デブスに亜名流つん!でテンション下がったの巻

2017.09.24.Sun.05:38
本日は夕刻から雨である。

午後嬢が置き出す頃の雨は致命的だ。地方出身者が多い午後嬢の遺伝子には未だに雨=休養!という行動パターンがインプットされているのだ。

ありえへん


収入に余裕ある1軍嬢は同居麺と寝起きの一戦をおっ始め、そのまま仕事をすっぽかして寝てしまうであろう。


というわけで若菜楽に同居麺餅が多い本発に出陣するも、対して期待はしていなかった。

テンションも上がらないままである。

往生壱をチラ見するもイープンでかぶりつきも満タン気味にて、往生弐に入場することにした。

LSDが居ないのでバタフライチャンスであるが、、、めぼしい嬢はいない。

BBAが昨日入店したという嬢を連れてきた。まあ二歳ディーそうだったので単文することにした。

まずは狼藉耐性チェック。

ほぼなすがままにて、亜名流つん!を繰り出す。

普通は嫌がり腰を浮かせたりずらせたりするのだが、なすがままなのでほぼジャストスポットに到達。しばらくツンツン。

あまりにジャストミートしたので一抹の不安をおぼえつつ、鼻に指を移動し臭いを嗅いでみた。。。

臭い

これが若奈落であれば萠えていたのであろうが、この嬢は残念ながらデブスであったので、余計に臭さが私のテンションを下げた。

しかもヌーブラをしているという不届き者であった。

カルアミルクの如きLDをちゅうちゅうと3口に飲み干しオカワリくれという。

BBAによるイープン向け擦れ講習が行われているのだろうか。デブスには許されざる所業である。

そこは胸のうちに抑え

『オカワリOKだから生乳揉ませろや!』

無理やり方乳のヌーブラを剥がし、乳首鑑賞及び生乳籾を行い、すかさずチェック便!

プッチを要求されたがもちろんノープッチである。


デブスに与えるプッチはない!


むしろ狼藉してやったのを感謝してほしい位である。


さて臭う指のまま往生壱へ入場。

店内はほぼ満タン状態である。

旨いことに隅の目立たない席を確保。

試しに指を嗅ぐと未だに臭い。とりあえずトイレで指を念入りに洗浄した。

(つづく)
スポンサーサイト

『Fallabella bangkok』へ突入!

2013.11.19.Tue.15:32
Fellabella bangkokという複合ナイトライフ施設がある。

BTS Rajadamri駅前をシーロム方面へ少し行ったあたり。ロイヤルスポーツクラブに面して入り口がある。

普段は非常にわかりずらいが、週末はライブバンドの大音響が響いているのですぐにわかるであろう。

各種レストラン、バー、ライブバンドを見て踊る場所、DJのいるディスコスペースなどがある複合施設である。

先日スパン王子と9時頃に突入し飯だけ食って帰ってきた。バンドやディスコが目当てならば週末12時以降が良いだろう。

さてここはちょいとハイソなナイトクラブらしく、敷地内のパーキングには外車(欧州車)が多い。

夜の12時半にPS嬢と現地で待ち合わせであったが、嬢が家(ラチャダー)を出たのが12:40分である。。。

本日はいつもより早めの2時終了。

ここで楽しむには時間が少なすぎる。

新進気鋭のブロガースパンヤオと現地合流する予定であったが、スパンヤオも虹嬢の調達に苦労している様子だ。

2時ごろに犬で合流することにして、我々は取りあえず中へ。

ここはセミフォーマルのドレスコードがあり、(名目上)メンバー制である。

あなたはメンバーでありませんので断固としてNO!とされるリスクがある。

スパンヤオにはここへ調達してくる嬢に対し、以下の如き注意事項を送っていた。

・私服がカジュアル過ぎる、またはダサくない嬢。

・こじはるはOK。重鎮及びファンキーババアはNO!



1384626872432.jpg

1384626909210.jpg

1384629429819.jpg

DSC_0135.jpg

ライブバンドエリアはそこそこの人が残っていたが、ディスコエリア(Monkey bar内)には人があまりいなかった。

カクテルを1杯づつ呑んだ。キッタンは計740B(晋作だ!!!)

DSC_0136.jpg

以前スパン王子と軽食に来たのであるが、このドリンク料金設定にリンクしたフード料金であった。。。

高杉

エントランスフィーはないので、入ってみて盛り上がりに欠けていたらすぐに出ることができる。

客層は9割以上がタイ人である。LBはいないようだ。

ゴゴ嬢もおそらく皆無であろう。他の嬢に見つかりたくない時に利用すると良いだろう。終了時間が早めなので事前のチェックは欠かせない。

その後、犬でスパンヤオと合流した。

以降は スパンヤオのブログにてお楽しみください。

⇒コチラ
関連記事

『そば処 仁八(にはち)』

2013.11.17.Sun.15:41
本日は新羽氏とサタデーツアーの予定であった。

VSOPのオールドダッチやクイーンビクトリアばかりでなく、たまには居酒屋へ行きましょう!とのことで、恥ずかしながら初のバンコク居酒屋デビューと相成った。

そう言いながらも待ち合わせはオールドダッチであった。。。

一杯飲んでからタクシーでスクンビットソイ31へ向かう。

こじんまりとした隠れ家的な店であった。

DSC_0124.jpg

アサヒの生で乾杯だ。スーパードライは90Bとお得設定だ。

DSC_0126.jpg

DSC_0127.jpg

ゆでタマゴはお通しだ。

DSC_0125.jpg

DSC_0128.jpg

DSC_0129.jpg

牛タンの煮物、逸品だ!

DSC_0131.jpg

締めは蕎麦だ!なかなかコシがある。柔らかいのが希望ならもうひとつ熱いつけ汁がついてくるので、そちらにつけて食うと柔らかく、また違った風合いが味わえる。

DSC_0132.jpg

ビール3杯でコミコミ1240Bのキッタンだ!

その後ナナへ突入、虹2に着陣した。

黒髪Trexのダンスを堪能し、私は黒髪を褒めつつルービーゴチ。

本日上機嫌のTrexはルービーのお礼として乳モミを許可!

至福の時である!

Trexが席を外すたび、新羽氏はTrexのルービースチールを敢行。

Trexのグラス、そしてボトルから段々とルービーがなくなっていく。。。

Trexがダンスに向かうのを確認し、氏は彼女のグラスとボトルをすべて空にし、本日は退散。

私としてはルービースチールよりも、氏がTrexのストローを通じて幾度かの間接キッスを行っていたことに裏山であった。。。


関連記事