそりと運搬用を使っていたと思うが、ずっと仲間内の秘密であった。

話を戻そう。

キッチンは自炊できるシロモノではない。使えるのはお湯を沸かす程度だろう。

丸テーブルは異様に小さいぞ!あえてデザインしたのだろうが、椅子は二つあるが二人で飯を食えるようなスペースは無い。

ランドリーは別室にランドリールームがあって乾燥機もある。

休日にまとめて洗濯するような人が多いだろうから、あえて部屋に設置しないのかもしれない。

掃除とベッドメイキングは毎日、リネン類は1週間に2回取り替える。

有料だが洋服のクリーニングのサービスもある。

バスタオルやらバスローブやらタオル類がやたらと充実しているのはいいが、デカいぞ!!

ジムもあるが、ランニングマシンとダンベルのみだ。2,3人運動していたが皆ファランだった。

ファラン仕様のリネン類なのだろう。

セントラルまでシャトルバスが出ている。

おそらく相当仕事が忙しいセントラル務めの単身赴任ファランを対象にしたアパートなのだろう。

だから仕事帰りに夜寝るだけなら、考えようによっては余計なモノがなく、非常にシンプルで住みやすいデザインだと思う。

日中もずっと暮らすのを想定すると非常にもったいないスペースが多い。

一部屋をきっちり区切ってベッドルームにしたり、小さい部屋を仕切って納戸にした方が良い。

批判的なコメントばかりだが、このアパートは人気があって年内はすべての部屋が埋まっているのだ。

忙しい単身赴任のファランというニッチ層を狙ったコンセプトが受けているのかもしれない。

窓は一つのみでフルシービューだ。

これでシービューでなく、日当たりの悪い低層階だったらかなりしんどい部屋であろう。

それでも窓がウナギスペースの終点のみの一面だけだと、日中ずっと居るのはつらそうだ。

いっそのこと完全に昼夜逆転の生活にすれば素晴らしい夜景を長時間楽しめるだろう。

一番心配なのは、もし私がここに住んだとしたら、ウナギ王子、またはウナギ親父と呼ばれる可能性が高いことだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。